ファーストイングリッシュアカデミー(FirstEnglishAcademy)セブ島留学 体験記

2週間目の後半になりました。

このぐらいになると多少は慣れてきて、リズムをつかめるようになってきます。
ただ、体調を崩す人も出てくるのもこのタイミング。

僕自身も気をつけていました。(結局その後の3週間目に咳が出始めましたがw)

ファーストイングリッシュの食事

とある日の朝の食事。

ファーストイングリッシュ|セブ島留学体験記 俺のセブ島留学

朝食はハンバーガー、ハム、ポテトフライ、スクランブルエッグ、バナナの焼き串刺し

それとバナナ!

・・・・・・・

オリゴ糖たっぷりです。

ファーストイングリッシュ|セブ島留学体験記 俺のセブ島留学

昼は豚の角煮と野菜炒めとスープ。

角煮は手が込んでます。味もとても美味しい。
朝は満足していませんが、昼の食事については満足しており、むしろ楽しみでさえあります。

復習の時間をきちんと設けているのがファーストイングリッシュの強み

最近のTOEIC授業は非常に満足しています。
いやー、きちんとTOEICを知っている教師に教えてもらうのはいいですねー。

僕は面倒なのでその場でやっている感じですが、一番いいのは事前に予習をしてから望むこと。そして復習をきちんとすること。

どのクラスにもこの学校は1時間復習時間を設けているので、確実に復習できるのがこの学校のメリットの一つ。結局自分で復習しようと思っても、なあなあになってやらない場合も多いんですよね。

だからファーストイングリッシュのように、最初から授業中に組み込んでいくというシステムはかなり有効だと感じています。

元々オーナーの本多さんは学習塾の経営をなさっている方なので、そこで培われたノウハウがこの語学学校にも非常に活きていますね。

マクタンの工事は計画性ゼロ

水曜日の午後は気分転換に近くの5スターホテルの一つ、インペリアル・パレスに行ったが、途中の道路が工事多すぎて超渋滞。マクタン工事多すぎ!

ファーストイングリッシュ|セブ島留学体験記 俺のセブ島留学

道路細いのに片側車線工事を、半径2キロ以内に3箇所もやっています。

挙句の果てには、片側工事だけでなく両方の道を工事し始め、道路が超でこぼこ道になり更に渋滞にさせる始末!!

そんなバナ・・・

お陰で気軽に外出することを阻止されるため、非常に勉強に集中できます。(一般的には。)

そういえばインペリアルに現在カジノが出来たようです。
これからファーストイングリッシュに留学される「一部の大人」にとっては朗報でしょうか。

あと、インペリアルのロビーラウンジのWi-Fiはあまり強くないので、仕事では使えませんでした。距離的にはタクシーで10分~15分ぐらいで遠くはないんですけどねー。

バレンタインデイのために

こっちだと男性が女性に贈るのが習慣。

そんなわけで、男性陣で100ペソずつ出し合って、ピザを女性陣に贈ることに。カルダピッツァというファーストフード的なピザ屋さんのがデリバリーしてくれる事がわかり、それに決定。

残念ながら僕はそのピザを見てないのですが、1枚1000ペソで20切れ~30切れぐらいのピザが届いたらしい。

こっちのピザは安くてボリュームがあるんですよね。

ついでに、バレンタインデイだった金曜日はとにかくどこも人が多くて大変でした。
タクシーが捕まらない、捕まらない。。。

もし、来年2月14日にセブ島にいる事になったら、間違いなく部屋で一日過ごそうと思いました。

居酒屋NONKIで本多さんと食事

マリーナーモールという、ファーストイングリッシュからは車で20分前後の所に、日本食料理店「居酒屋NONKI」があります。日本食料理店のNONKIは初めて行きましたが、料理が美味しくてよかった。

ファーストイングリッシュ|セブ島留学体験記 俺のセブ島留学

「アジアのBOSS」と食事

ファーストイングリッシュの本多さんと食事しながら、「語学学校を設立しようと思ったきっかけ」、「なぜこのカリキュラムを導入したのか?」、「教師の雇い方」などなど様々な事をお伺いしました。

オーナーの語学学校に対する思いを聞くことは、留学前に語学学校を選ぶ時点では非常に重要な要素になるかと思います。

遠くないうちにインタビュー記事としてアップしたいですね。

勉強時間について

現在5時間というちょっと無理を言いまして特別な時間表でやらせてもらっていますが、やはり5時間だと少ないですねー。
5時間完全に集中できていればいいのですが、実際はそうではなく、雑談をしてしまうことも僕の場合は多い。なので、本当に短期間でしっかり伸ばしたい・・・というのであれば、8時間、9時間、一生懸命マンツーマンをやる必要があるんだなぁ~っと思っている所です。

ファーストイングリッシュの場合は(前回の記事でも書きましたが)、昼間の休憩時間が長いので、案外みなさん最後まで集中力が持っているように見受けられますね。

他の語学学校の方も8時間ぐらい授業があるのであれば、午後一番目の授業を「あえて20分ぐらい休憩に使い、遅れてスタートさせる。」のもありかもしれません。

眠いまま授業をやっても、辛いだけで身になりませんので・・・


↓より詳しい情報はこちらで↓

その他 FirstEnglishに関するおすすめ記事

FirstEnglishに関する一般記事

なぜFirstEnglish Global Collegeでは教室がオープンスペースなのか? by本多

FirstEnglish留学体験談&コラム(斉藤)

初日の様子をご紹介

2日目 授業内容とそれに伴って気づいた点をご紹介

3日目:ファーストイングリッシュの教師の切り替えは今日の水曜日まで!

3週間目:ファーストイングリッシュでのフィリピン留学生活の気付き

セブ島留学3週目:ファーストイングリッシュの先生たちと食事

FirstEnglish留学体験談(一般)

「思っていたよりもずっと実践的な授業でした。」

「3週間のフィリピンセブ島留学で得たもの」

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。