Be resort|ビーチ

フィリピンセブ島留学「Howdy(ハウディ)」

Howdyは学校運営会社であるAVANT TEACH INTERNATIONALが運営する語学学校のひとつです。
フィリピン・セブ島に拠点を置いていますが、そこが学校所在地と同じになります。

拠点が海外となると何かと不安になる部分も多いのですが、Howdyの場合には東京、大阪、そして和歌山にも事務所が設置されていますので、特に関西圏の方にとっては利用しやすいのかもしれませんね。

このHowdyが他と違う特徴としては、マンツーマンのコースが多数用意されているということ!

マンツーマンコースだけではなく、スタンダードコース、ビジネスコース、エンジョイコース、親子コースと、どのコースを選んでもマンツーマンによる指導受けられるというメリットがあります。

そしてもう1つのポイントは、料金に食事と光熱費等が含まれているということ。

なかにはレッスン料金や住宅の宿代、食事などが別々で設定されているところが多いのですが、1日2食の食事が付いて、さらに光熱費や水道代も含まれているという、お得なプランが用意されています。

事前にいくら掛かるのか、明白にされているため、必要以上に経費がかかることがありません!
その他の特徴としては、日本人シェフによる、日本人のために用意された食事が付いているということ。

中には現地の食事が合わなくて、英語以外のことで悩んでしまうというケースがあります。
しかし、日本人の舌にも合う、日本人シェフの作る料理なら毎日の食事も安心でしょうか。

また施設がショッピングモール内に出来ているなど、生活のしやすさに非常に定評があります。
わからないことがあれば、日本人のサポートスタッフも充実しているので、相談してみるとよいでしょう。
ちなみにフィリピンには多数の語学学校がありますが韓国人経営のところが多い中、このHowdyは日本人が校長、そして日本人スタッフも十分にいますので安心かもしれませんね。

さらに校舎とドミトリーは2014年にオープンしたばかり。
そのデザインなどの設計も日本人目線でされており、まさに日本人留学生のための語学学校と言えるのではないでしょうか。

実際に、利用した人の意見を見てみると、

「留学が終わっても英語が話せるようになる、というのは間違いでした。マンツーマンレッスンもあって、英語力がアップしたと思いますが、やはり短期の留学では、そこまで飛躍的な向上を目指すというのは難しいと感じたので、ぜひ今度は長期で留学したいと思います。」

「宿泊施設が用意されているのですが、そこ以外に泊まることはできませんでした。また、その施設では、平日は午後10時以降は外出許可が出ていないので、英語漬けの生活というのもちょっとストレスがたまりましたが、留学を終えてみるとやっぱりあれだけみっちり勉強して今があるのかなと思いました。」

などの意見がありました。

比較的新しい語学学校であることから、今後に期待ですね。

その他の関連記事はこちら

フィリピンセブ島留学「有名語学学校一覧表」

フィリピンセブ島留学「留学エージェントまとめ」

語学学校は個室型が良いか?それともオープンスペース型が良いか?

韓国人経営と日本人経営の語学学校の違い

年々増え続けるフィリピン・セブ島への旅行者・語学留学生!2015年の治安状況と注意点 by松本

日本人比率はフィリピンセブ留学には全く関係がない理由 by本多

お金を節約すると損する!?2人~4人部屋より、1人部屋をオススメする理由

オーストラリア留学で改めて感じたフィリピン留学の良さ by本多

フィリピン留学VSオーストラリア留学その2 by本多

カテゴリーのトップへ戻るならコチラ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。