TOEIC満点講師が教える「使える英語」と「TOEICのスコアアップ」を両立させる勉強方法

以前までの記事はこちら

目的別、タイプ別のスタンスと勉強法の組み合わせ

TOEICに対する目的(「スコアだけ伸ばせればいい」vs「使える英語も身につけたい」)と、どのタイプに属するかを判断する上で重要なポイント(「受験英語が得意だったか」、「海外経験があるか」)に基づき、TOEIC学習者を大きく5つのタイプに分けました。

前回の記事では、そのうち最も割合が多いと思われる以下の2つタイプの人たちに適した学習法を紹介しました。

1.「スコアだけ伸ばせればいい」&「受験英語は苦手だった」&「海外経験ナシ」
2.「スコアだけ伸ばせればいい」&「受験英語は得意だった」&「海外経験ナシ」

今回は、残りの3つのタイプの人たちに最適なアプローチについて詳述していきます。

3.「スコアだけ伸ばせればいい」&「受験英語は苦手だった」&「海外経験あり」

このタイプの人たちは、リスニングはある程度できますが、文法の知識が欠如していることが原因で、リーディングセクション(特にパート5)を苦手としていることがよくあります。

ただやみくもにTOEICの問題を解くだけでなく、最初に基本的な文法事項をざっと眺めておくと、よりスムーズに問題演習を行うことができます。

そこで、TOEICに出る文法事項の全体像を把握するのに役立つ教材として、「TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継」をお勧めします。

この教材を1回ざっと読んで、特にTOEICによく出る文法の基本知識を確認した上で、問題演習をすると良いでしょう。さらに、問題演習を積んだ後で、もう1度この教材を読み返して、重要なポイントを再確認することで、知識と理解を定着させることができます。このように、最低2回は読むようにしたいです。

リスニングに関しては、海外経験があって、英語を聞き取ることが得意な人の場合は、パート3と4の解き方を変えるだけで大幅にスコアアップする可能性があります。

パート3と4の解き方に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

「パート3攻略法」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-category-22.html

「TOEIC(トーイック)の解き方を変えれば、スコアも英語力も獲得できる!(1)」
http://ceburyugaku.jp/11448/

「TOEIC(トーイック)の解き方を変えれば、スコアも英語力も獲得できる!(2)」
http://ceburyugaku.jp/11475/

4.「スコアだけ伸ばせればいい」&「受験英語は得意だった」&「海外経験あり」

受験英語が得意だった(=難関大学に合格している)人が、海外留学や駐在などを経験すると、すでに800点以上のスコアを持っている場合がほとんどです。

このような人たちには特にアドバイスすることもないかもしれませんが、なかなか900点以上取れないことに悩んでいるということもあります。

実際、このようなバックグラウンドの方は、実用英語の習得を目指していることが多く、「TOEICのスコアだけ上がればよい」とは思っていないかもしれませんが、逆に、「TOEICは点数を取るためだけのもので、使える英語を学ぶ手段ではない」という、割り切ったスタンスでTOEICに取り組んでいる人もいらっしゃいます。

900点以上を取るためには、大きく次の3つのアプローチがあると思います。

1.TOEICの問題演習をひたすら解く(模試やパート別の問題集を10冊以上)
2.英検準1級と1級を先に取る
3.「スコアだけでなく使える英語も身につける」というスタンスに変える

1番は、とにかく問題傾向に慣れ、リーディングセクションを最後まで解き終わるためのスピードを身につけるために、経験値を積むのが狙いです。

このようなアプローチを実践するための模試や参考書はたくさんあるので、評判の良いものを次から次へと購入して、「解きまくる」とよいでしょう。

このアプローチでは、とにかく「量をこなす」ことが重要です。

1ヶ月で1冊をじっくりやるのではなく、1ヶ月で5冊とか10冊とかをやるイメージです。もちろん、時々、過去にやったものを復習としてもう一度やってみるのも効果的です。

また、2番のアプローチによって、英検1級を取れる英語力をつけることができれば、TOEICの問題は簡単に感じるようになり、結果的に、900点が取りやすくなることがあります。

ですが、TOEICと英検では傾向が違う(TOEICはとにかく問題量が多い)ので、感覚を忘れないようにするためにも、TOEICは定期的に受験し続けた方が良いと思います。

