フィリピンセブ島留学良い口コミ・悪い口コミ

欧米留学を超すフィリピン留学の勢い

フィリピン留学と言えば、今やアメリカなどの欧米留学などへのこれまでの一般的な留学先を超えるかのように、日本人留学生が増加しています。

もともとフィリピン留学では韓国人留学生が多くみられ、そのためスクールも韓国資本のものが多かったのですが、現在では日本資本のスクールもどんどん増えてきており、フィリピンセブ島だけでも20校以上はあります。

さてそんな大人気のフィリピン留学ですが、これだけ話題になっているからにはそれなりのメリットがあるはずです。

既にフィリピン留学されている方たちの口コミを元に、欧米留学と比較しながらそのメリットを見てみることにしましょう。

フィリピン留学の良い口コミ・メリット

フィリピン留学最大のメリットは価格の安さ!

まず欧米諸国やオーストラリア、ニュージーランドといった国々は、英語を母国語としているため、確かに英語留学先としては理想的なのですが、その価格から誰もが気軽にできるというわけではありません。

フィリピン留学の場合も、留学先のスクールや選択するコースなど様々な要因によって費用は変動しますが、一般的な目安としてフィリピン留学なら語学学校費は1カ月20万円、生活費は2万円~5万円が平均的な留学費(ビザや航空券などを抜かす)です。

その点、英語圏の国の中でも比較的安いと言われているカナダ留学で1カ月およそ38万円、もっとも高いイギリス留学にもなれば1カ月およそ41万円とも言われていますから、数字を並べてみるとどれだけフィリピン留学が安いのか理解できますよね。

マンツーマンの授業数が多く、初心者向き

そしてフィリピン留学のメリットとしてもうひとつ忘れてはならないのが授業のスタイル。

アメリカやイギリスなどといった国々への英語留学では、グループレッスンが主流なのであるのに対して、フィリピン留学ではマンツーマンレッスンが主流です。

もちろんフィリピン留学でもプレゼンをしたり、またディスカッションの機会が設けられるグループクラスもあります。

ただ、基本的にマンツーマンレッスンは1日に4~6時間は確保されており、グループレッスンはそれらの1対1のレッスンでの成果を発表、また応用する場であるおまけ的な存在であるとよいでしょう。

マンツーマンレッスンについては口コミでも、他の生徒に気兼ねなく質問でき、また講師がしっかり個人の弱点などを把握してレッスンしてくれるため効率がよい、という意見が聞かれますよ。

よくアメリカ留学した方の話で「最初のグループクラスや大学の授業で、自分の意見を全く言えずに最初の1ヶ月を過ごした。」というのを、聞いたことありませんか?

アメリカ留学ではそんな逆境に負けずに、猛勉強した人たちだけが生き残れる厳しい留学です。逆に言えば挫折者が多い留学とも言えるでしょう。

その点フィリピン留学は大丈夫。マンツーマンが多いため一人ひとりの進度に授業を合わせることが出来るため、英語に自信がない方でも安心して授業が受けられます。

つまり、英語初心者~中級者にとってフィリピン留学は、アメリカ留学に比べて成功確率が高いんですね。

海外留学に対するハードルが低い

フィリピンは欧米留学に比べて距離が非常に近く、飛行機で5時間前後で到着します。

そのため、1週間の超短期留学も出来る事から社会人留学の幅を広げています。

従来の欧米留学だと「距離が遠い、費用がかかる、大学で授業を受ける、ネイティブ英語はキツイ」というイメージから、どうしても超気合を入れて、それ相応の覚悟が必要でした。

フィリピン留学はその点、欧米留学に比べて気楽です。

「費用が安い、時差も少ない、何かあってもすぐに帰れる、日本語が通用する、初心者向きのカリキュラム、フィリピン英語は教科書的な英語なので理解しやすい。」

など、フィリピン留学は「海外留学」というものに対するハードルを限りなく低くしてくれています。

僕もフィリピン留学というものが無ければ、海外留学をしようなんて思いつかなかったでしょうし、当然この留学が無ければ、今も英語は話せない状態だったと思います。

物価が安いため様々な体験が可能

その他、フィリピン留学では英語の学習以外の様々な経験をできる事も口コミなどでは評判です。

例えばフィリピンという島国を満喫するためにダイビングに挑戦したり、ゴルフを楽しんだり、いろんな街を旅行したり、語学学習以外にこれだけフィリピンを満喫できるというのも、やはり全体の物価が安いからなのです。

つまり、普段「日本や諸外国では中々出来ないことにもチャレンジが可能」なんですね。

というわけで・・・

フィリピン留学のメリットはまだまだたくさんありますが、やはり大きな特長となるのは「価格とマンツーマン数の多さ、そしてハードルの低さ」でしょう。

価格が安いため土日含めてガッツリ授業を入れることもできます。短期間で英語力を一気に向上させたい方には非常にオススメな留学スタイルですよ。

フィリピン留学の悪い口コミ・デメリット

主にコストパフォーマンスの高さから急激に注目されるようになったのがフィリピン留学。
素晴らしい留学スタイルですが、そんなフィリピン留学にもデメリットがないわけではありません。

治安の問題

フィリピン留学でまず何よりも気をつけたいのが治安!

