ファーストイングリッシュアカデミー オーナー本多さん|俺のセブ島留学

語学学校を選ぶ基準について

斉藤 「ファーストイングリッシュに限らず、語学学校は日本系も韓国系も現状ではかなりの数があると思います。そこで、本多さんが今まで経験してきた体験も踏まえて、語学学校を選ぶ際の基準をお教え頂けますか。」

本多 「値段では選ばない方がいいということです。それは間違いなくいえます。例えば15万と13万円の違いなら、2万円安いからといって安いところへ行くと、かなり安いサービスをされる。

4週間で15万円と13万円、たった2万円の差で1カ月丸ごと苦しい思いをしなくてはいけない可能性が高くなります。食事にしても設備にしてもそうなんですよ。

私は自分で語学学校を経営しているからよく分かるのですが、安いのは安いなりに理由がちゃんとあるんですね。

WiFiが各部屋まで届かないとか、食事の予算が低いとか、グループクラスや自習が多いとか、教師を安く雇っているとか・・・ホームページでは分からないかもしれませんが、現地に着くと絶対に安い理由がある。

既に他の学校に留学をしていて、どこか別の語学学校へ・・・っと検討している方は、セブ島に来て体験授業を色々な学校で受けてみるのが1番いいですね。うちでも体験授業を行っておりますし。。。

日本にいてこれから決められる方は、エージェントが勧めるところもいいけれども、一旦料金を抜きにして学校選びをされることを強くおすすめします。

これから留学される方へ・・・

斉藤 「1番最後に、これからフィリピン留学を検討している方へのメッセージをお願いできますでしょうか。学生、社会人、親子留学を希望される方へそれぞれにメッセージをいただけますか。」

斉藤「まずは学生の方へ」

本多 「今の時代、パソコンが使えなかったら多分就職できない時代なんですよね。20年前は別にパソコン使えなくても就職できていたんですよ。

これを英語に置き換えたときに、今は別に英語が使えなくても就職できますけれども、10年後、20年後になったときに、英語が使えないと就職さえできないという時代が絶対にくると思うんですね。

そのときの未来への投資ですね、自分への。そういう投資をうちの学校でしてもらったらなと思います。」

本多 「特に4年生の方には本当に向いていまますよ。就職決まってこれから夏どうしようとか、冬も2月3月になんとかこの1~2カ月で入社前にクリアしてなければいけない!という方ですね。」

斉藤 「そうですね、短期集中!こもって英語でコミュニケーション能力を高めていくのには最適ですね。」

斉藤 「続いて社会人の方へもお願いします。社会人の方は時期をずらした方が良いですか?」

本多 「そうですね、ぜひ4月5月6月とかに来てもらえたらいいと思うんです。7月8月9月はどちらかというと学生にとって繁忙期なので、10月11月12月、これは社会人向きかなと思います。

あと結局、英語ってツールなんですよね。パソコンもツールだし。例えば決算書なんていうのも決算の数字を読むツールなんですよね。

だから自分がいかに使い慣れるかというのと、あと使う側の人間性次第になるので、同時に人間力も付けていってほしいなと思いますね。」

斉藤 「本多さん自身、英語ができないところからスタートして、今、海外展開されているという。台湾へも英語ができることによって、アプローチがかけれるようになったわけですもんね。」

本多 「そうです、全部英語ですから、台湾での打ち合わせも。」

斉藤 「そういう仕事を選ぶチャンスがあるということですね。」

本多 「ありますね、そうです、本当に。もっとどんどん起業したらいいと思いますよ。起業して自分で稼ぐ力をつくったらおもしろいですよ。」

本多 「起業する1番必要なものは何かというと、1つだけ、勇気だけなんですよ。」

本多 「あとは何とかなります。お金なんか銀行にたくさんあるし、時間なんかたくさんあるじゃないですか。何々ができない、何があるからできないっていうのは関係なくて、あとは勇気だけですよ、起業するには。」

斉藤 「親子留学へ向けて何かアドバイスがあれば、お願い致します。」

本多 「うちのスタッフ自身も子どもさんがいるので。やはり心配ごとが多いと思うんです。

彼女たちも来るときにいろいろな心配をしていたので、ぜひ聞いてください。自分の子どもの心配というのは何にも代えがたいもので、自分で何とかできないものですね。

だから子どもが快適にできる、まず安全で過ごせるような環境を僕らはつくっていくので。食の問題とかいろいろな問題があって…。」

斉藤 「お食事おいしいですもんね、昼と夜の。朝は分からないですけれども(苦笑)、昼と夜に関しては間違いなく美味しい!お子様用のプレートもありますよね?」

本多 「あります。キッズプレートを用意しています。」

本多 「あと食事の時間も変えています、親子留学向けの方とは。普通は6時半から食事なのが、親子の方は6時からになっております。

あとは勉強するブースがオープン設計ではなく、ブースになります。授業内容についてはキッズメニューというのがあって、それでやります。」

斉藤 「不明な点は、またメールか電話かで。」

本多 「そうですね。」

斉藤 「分かりました。それではこれでインタビューは終了させて頂きたいと思います。本多さん、本日はありがとうございました。」

本多 「ありがとうございました。」

ファーストイングリッシュアカデミー オーナー本多さん|俺のセブ島留学

誕生日、教師たちと共に・・・


↓より詳しい情報はこちらで↓

その他 FirstEnglishに関するおすすめ記事

FirstEnglishに関する一般記事

なぜFirstEnglish Global Collegeでは教室がオープンスペースなのか? by本多

ファーストイングリッシュの宿泊施設と共有スペースの様子

First English Global Collegeの先生はなぜ全て女性なのか? by本多

ファーストイングリッシュの2泊3日の超短期!週末英語留学「555」プラン by本多

FirstEnglish留学体験談(一般)

「思っていたよりもずっと実践的な授業でした。」

「3週間のフィリピンセブ島留学で得たもの」

ファーストイングリッシュのカテゴリーへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。