【口コミ評判】グローバルイングリッシュ日経版とオンライン英会話を比較

一口に「英語」といっても、私たち日本人にとってはいろいろあります。

まず、中学校から始まって(最近では小学校から?)高校大学と学ぶ、いわば学校の勉強としての英語(受験英語)があります。

そして洋書を読むためなどの読む英語もあれば、会話のための聞いて話す英語もあります。(実は英語の言語としての特徴として、日本語と違って話す能力と読み書きする能力では性質が違う、というのがあるそうです。ネイティブでも英語を話すことはできても書くのは難しい、という人がけっこういるそうですね。)

それから英検やTOEICなどの試験用の英語もありますね。
この試験を受ける目的は就職に有利だからだとか、人に自慢できるからとか、努力が数字として結果に現れるのがうれしいから、などだったりします。

そしてそれぞれに、それぞれの「英語が身につかない理由」があります。

まず受験英語。

試験のための勉強というのは、英語でなくても普通の人にはそもそも辛いものです。
これはTOEICなどの英語専用試験勉強にも、同様に言えることですね。

読む英語

読む英語も、基本的には受験英語の延長線上にありますから、よほど読書と英語が両方好きでないと辛いです。

そして聞いて話す英語、いわゆる英会話です。

これは受験英語を一生懸命勉強しても、TOEICで高得点とれるようになるまで取り組んでも、実際の会話となるとぜんぜんできないということが、高い確率で起こります。

それだけ、英会話というのは、英語を母国語としていない我々にとっては難しいことなのですね。
つまり、英会話は元から英会話として勉強しないと、普通の人は身に付けることがほとんど無理だといってもいいのです。

これは有名なTOEICプロ講師の「前田ヒロ」さんもとある書籍の中で、TOEICだけを勉強していても英会話は出来るようにならない、っとはっきり述べています。

ではどうしたらいいのでしょうか?

昔から英語を話せるようになるためには「なにも考えずに英語の国へいってそこで生活しろ」だの、「英語しか話せない恋人を作ってできれば一緒に住め」だのいいますが、どっちも無茶ぶりにもほどがあります。

しかし現代社会には、英会話習得のための強力な手段があります。

まずひとつは、インターネットによるオンライン英会話です。

スカイプというTV電話を使って、画面の中の外国人とマンツーマン英会話のレッスンが、自宅にいながらにして受けられるというこのシステムは、実際に外国に行く時間も外国人との出会いもない我々にとってとてもありがたいものです。

レッスンの時間の間だけ、外国人と一緒に住んでいるようなものと言えなくもないでしょう。

僕もこのオンライン英会話で、ただ英会話力を上げるだけでなく、TOEICの点数も100点前後伸ばしました。
やればやるほど効果が上がるので、オンライン英会話は本当におすすめです。

↓↓↓詳しくはこちらをご参照ください↓↓↓
初心者におすすめのオンライン英会話サービスはどこ?

そしてもうひとつ、とてもすばらしい、ある意味究極とも言える方法があります。

それは外国へ短期・中期の語学留学へいくことです。

短いものでは数日から、中期的には何ヶ月にもわたって、留学生という立場で外国の語学学校で英語漬けの日々を送れば、ほとんどの方が英語で話せるようになるといいます。

特に最近ではフィリピンセブ島への英語留学が注目されています。

欧米へ留学するようも安い費用ですみ、またフィリピンは英語が公用語なので大学生以上のフィリピン人は十分な英語力を持っているからです。

それにセブ島は治安もいいし、なによりリゾート地としてもすばらしいので、人気となっているのです。

当サイトではこの「フィリピンセブ島留学」をメイン記事として詳しくご紹介しています。

とにかく、英会話は独学で習得するのはかなり難しいことです。僕自身も何回も、何回も独学でやろうとして挫折しました。

ですがこうした、「オンライン英会話やフィリピン語学留学」を利用すれば、英会話習得への道が開けますので、ぜひ検討してみてください。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。