ファーストイングリッシュの先生たち
今回の体験談はこちらの4つの記事から構成されています。

留学体験談1:選んだ理由・フィリピン留学の準備の仕方
留学体験談2:施設・教室・サービスについて
留学体験談3:カリキュラム内容と教師の質について
留学体験談4:食事、スポット、オススメできる方

授業のカリキュラムについて

斉藤 次行きましょう。コースは何を取られました?。

本田 私一般的なジェネラルコースで、グループレッスンが4つ、マンツーマンが4つです。

斉藤 ファーストイングリッシュの代表的なカリキュラムをご紹介すると、マンツーマンのカリキュラム内容は「インスタントトランスレーション」、これはいわゆる瞬間英作文と呼ばれるものですね。それから・・・

本田 発音、あとVOA。VOAはVoice of Americaの略で、アメリカのニュースを使って勉強しました。最初聞いて理解して説明してという。。。。多分先生によって随分違います。

斉藤 率直にお伺いしたいのですが、VOAはわかりました?

本田 最初は簡単な題だったので、大丈夫だったんですけど。だんだん地球温暖化とかの話とかになってきたら難しかったです。

斉藤 それは厳しいですね。VOAのやり方は生徒の現在の英語力に合わせて変わります。、僕の場合だったら空いてる個所があって、いくつか穴埋めするという感じなんですね。

基本的な流れは・・・・

1回何も見ずに通して聞く、2回は聞きながら穴埋め、3回目は聞いて不明な所をもう一度、埋め。4回目で答え合わせと音読でしたね。

VOAは内容が難しいものもありますから、教師に好きなトピックをリクエストすると良いと思います。難しい場合は難しい・・・っときちんと言うことで、そこまでフラストレーションを抱えずに出来ると思いますよ。

僕は固定の授業の中ではVOAが一番ためになると思いました。

ファーストイングリッシュの教師の質について

斉藤 続いて教師の質について教えて下さい。比べて良いのかわかりませんが、前の学校と比較するとどうでしたか?

本田 とてもいいと思います。ムラがないというか。

斉藤 そう、それはすごいね。ここのすごさはそこだね。

本田 そうですね。

斉藤 あれは本当に本多さんのいうとおり、共有スペースだからこそできるやり方で、あとカリキュラムがきっちり決まっているので、先生が予習してくるんですよね結構。

本田 準備をすごいしてきますね。教えるのも熱心ですし。。。

斉藤 それはすごいいい傾向だなと思います。でも、それでも合わない先生は合わないですが。。。(苦笑)

本田 でも、すぐ変えてくれますよね。要望を出せば・・・。結構変えてる方いらっしゃいました。

斉藤 あ、そうなんですか?プログラム内容自体もGeneralコースならGeneralコースの中でなら変更できますので、便利でした。

本田 そうですね。結構柔軟に何でも対応してくれるのですごくいいです。

斉藤 マンツーマンは既存のコースでは少ないので、オプションで追加するのが良いかと思います。

グループクラスについて

斉藤 グループクラスについてお伺いさせてください。

本田 グループクラスはプレゼンテーションクラス、ディベート、SBという、スチュエーションベーストレーニング、あとフィルムビジョン、この4つです。

斉藤 それぞれを簡単にご紹介して頂けますか?

本田 まずディベートは先生にお題をだされて、それに対して肯定派と否定派に分かれて討論する。ちゃんとジャッジメント(審判)も付いて勝ち負けというのも分かる。

斉藤 ディベートは事前の準備が結構大変そうでしたね。

本田 そうですね。この授業ほどもっとしゃべりたいのに・・・と思うクラスはなかったです。

斉藤 言いたいことが中々伝えられない。。。そういう意味では中級者以降におすすめの授業なのかもしれませんね。そんなことないかな?

本田 そうですね。確かに。

斉藤 もしくは徹底的にディベートでしゃべる内容考えておいて、書き出しておいてそれでしゃべる!

本田 なんか議題が結構難しくて、例えば。

斉藤 りんごが好きですか、バナナが好きですかとか?

本田 ではなくて、死刑制度について賛成か反対か、とか。

斉藤 そもそも死刑制度という英単語が分からない(笑)

本田 そうそうそう。難しいんですよね。あとホモのカップルが養子をもらうのは賛成か反対か。

斉藤 難しすぎる(苦笑)

本田 男女は共学がいいかそれとも別々のほうがいいかみたいな。

斉藤 あ~まだその題材ならいいかも。

本田 難しいんですよね、なかなか。でもこれほかの生徒さんから教えてもらったんですけど、パソコンでその議題を打つと全部出てくるんですよ。

斉藤 なるほど、そっか。

本田 肯定派の意見と賛成派の意見というのは、それを参考にやってましたみんな。

プレゼンテーションのクラス

斉藤 続いてプレゼンテーションクラス。

本田 ぱっと出されたお題に対して、自分の意見を伝える授業です。

斉藤 それ個別でやっているのと同じじゃない。

本田 個別でやっている方もいらっしゃいました。私は4人とか3人で、楽しかったです。

SBT

斉藤 ふむ、了解です。次はSBT。

本田 SBT、スチュエーション・ベース・トレーニングは、例えばレストランに行ったとき、例えば空港に行ったとき、どういう会話をしますか?というシチュエーションに沿ったカリキュラム内容です。結構使えると思います。

斉藤 確かにファーストイングリッシュでは、一般カリキュラムには入っていないですからね。トラベルとかで使える英会話などのようなものは。。。

本田 そうですね。

斉藤 了解しました。あともう一個!

フィルムショーについて

本田 フィルムショーイング、映画を見てその後に討論します。これも多分先生によって進み方かなり違うと思うのですが、この今まで見たところの物語説明してくださいとか、この主人公は今何を思ってますかとか。

斉藤 なるほど、プレゼンと違ってあとでDVDを借りて一人で復習出来る点も良いですね。そんな感じで教師とカリキュラムについてはこれで大丈夫かな。


↓より詳しい情報はこちらで↓

ファーストイングリッシュのカテゴリーへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。