ファーストウェルネス(FEA)マネージャー松本由人のブログ

No.27 2014/06/02
▶前回の記事:No26 セブ島留学前に治安確認!モールだからといって安全なわけではない!

朝からハイテンション!!!

ファーストウェルネス(FEA)フィリピン留学マネージャー松本|俺のセブ島留学

あ、間違えた・・・これは本多さんだった。

(本多さんすいません 笑)

さて気を取り直して、、、、、

こんにちは。FEAスタッフの松本です。個人的な事なのですが、先週の5月31日に30歳になってしまいました。

そう・・・・

三十路です。

これからも、20代の若者に負けないように頑張っていこうかと思います!!!

英語の勉強もね・・・。

フィリピン留学時代に行っていた勉強方法|俺のセブ島留学

お祝いして下さった皆様、ありがとうございました!

さて、皆さんは学生時代に色んな勉強をされて来たかと思いますが、普段の学校の勉強や宿題や受験勉強、他には資格などいろんなタイプの勉強があります。

それも個人個人勉強の「やり方」が違いますよね。もちろん、英語の勉強方法だって色んなやり方があります。

今回は実際に私が留学生活中にやっていた自身のオリジナル勉強方法(オリ法)をご紹介したいと思います。

お役に立てるか分かりませんが、是非ご参考にしてもらえたらと思いますよ^^

1,街中で歩いている時に目に入るモノを全て英語にしてみる

はい、いきなり難易度の高い項目なのですが、これがやってみると意外と出来るものなんですよね。

例えば、車、歩行者、電柱、信号、マンホール、看板、などなど、ほぼ全て名詞なのですが「英語にしてみると何て言うのだろう?」というものが必ず出てきます。

フィリピン留学生活では、始まっていきなりわからない単語だらけだったので、まずは物を見てそれを頭の中で英語に書き換えていく、というのをひたすらやっていました。(最初は書き出すという作業からのスタートでした。)

これは2ヶ月間続けた結果、フィリピン人に色々と質問してしまうので、英語以外にもセブ語まで覚えてしまいましたが(汗)でも効果は絶大でした!

なぜ!?

日本で見るものではなく「セブ島で見るもの」は何でも新鮮に映るんですね。
だから、単純にノートにわからない単語をメモっておくだけでも、翌日先生と話すときに鮮明に思い出せるんです。だから、授業中にならったことが記憶に残りやすい!

「携帯でわからない単語が含んだ写真を取っておいて、翌日授業で先生に聞く」っというのも、かなりイメージとして残るのでおすすめです。

フィリピン留学時代に行っていた勉強方法|俺のセブ島留学

<英語で何て言うんだっけ?がたくさん見つかります!>

2,日頃よく行くコンビニやカフェの店員さんとは絶対に何か会話する

これはシャイな方にはちょっと難しいかもしれませんが、海外では英語がヘタクソでもとりあえず会話をしてやり過ごしていかないと、生活がオモシロくなくなっちゃいます。

自分は早く喋れるようになりたかったので、近くのカフェの店員さんと無理やり仲良くなって、毎日積極的に10分程度話をするようにしました。

その結果フィリピン人以外にもセブ島で出会う外国人の方たちと簡単に話せるようにまでなりました。でも発音とかはメチャクチャでしたけど・・・。

あとフィリピン人はかなりの割合でFacebookを使用しています。

なのでFacebookで友達になってメッセージのやりとりなんかをやってみるのも効果的ですよ!めちゃくちゃ英作文の練習になりました!

フィリピン留学時代に行っていた勉強方法|俺のセブ島留学

<ちなみにスタバでのニックネームは「まっちゃん」でしたw>

3,地元の新聞(英語の)を毎日読み、現地の情報を講師やスタッフと話す

レッスンでビジネス英語などの科目を選んでいると、難しい単語やイディオムなどを学べますが、、、、

特に興味のない内容だとレッスンがオモシロくなかったので、自分の場合は毎日セブ現地の新聞を読み、その内容を話すことによって色んな言い回しが出来るようになりました。

毎日やっていく内にフィリピンの芸能情報や政治の話に興味を持ってしまい、今ではローカルの話まで出来るようになりましたw

好きなこと、興味のあることを使って英語を学ぶと、英語の吸収がかなり早いと思います。

留学生活12週間の間で、これは間違いなく感じ取れました。

英語の歌の歌詞とかをメインに和訳していったりすると、意外と英語の上達は早いかもしれません!

フィリピン留学時代に行っていた勉強方法|俺のセブ島留学

<写真は昨年セブで起きた船の衝突事故に関しての英語の記事です。>

以上何点かご紹介致しましたが、このような変わった勉強の方法もあります。

もともと英語が苦手で本当に苦労しましたが、自分の場合はこのやり方を続けて最初の4週間で少しずつですがスキルアップを実感できました。

でも、本当に重要なのは、、、、

上記のお話をしましたが実際のところ本当に重要なのは、「オリジナル方法で効率よく英語力をアップさせる!」っというのではなく、「自分のオリジナルの方法を見つけようとする意欲」なのかもしれません。

というのも、ファーストウェルネス(FEA)のマネージャーとしてかなり多くの生徒様とか関わってきましたが、英語に対して前向きで「今のやり方ではダメだ!もっと良いやり方はないかな!?」、「隙間の時間も有効活用する方法はないかな!?」っと常に探している生徒様は、やっぱり英会話力をぐんぐん伸ばしているんですね。

なので留学生の方には「ご自身に合ったやり方を見つけようとする意欲」は持っててもらいたいな~っと思います。(そして素晴らしい方法が見つかったら、是非、僕達にもそのやり方をシェアしてもらえたら嬉しいです。)

それではまた来週またお会いしましょう!
30代、これからも頑張って生きていきます!!

FEA Japanese Manager
Yuto Matsumoto

▶続きはこちら:No28 セブ島留学して初めて気づく!日本との違い、フィリピンあるあるをご紹介します。


ファーストウェルネス(FEA)についてのお得な情報

当サイト限定キャンペーンの適応

ファーストウェルネス(FEA)へお申込みされる方は、当サイトの名前「俺のセブ島留学」を見たと、お問い合せ時にご記載いただくと特典あり!

宜しければご活用ください。

↓ファーストウェルネス公式サイト↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

FEAプレミアム校の元マネージャー

7年間佐川急便のセールスドライバーを勤め、退職後に友人とアメリカ横断の旅に出かけた事がきっかけで英語の勉強を始める。

2012年7月~10月の12週間、ファーストウェルネス(FEA)に留学。その後はFEAの日本人スタッフの1人として採用され、その後マネージャーへ。

俺セブ管理人と留学時の同期。

松本由人氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。