高校生の短期留学に、なぜフィリピンセブ島がおすすめなのか?

高校生から短期留学するアドバンテージ

母国語以外の他国の言葉は、若ければ若いほど習得できる速度や上達効率が上がります。

また、外国と日本の文化の違いというようなものを理解すればするほど、深いレベルでの語学が身につくでしょう。

その意味で、中高校生が海外に留学して言葉を学ぶということは、若さという意味でも、他国の文化や風習を日本と比較しながら学習できる年齢に達しているという意味でも、実に有意義で効果的なタイミングであると僕は思います。

その数ある外国の中でもフィリピン、中でもセブ島への留学は、数々のメリットがあるオススメ留学先です。

留学というと、欧米諸国を思い浮かべる方も多いでしょう。

特に日本人には欧米コンプレックスというものが根強く存在し、どうしても自分たちやアジアの同胞諸国よりも欧米諸国を上に見るというか、あこがれる気持ちがあると思います。

しかし、いまや「成長」という観点から見ると、今後経済のみならず文化の発展という意味で大いに注目できるのがアジアです。

中でもフィリピンは注目の成長株です。

さらに、日本から程よく近いという地の利があり、また全体的に親日国です。
加えて公用語が英語であり、高度なビジネスの現場や、大学などのレベルの高い教育環境の中では、高度な英語が標準的に使用されています。

日本から近いということは、そのまま渡航費用の安さに繋がります。

また基本的に現地は物価が安いので生活がしやすく、といいつつもセブ島はリゾート地なので、それなりに発展した街中で高レベルのサービスも受けられます。

そして親日国ということで日本人観光客の数も多く、やはりセブ島はその中でも治安のいい場所として有名です。

もちろん、学校の敷地の中も大規模なところでは専用のガードマンを置くなどの配慮がありますし、リゾートホテルを改装した所などではもともと治安のいい地域にあるので、やはり安全です。(とはいっても外国ですから、日本にいるときよりも自分の身は自分で守るという意識は必要。)

こういう点から観光客のみならず、語学留学生も多数やってくるようになりました。

数の多さは、また更なるレベルアップに繋がります。

そのため、フィリピンセブ島での語学学校では、マンツーマンスタイルでのレッスン形式を採用している学校が多く、中高生ならばなおさら短期間で英語へ親しむことができるでしょう。

また講師が学校の寮に一緒に住んでいるパターンも多く、プライベートでも気さくに付き合える機会が多くあり、これもまた語学能力向上に大いに役立っているようです。

そして学校の講師やスタッフ、あるいは大学生や社会人の留学生といった大人と日常的に触れ合えるということは、中高生にとっても人間的に成長できる大きなチャンスとなるでしょう。

他国語、特に英語が話せるようになるということは、若い人にとって将来の選択肢をとても多く増やします。

国内外を問わず活躍できる人材となるための第一歩として、フィリピンセブ島での語学留学は中高生にこそおすすめの手段だと僕は思いますよ。

中学、高校生の短期留学は、日本人経営の語学学校を選んでおくのが間違いありません。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。