FirstenglishAcademy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学 本多正治

▶前回の記事:No8 ウマイ食事を提供中!ファーストイングリッシュはここが違う!

朝からハイテンションっ!!!

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

今日は親子留学について!

最近では親子留学が増えてきているんですよね。

この英語の波が押し寄せている時代、さすがに不安を抱えているご両親が増えています。

子供には英語を話せるようになってほしいと願うお父さん、お母さんの気持ち、よーく分かります。(私も子供がいますので。)

「そんな親子留学の方を僕たち、First English Global Collegeはとっても応援したい!」という想いがあるんですね。

子供たちはこれからの日本を支えとなります。10年後、20年後、彼らが社会に出た時、必ず英語が必要な時代になってるんですね。

また、僕たちが英語が必要な時代に日本をしていかなければなりません。

日本を発展させていくためには、英語は不可欠な要素!!!

親子留学と言うのは、子供さんだけではなく、お母さんも英語のレッスンを受けるんですね。お母さんも一緒に勉強していく事はとてもお勧め!

なぜでしょうか?

僕は学習塾を経営していて、たくさんの親子に出会います。

そこで感じることがあります。

「この子は全然、本を読まないんですよ~」
「まったく勉強しなくって・・・」
「ずーとTVばかり見てるんですよ」

こう嘆くお父さん、お母さんも見られますが、多くの場合、子供たちは親の姿勢を真似してるんです。

・お父さん、お母さんがTVを消して本を読む習慣があれば、子供は必然的に本を読むんですね。
・お父さん、お母さんが勉強を一生懸命やってたら子供は「僕も勉強しないといけないんだ」って思うもんなんですね。

だからお父さん、お母さんも一生懸命、勉強しなければならない。
一緒に勉強していくことは、いい刺激になりますよ。

親子でフィリピン留学をする事は、子供にそういう姿勢を見せるいい機会になるんです。

一緒に勉強すると言っても、マンツーマンなので、同じティーチャーに教わるわけではないですよ。グループクラスもあるんですが、これも、レベル分けするので、同じクラスにはなりません。

ファーストイングリッシュの保育所

子供が小さい場合は保育所を設けているんですね。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

ここで、ベビーシッターと子供が一緒に入って遊ぶんです。

ベビーシッターも一人一人につきます。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

とっても楽しそうに遊んでくれています。

最初は慣れないので、泣くこともあるんですが、子供は段々と慣れてきます。そうなると、もう泣きません。

ベビーシッターと本当に楽しそうに過ごしてくれます。

キッズ用のクラスルームについて

ファーストイングリッシュでは、僕たち大人が学習するクラスルームはオープンスペースなんですね。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学
このオープンスペースは大人にはメリットが多いものの、子供を教えていくのには少しふさわしくないです。

踊ったり、歌ったりもするし、絵をかいたりしますからね。

当然、子供なので、クラス中のティーチャーや生徒自身の声も大きいです。
そんな状況で、このオープンなクラスルームは少し合っていないので、子供専用のクラスルームをつくりました。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

子供専用の個室をつくって、そこで勉強をしてもらいます。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

いろんなカードを使って手で触って、口を動かして、耳で英語を聴く。五感を使って英語を感じていくんです。

時にはジャンプをしたり、腕を振り回してみたり。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

こうやって体で覚えていくんですね、子供も、実は大人も。

英語はコミュニケーションツールです。
だから楽しまないといけない。

楽しんで学んでいくことが、何より早く上達をしていくんですね。

イヤ!やりたくない!

っと脳が反応をしてしまうと、受け入れないんですよね~

その状態はまるで、Wi-Fiが強くあるのに、携帯の電源が入っていないようなものです。

英語はリラックスしたり、楽しんだりして習得していくものなんですよ。。
特に子供は感情の起伏が激しく、我慢しにくいものです。だから工夫が必要になってくるんですよね。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

子供も大人も、楽しいことには一生懸命、集中してくれます。

例えば、上の写真。
これはただ、遊んでいるだけではないんですよ。

いろんな指示をティーチャーがしていきます。
もちろん、英語で。

子供は楽しいから、必死で聞きとろうとするんですね。そして、授業に積極的に参加しようとしてくれます。

必死で聞きとろうとするから、ヒアリング力も上がっていく。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

時にはこうやって書きとって勉強もしていくんです。もちろん、遊びだけではないんですね。

効果的にクラスを組み替えていく必要があります。

そして、フィリピン人は子供が大好きなんですよね。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

まさに子供にはピッタリの学習環境なんです。

ファーストイングリッシュの子供用テキスト

テキストも当然、子供向けのテキストを使ってます。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

子供は「楽しい!!!」っていう感覚が大切!

いかに子供向けのテキストを使って楽しく授業をしていくかが大切なんですね。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学

いろんなアニメのテキストも使って、工夫を重ねて授業に楽しさを盛り込んでいってます。

特にディズニーは面白いですね~

大人への配慮も忘れていません。

子供が多ければ、当然、大人への配慮は忘れてはいけないものです。
クラスルームを分けるだけではなく、食事の時も配慮してるんですよ。

テーブルを分けています。

食事のテーブルは親子留学のテーブルと大人の生徒さんのテーブルは分けています。同じテーブルならお互いに気を遣ってしまいますからね。

時間を30分ずらすようにしています。

ディナーは通常は6:30PMからなんですが、親子留学の人は6:00PMから食べていただいてます。

通常、月曜日の午前中にオリエンテーションをします。

親子留学の方は、通常のオリエンテーションに加え、別途、親子留学の方のためのオリエンテーションをします。

子供さんがいる方ならではの困りごとが想定されるので、しっかりとケアをさせていただきます。

親子留学に強いスタッフ

ジェネラルマネージャーの角田と日本人チーフの加藤はどちらも子供を連れてきています。どちらも2人の子供のお母さんです。

ファーストイングリッシュの親子留学の様子|俺のセブ島留学
小学生、幼稚園のお子さんです。最初は苦労をしてきました。

だからフィリピンで親子留学をしようとするお母さんの気持ち、、、、よく分かるんですね。

2人とも長期間の留学経験を持っています。
そして、子供たちは現地のプライベートスクールに元気に通ってるんですね。

生徒のいろんな相談にのってます。
子供のことなので、ちょっとした細かいことも気になりますよね?

いろんなことに共感ができるかと思います。
ぜひ、親子留学に不安がある人は相談してくださいね。

丁寧に対応をさせていただきます。

では、また来週の木曜日に!!!

First English Academy
代表 本多 正治

▶続きはこちら:No10 フィリピン留学・セブ留学でビジネス英会話を学ぶならココしかない!


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。