FirstenglishAcademy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学 本多正治

▶前回の記事:No2 英語上達のコツとは!?フィリピン留学で英語力をぐんぐん伸ばす方法

朝からハイテンションっ!!!
FirstEnglish Academy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学

これはハロウィーンの時の仮装大会

みんな本気で仮装してて、びっくり!!!

First English Academyではクリスマスやハロウィーンやバレンタインなど季節に応じたイベントをたくさんやってて、まさに外国って雰囲気がマンマン!!!

さて、本題へ

ファーストイングリッシュの1日のスケジュールについて

First English Global Collegeでは1日8時間クラスなんです。

なぜ、8時間もするのか?

英語取得は勉強時間数に比例するからなんですよね。

ずーと英語漬け。

      <レッスン スケジュール一例>
  07:50~08:00 単語テスト
① 08:00~08:50 瞬間翻訳(マンツーマン)
② 09:00~09:50 発音矯正(マンツーマン)
③ 10:00~10:50 Listening/Speaking (マンツーマン)
④ 11:00~11:50 シチュエーション別実践英会話 (グループ)
昼食
⑤ 13:30~14:20 プレゼンテーションレッスン(グループ)
⑥ 14:30~15:20 ディベートクラス(グループ)
⑦ 15:30~16:20 映像テーマ別ディスカッション(グループ)
⑧ 16:30~17:20 徹底復習・まとめ(マンツーマン)
⑨ 17:30~18:20 自習時間/追加クラス
夕食

朝の7:50の単語テストから17:20までずっと英語。

そして、17:20~18:20まではその日の復習をそのまますることをお勧め!!!

勉強の後はおいしいディナー
FirstEnglish Academy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学

それからはフリータイム。

ここが一番大切!!!

このフリータイムがいちばーん大切!!!

これがmost important!!!

いかにこの時間を使って英語の勉強をしていくかが、留学の成否を決めます!

19時には美味しいディナーも終わり、一息ついて、さあ、どうしますか?

フィリピン留学の日本人比率について

さて、ここで、少し、話を変えますね。

とっても大切なことです。

「日本人比率が低い方が留学にはいい」

と言う人がいます。

確かに、日本人が全くいない状況で英語を学ぶ最高の環境です。
しかし、それは現実的にとても難しい。。。

日本で留学が売れている以上は、日本人はその学校には必ずいます。

では、「出来る限り日本人が少ない方がいい」という声が聞こえてきそうですね

私は、いままでここフィリピンの語学学校の留学を4校してきました。

韓国資本の学校も行きました。

そこは日本人比率30%でした。

エージェントとして他の学校にも多く訪問をしましましたが、僕が感じることは・・・


「日本人比率は全く関係ない!!!」
ということです。

なぜなら、日本人が2人以上いると、日本人は日本人とつるむからです。

いくら、10%であっても、20%であっても、日本人がいる場合は、日本人と確実につるみます。

どっかに食事に行くときも、日本人は日本人のグループ、韓国人は韓国人のグループに分かれます。

僕が行ったどの学校でも同じ現象でした。

なぜなら、日本人は日本人と話している方が楽しいからです。

韓国人も同様。

韓国人は韓国人と話している方が楽しいし、深いところまで話をすることができる。

お互いに慣れない英語だったらあまり深くまで話せないし、会話が続かない。だから、同じ国同士の人とつるんでします。

当然のことです。

だから日本人が100%でも10%でもあまり関係ない!

それよりも、日本人が留学するべきところは、日本人に適したところなんです!!!
(ズバリっ!)

日本人に合った教材、日本人に合った食事、日本人に合ったルールがあるところなんです。

続いて、各語学学校の規則についてはどうでしょうか?

フィリピンの語学学校には門限を設けている学校が多くあります。(特に韓国系の語学学校。)

例えば、22時であったり、23時であったり、金・土の夜はもうちょっと遅い時間だったり。

そして、門限を3回破ると退学です。

僕はもう立派な大人なので、門限はいらなーい!!!

だからある学校はすぐに退学になりました。(笑)

日本人には門限は向いてない。全ては自己責任なんだからね。

美味しいディナーの後の時間に何をする?

さて、話を戻しましょう。

美味しいディナーの後の時間の使い方!

どうせ日本人同士でかたまるんだったら、自分で英語の勉強をした方がいい。

しかも、楽しく!!!

そこでFirst English Global CollegeではDVDの貸し出しをやってます。

FirstEnglish Academy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学

授業で見たムービーを再度見直してもいいですし、面白そうなものを見てもいい。

あ、もちろん、英語字幕の英語の音声でね。

それから、他にもFirst EnglishGlobal Collegeの授業はVOAを使ってるんですよ。

このVOAというのは「Voice Of America」の略で、アメリカのラジオ放送です。

このVOAというのは、母国語が英語でない人向けにつくられたもので、とてもゆっくりと話してくれる。これはネットでも聴けます。

そうです!!

この美味しいディナーの後にVOAを聴くんです。そうやって英語を4時間くらい再度、勉強することができます。すると、、、、

1日8時間の授業+授業後の1時間の復習+4時間のDVDやVOAで13時間も英語を触れることができるんです!

そして、12時には就寝。

こうやって日本人に合った留学学校で、自ら英語漬けにしていく。それを続けていくことで、確実に英語力は上がります。

行動してみてください

時間が許せるなら、ぜひ、この生活を6ヶ月間続けてみてください。

確実に英語が話せるようになります!!!

多くの方が誤解しているのですが、留学に行くから英語が自動的に話せるようになる・・・・というわけではありません。

自分なりの創意工夫が必要です。

この勉強法を最初からやっていくことが肝心です。

そして、続けてみてください。いつかは自分も英語を話せる人と対等に話せる日を目指して、自分を高め続けて行ってください。

僕たちはそんなあなたの行動を精一杯応援していきます。

FirstEnglish Academy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学

英語が話せると、メキシコのような国にも気軽に行けます~ (↑メキシコ・カンクン)

FirstEnglish Global College
代表 本多正治

▶続きはこちら:No4 英単語を覚える意味とフィリピン留学でFirstEnglish Global Collegeが提供できる事


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。