お勧め記事:「英検の意義とTOEICとの関係」(オールアバウトの記事)
http://allabout.co.jp/gm/gc/409068/

最後に、3番のアプローチ(「スコアだけでなく使える英語も身につける」というスタンスに変える)によって、TOEICからより多くを吸収し、英語力を底上げすることで、900点を目指すこともできます。

このアプローチについては、以下のタイプの人向けの勉強法として詳述しています。

5.「スコアだけでなく使える英語も身につけたい」&「受験英語は得意(苦手)だった」&「海外経験あり(ナシ)」

受験英語が得意だった、苦手だったに関わらず、また、海外経験の有無に関わらず、「スコアだけでなく使える英語も身につけたい」という方は、ぜひ僕のブログ「本当に役立つTOEIC勉強法」や当サイト「俺のセブ島留学」、All Aboutの記事などで紹介している勉強法を実践していただければと思います。

これは、僕が澤田塾での指導で実践している「スコアアップと使える英語は両立できる」という理念を体現したアプローチであり、「TOEICで高いスコアを取ると同時に、英語を使えるようになる(話したり、書いたりできる)」ことを目指しています。

ブログ「本当に役立つTOEIC勉強法」:http://wholenewideas.blog118.fc2.com

単語、リスニング、パート5、パート7対策における大切な考え方およびお勧め記事を紹介します。

~単語~

・正しい発音で覚えるようにする(リスニングやスピーキングのためにも大切)
・日本語→英語が言えるようにする

お勧め記事:「金のフレーズ」を使ったTOEIC語彙力アップ法

http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-51.html

~リスニングセクション~

・何でも自分でも言えるようにする(「言えるものは聞き取れる」)
・パート3&4の解き方を変える
・パート4は暗唱する(ナレーターと同じスピードで言えれば、音声の体感速度が遅くなる)

お勧め記事:

「TOEIC公式問題集活用法 Part4―音速読」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-85.html

「TOEIC公式問題集活用法 Part4―暗唱(1)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-129.html

「TOEIC公式問題集活用法 Part4―暗唱(2)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-176.html

~パート5~

・英語力がつく解き方に変える
・14分で40問を解けるようにする
・問題の英文そのものを覚える(和訳から英文を言えるようにする)

お勧め記事:

「スコアアップ」と「使える英語」を同時に身につけるTOEIC勉強法(3)
(現在執筆中で、All Aboutに近日公開予定)

~パート7~

・英語力がつく解き方に変える
・ダブルパッセージを攻略することに集中する(シングル対策も兼ねる)
・英文を読むスピードを意識する(時間を測って、wpm=words per minuteを出す)
・解いた問題の英文をしっかり復習する(意味チェック)
・英文は150wpm以上で音読(音速読)できるようにして、黙読のスピードも上げる
・TOEICの英文以外の教材を使った多読も実践する

お勧め記事:

「Part7 ダブルパッセージ攻略法(1)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-68.html

「Part7 ダブルパッセージ攻略法(2)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-77.html

「Part7 ダブルパッセージ攻略法(3)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-83.html

「Part7 ダブルパッセージ攻略法(4)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-94.html

「Part7 ダブルパッセージ攻略法(5)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-97.html

「Part7 ダブルパッセージ攻略法(6)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-98.html

以上になります。

澤田健治


今回の記事で澤田講師の3ヶ月に及ぶ連載は終わりになります。

「TOEICスコアと英語力を同時に鍛える方法」についてより詳しく澤田講師から学びたい方は、是非!澤田塾の方へ足をお運びになってください。

澤田塾の詳細はこちらをクリック

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

TOEICスクール「澤田塾」の代表

ブログ「本当に役立つTOEIC勉強法」 管理人
日英翻訳者(ひらがなタイムズ/NHK)

TOEIC990点(満点)
英検1級(通算13回合格、うち優良賞3回)
2013年ICEE(国際英語コミュニケーション能力検定)優勝
(松本道弘主催の、英語コミュニケーション能力を競い合うトーナメント)

私塾「澤田塾」では、音声トレーニングやスラッシュリーディング、暗唱などを取り入れた独自の指導法で、「使える英語」と「スコアアップ」を同時に獲得するレッスンを行っている。

書籍:TOEICテスト最強攻略PART1&2

澤田健治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。