特にフィリピンの首都マニラでの犯罪や事件は多く耳にされます。
どこの国へいってもそうですが、日本人はわりとターゲットにされやすいですよね。

スリや置引きなどの軽犯罪は多発しています。

フィリピンという治安の悪い国にいることをしっかり自覚して、独り歩きや夜の外出を避けるなどしっかり対策していきたいものです。

ただ、治安の悪い場所は限られていますし、留学先では講師や同僚が教えてくれるので、過剰なほど敏感になる必要はありません。(当サイトでもセブ島の危険なエリアはこのように紹介しています。→フィリピン・セブ島留学は本当に安全なのか?セブ市内とマクタン半島の治安情報をお伝えします。

宿泊施設の環境

宿泊施設の環境はかなり語学学校に依存しますが、基本的にフィリピンは発展途上国。

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの先進国に比べると、インフラや宿泊施設の環境は整っているとはいえません。

特に韓国資本の語学学校は日本資本に比べてずいぶん古い学校が多く、施設がボロボロの学校も多数。(批判せざるを得ないぐらい、ずさんな学校が多い。)

下記で説明する食事の問題に加えて、シャワーの水圧が弱すぎる、WiFiが全く使えない、などの勉強に集中出来ないぐらい、生活に支障をきたす学校もあります。

この宿泊施設の環境は「留学前と全然環境が違うじゃないか!」っと、フィリピン留学で最もクレームが出る部分の一つです。

WiFi環境においては2014年現在、多くの日本人語学学校でも速度は満足できるものではないでしょう。

欧米留学に比べるとここが弱みになりますね。

食事の問題

そして次にフィリピン留学でスクールを探す際に必ず口コミなどをチェックしておきたいのが食事のこと。

フィリピン留学の大きな特長のひとつとして、通常スクールと一緒に運営されている寮で1日3食の食事を食べることになりますが、気をつけるべきなのはこの食事についてなのです。

欧米留学ではいくらアメリカ料理、イギリス料理がまずいといっても「料理」と呼べる範囲のものが出てくると思います。

しかしながら、フィリピン留学では食費に予算をほとんど使っていない学校は、目を疑いたくなるような食事が出てきます。(もはや食事とは言えないぐらい。)

そのためせっかく格安の語学学校を選んだのに、食事が美味しくなくて外食をする。
→→費用がかさみ、結局少し高い語学学校とかかる費用が同じになる。

というケースに陥る可能性もあるんですね。

この点は注意が必要でしょう。

フィリピン人のなまり

人によってはデメリットとして挙げられるのが、フィリピン人のなまりでしょうか。

フィリピンでは英語が公用語として指定されており、またアメリカの植民地時代も経験していることからアメリカ英語に似た流暢な英語を話します。

その英語力の高さはアメリカの企業がフィリピンにコールセンターを設置するほどですが、やはり私たち日本人にも日本語なまりの英語があるように、フィリピン人にもなまりがあります。(ネイティブクラスの発音をする人もいれば、そうではない人もいます。)

そのため発音に重点を置いた英語留学を望んでいるのであれば、このフィリピン留学は向いていないかもしれません。

ただ英語留学の目的のほとんどは英語を学びコミュニケーション能力を高めることですから、その点パーフェクトに近いフィリピン人の英語は問題ありませんし、またこのフィリピン留学を踏み台として英語圏の国へ留学される方もたくさんいますから、それもひとつの選択肢ですよね。

日本語を話してしまう。

もし欧米留学の形がシェアルームであるならば、英語を朝から晩まで使う環境にいる事ができるかもしれませんが、フィリピン留学では日本人経営、韓国人経営の語学学校共に現在は日本人がある一定の割合でいます。

そのため、欧米留学に比べたら日本語を使う機会が増えてしまうのが現状でしょう。

これはしょうがないと思います。

その分、価格が安く、授業中はたくさん英語を喋れる機会があります。

どっちを取るか・・・ということですね。

ただまあ、どちらの留学でも「昼夜問わず、積極的に自分から英語を使う機会を増やしていかないと身につかない!」というのは一緒でしょう。

というわけで、フィリピン留学は初心者が英語を学ぶ上では非常にメリットが大きい語学留学方法の一つですが、デメリット(マイナスの口コミ)があることも抑えておき、留学方法の一つとして検討してもらえたらと思います。

フィリピン留学カテゴリーへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。