TOEIC満点講師が教える「使える英語」と「TOEICのスコアアップ」を両立させる勉強方法

前回の記事はこちら

TOEICの解き方を変えれば、スコアも英語力も獲得できる!(3)

TOEICを受ける目的はさまざま

こんにちは。TOEIC講師の澤田です。

この記事をお読みになっている皆さんは、何らかの形でTOEICに興味があるのだと思いますが、その目的や勉強法はさまざまではないでしょうか。

「会社から何点取るように言われたから」という人もいれば、「英語の勉強をしているので、実力アップの証明として受けたい」という人もいます。

また、「とにかくスコアだけ取れればいい」という人もいれば、「同時に英語力も付けたい」「英語が使えるようにもなりたい」と考えている人も少なくありません。

勉強法においても、音読やシャドーイングなど、口を使った語学的なトレーニングを取り入れている人もいれば、ひたすら問題集を解くことに徹するという人もいるでしょう。

僕はこれまで、「スコアアップ」と「使える英語」を同時に獲得する方法やその大切さについてブログやSNSなどで発信してきましたが、この記事では、「とにかくスコアだけ取れればよい」というスタンスに対しても、あえて批判的な立場を取らず、より多様な考え方を認めるような方向で話を進めていきたいと思います。

TOEICに対する3つのスタンス(姿勢)とは?

TOEICに対するスタンス(姿勢)は、次の3つに集約されると思います。

1. スコアだけ伸ばせればよい(なるべく短期間で)

2. TOEICでスコアアップを目指しながら、使える英語も身につける(長期間じっくり)

3. TOEICの勉強はほとんどせずに、英語力を伸ばす(結果的にTOEICのスコアも上がる)

僕が学習者として取っていた姿勢は3番で、指導者としては2番(1番と3番の考え方も一部取り入れながら)ですが、一般的には1番がもっとも多いというのが現状だと認識しています。

割合としては、個人的な経験則ですが、1が80パーセント以上、2が1~3パーセント、3が5~10パーセントくらいではないでしょうか。

つまり、僕が提唱している「スコアアップと使える英語を同時に目指す」というスタンスがもっとも少なく、「英語力を上げることにフォーカスする」がその次に少なく、「スコアだけ伸ばせればよい」という考え方が大多数なわけです。

なぜこのような状況になっているのでしょうか?

「スコアだけ上がればよい」という発想になるのはなぜか?

TOEICの勉強をしている社会人の方々は、会社から高いスコアを取るように求められていることが多く、「なるべく短期間で、手っ取り早くスコアアップだけしたい」と考えている人がほとんどだと思います。

実際、仕事で英語を使うわけではなく、英語の必要性もそれほど感じてはいないけれど、会社の指示に従って、嫌々勉強しているという人も多いですし、澤田塾の生徒さんにも一部そういう方もいます。

このようなタイプの人は、英語が好きなわけでもなく、英語学習に対するモチベーションも元々高いわけではないので、スコアだけ上がればよいと考えるのも当然です。

残念なことですが、「目標スコアを取って、この苦痛から解放されたい」=「英語学習を早く止めたい」という声すら聞かれます。

社会人に限らず、入試やクラス分けテスト、進級の条件としてTOEICのスコアを求められている高校生や大学生も同じような考え方になるかと思います。

自分の目的とタイプにあったスタンスを選ぶ

3つのアプローチの中で、どれがもっとも良い、あるいは自分に向いているかという判断は皆さんそれぞれにお任せしたいと思います。

もちろん僕がブログや澤田塾で提唱してきたのは2番目のアプローチですが、多様な目的や考え方、ニーズに応じて、どのアプローチを取る人に対しても有益な情報を提供できるよう、あえてニュートラルな立場から考察していきます。

また、どれか1つに絞らずに、2つのアプローチを組み合わせても構いません。

スコアアップを最優先にしながら、英語を使えるようになるための努力も少しだけするとか、平日は英語力を上げるための努力をし、週末だけTOEICに特化した勉強をするという手もあります。

次の記事では、自分のスタンスを決める上で、重要となる2つのポイントについて詳述します。

目的別、タイプ別TOEICに対する姿勢と取り組み方(2)

その他、TOEIC関連でよく読まれている記事

TOEIC高得点者達の勉強方法

1週間で100点アップ?噂の『あの』アカデミーでTOEIC講座(セミナー)を受けて来ました。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

TOEICスクール「澤田塾」の代表

ブログ「本当に役立つTOEIC勉強法」 管理人
日英翻訳者(ひらがなタイムズ/NHK)

TOEIC990点(満点)
英検1級(通算13回合格、うち優良賞3回)
2013年ICEE(国際英語コミュニケーション能力検定)優勝
(松本道弘主催の、英語コミュニケーション能力を競い合うトーナメント)

私塾「澤田塾」では、音声トレーニングやスラッシュリーディング、暗唱などを取り入れた独自の指導法で、「使える英語」と「スコアアップ」を同時に獲得するレッスンを行っている。

書籍:TOEICテスト最強攻略PART1&2

澤田健治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。