FirstenglishAcademy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学 本多正治

▶前回の記事:No9 フィリピン親子留学で語学学校をお探しの方必見!当校の評判・実績をご紹介します。

朝からハイテンションっ!!!

ファーストイングリッシュアカデミー オーナー本多さん|俺のセブ島留学

銀行や弁護士や税理士のところにいって打ち合わせ。
もちろん英語ですよ~

英語が出来ればビジネスの幅が広がってきますね。

ファーストイングリッシュでは社会人も受け入れていれていますよ。

本当に英語が出来ないままで良いのか!?

企業派遣という形で、連続的に派遣をしていただける企業さんもあるんですよ。
例えば、3ヶ月連続で一人の社員さんを派遣し、その後、別の社員さんがまた3ヶ月勉強をするという形。

会社によって期間はもちろん違います。

2週間派遣の企業もあれば、4週間派遣もおられるんですね。
会社によってもちろん考え方はさまざま。

ただ、理想は3ヶ月間の留学なんですね。

「3ヶ月も長すぎだよ~」という企業さんもおられるので、その期間に応じた対応をしていくんですね。

会社の経営者は常に未来のことを考えていかなければならないと思うんですよね。
今のまま日本の市場だけではなく、海外に進出をしていかなければならないと考えるのは当然。

ただ、進出をするにあたり、英語がネックになる。
英語が話せないとコミュニケーションが取れない。。。。

たまに、こういうことを言う人がいます。

「通訳を雇えばいいんだよ。ビジネスと英語は関係ない。」

正式に契約がまとまった時には、確かに通訳がいればいいです。

しかし、、、、、

その正式な契約に至るまでに、さまざまな問題を解決していかなければならないんですね。

まずは人間関係をつくっていかなければならないんですね。
お互いに信頼できるようにビジョンを話し合ったり、お互いの考え方を話し合ったりして。

その経緯を省いて契約まで持っていこうとすると、契約時に・・・

「約束と違うことを言ってきた~。こんな契約は破棄だ!!!」

って話になってしまうんですね。

日本人同士でさえコミュニケーション不足だとこういった事があるのですから、ましてや文化の違う外国人とならその可能性は更に高くなります。

後は、マネジメントをしていく上でも言葉の壁はとっても大きいな存在になってきますよね。

部下に指示をしていくにあたっても、英語が話せないと、指示が出来ませんよね。

当然、潤滑な人間関係を築いていくことができない。
活気あふれる会社をつくることができない。

やっぱり、世界で活躍をしようと思うと、英語が必要!

ファーストイングリッシュのカリキュラムは社会人向けなの?

First English Academyでは、こんなカリキュラムがあるんです。

~プレゼンテーションクラス~

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

自分の企業説明や商品説明の練習なんですね。

どうです?

人前で話すのは緊張するでしょ?
英語だったらなおさら。

だからこそ、練習が必要なんですよね。

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

どんどん練習をしていけば、必ず出来るようになっていきますよ。

人前で話すことって慣れだけ。

いかに練習を自分でしたか?
そこからしか、人は人前で話すことの苦手を改善できません。

~ディベートクラス~

日本人は英語で外国人に話されると、不思議なことに、それが正しいことを言っているように思えるんですね。

実際に聞いてみると、中学生のような内容を話している。
しかも、自分都合の話ばかり。
それを聞いて、日本人はそれが正しいと、その場の雰囲気で思ってしまう。

そこに対して、しっかりと自分の意見が言えるようになりたいですよね。
その訓練がディベートクラス。
やり方はこんな感じ。

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

今回のテーマは「宿題」について。

宿題って必要なの?

これを6人のクラスルームでやります。
3人、3人とA・Bチームに分けます。

そして、Aチームは宿題必要って言うチーム。
Bチームは宿題が不要だって言うチーム。

それで、自分で主張をする内容を考え、英語で討論!

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

その意見に反対!と主張していきます。

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

I appreciate your position.
とか言いながら、
However I disagree with that.
Because ・・・
と言って反論をしていきます。

特に論拠を伴った反論には説得力があります。

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

毎日やっていくと、ディベートクラスで自分の意見を言う大切さを痛感してくる。
同時に技術も磨かれていくんですよね。

~ビジネスクラス~

さまざまな社会人の方に合わせたクラスを提供していきます。

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

↑この教材を使うとすると、ビジネス文法を勉強していくんですね。

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

この教材はビジネス単語を勉強していくんですね。

ビジネス英語って、特別な言い回しがあります。
そんな普段使わないけど、ビジネスではたくさん使う英語表現を勉強していきましょうね。

結果は目に見える形で・・・

最初の月曜日にTOEICテストを実施していきます。
そこで、最初の実力を見ます。

その後は毎週、金曜日にTOEICテストを実施していきます。
TOEICを毎週、毎週金曜日に実施するんですね。

だから自分の実力も毎週目に見える形となって表れてくるっ!!!
英語の評価はなかなか短期では分かりづらいもの。

だけど、それを短期でいかに自分が点数UPしているかを図る機会があれば、そこに向かって一生懸命がんばろうという気になりますからね。

だから、毎週、毎週のテストをして、実力を図っていきます。

今は、企業の方も続々と来てくれています。

ぜひ、世界に通用するビジネスパーソンになってくださいね。

では、また来週の木曜日にお待ちしております。

First English Global College
代表 本多 正治

▶続きはこちら:No11 ここでしかしてない!フィリピン・セブ島留学中のカウンセリングとは!?


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。