フィリピンセブ島留学に関するよくある質問

以前このようなご質問を頂いたことがあります。

ご質問内容

土日の英語の使い方について、カフェやレストランに通い詰めて現地人と仲良くなる事は可能なのでしょうか。

という内容なのですが・・・

これはかなり人によると思います。

僕の知人は早朝スターバックスにいって、店員さんと仲良くなって会話していました。

朝8時ぐらい~10時ぐらいまではモール内の喫茶店でさえ、他のお客さんはほとんどいないので、会話するチャンス。

タイミングによっては、30分ぐらい話すことも本当に可能です。(でもスターバックスはどこも混んでいるので、あまりおすすめしませんが。)

「おすすめは何ですか?」とかそういうところから会話してみるのはいかがでしょうか。ちなみにこれは店員さんへ・・・です。

こういう会話は常に心がけていればいつでも出来ます。
本を買うときや服を選ぶとき、タクシーに乗るときなど会話をするチャンスですので、もし可能であれば簡単な会話からやってみるといいと思います。雰囲気になれますので。

特に会話しやすいのはレストランのメニューでオーダーするときですね。「この料理はなんですか?」、「何入っていますか?」とかそういう感じです。

ここだけの話ですが、人によっては女の子のいるお店にいって勉強をしている人もいましたし、ナンパしている人もいました。まあ、男側の「英語学習のため仕方なく・・・」っという、いい言い訳ですね(苦笑)

ただ、そういうアグレッシブさは確かに英語学習においては大事だと思います。

ご質問内容2つ目

また、休日に先生に絡むというのは、具体的には、例えば食事に誘ったり・・・ということでしょうか。

平日の金曜日の夜とかは先生たちも空いている可能性が高いです。
土日(土曜日は特に)、空いている場合も多いのでまずは聞いてみることをおすすめしますよ。

そうですね、最初は食事がいいと思います。

僕は土日のクラスを取っていたので、自然と昼食を一緒にしましたし、仲良くなった先生と先生同士ではないフィリピン人の友達も紹介してもらったりしました。

教師と一緒にマッサージに行ったら、たまたまその教師の友達に出会い、そのまま一緒にアヤラモールで食事へ・・・という流れになったこともあります。偶然とはいえ、教師と一緒に出かけなければ起きなかった事だったので、ある意味必然でしょうか。

ファーストウェルネス(FEA)の場合で言えば、あそこはホテルなので受付スタッフやガードマンが常におり、話しかけるチャンスが多かったです。(ホテルなので一般のフィリピン人のお客さんとも、何回も会話するチャンスがありました。)

それからスポーツジムも通っていましたので、ここでトレーナーと会話していました。

実際の会話では自分の頭のなかで質問を作り、実際に聞くといのはやっぱり文章の暗唱とは違います。

自分が行った質問の一つ一つが、印象的に頭の中に残るんですよね。

違うタクシードライバーにおなじ質問を何回も繰り返していると、その質問がほぼ無意識化して頭のなかで考えなくても出てくるようになる。

各語学学校によって状況は多少異なるとは思いますが、何かしら英語を話すチャンスはあるかと思いますので、そういうのを自分で見つけて、活かしてもらいたいです。

自習も大事だとは思いますが、土日は時間が朝から夜までありますので、是非外で英語を使う機会を増やしてもらえたらと思います。

自習で朝から晩まで英語漬けになるよりも、タクシードライバーを貸しきって1日中質問をしまくる方が、効果があるかもしれませんね。(観光も出来るし!)

英会話習得の秘訣のカテゴリーに戻る

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。