フィリピンセブ島留学良い口コミ・悪い口コミ

フィリピン留学と言えばまずはマニラやセブ島をイメージされるのではないでしょうか。
確かにこれらの都市には日本人留学生が大勢生活しています。

しかしながら、韓国人留学生からはバギオも非常に人気。

バギオへの留学はマニラやセブ島に比べて独特の特長があるわけですが、それらが人によってはメリットとも受け止められ、また別の人からはデメリットと受け止められる、そんな街なのです。

ここではそんなバギオの口コミや評判をまとめました。

バギオへの留学の良い口コミ・メリット

イメージは軽井沢

バギオへの留学のメリットとして、まず挙げられるのが気候でしょうか。

フィリピンはご存知の通り一年を通して暑さが厳しい国です。
しかしバギオは標高1,500メートルの山奥に存在するという立地上、1年を通して30℃を超える日はほとんどないと言われています。

そのためこのバギオは日本で言う軽井沢のようなところだと表現されることが多いのですが、実際にフィリピンでも「Summer Capital」、夏の首都とも言われているように、暑さをしのぐために大統領府をはじめとする行政機関もこの避暑地に移動してくるというわけです。

そしてこの気候は勉強しやすいというだけでなく、実は経済的にも大きなメリットをもたらしてくれるのですよ。

と言いますのも、フィリピンは日本に比べて非常に物価が安い国ですが、電気代はかなり高額であるとして知られているからなのです。

マニラなどの都市では1年中、そして1日中冷房器具が必要になるのに対して、バギオでは一般家庭には通常冷房器具が必要ないほど過ごしやすい気候です。

結果として電気代が浮き、その分学費に反映している語学学校も多いでしょう。

誘惑が少ない

そしてもう一つバギオ留学の大きなメリットとして挙げられるのがその立地上、誘惑となるものが少ないという点なのです。

先ほど「多くの韓国人留学生がバギオを留学先として選ぶ」とのことでしたが、その大きな理由はクラブ、カジノ、ショッピングモールなどの誘惑がほとんどないことから、勉強に集中しやすい環境であるという点です。

そのためでしょうか、バギオにはスパルタ校が点在しているんですよ。

またこうして娯楽施設が少ないこと、また人口も30万人足らずであることから、マニラなどの大都市に比べたら非常に治安もよいと言われています。

悪い口コミ・デメリット

立地場所が遠い

まずバギオでの留学でみな共通してデメリットとして挙げるのがその立地条件。

フィリピンと言えば一般的に美しいビーチに囲まれた島国というイメージがありますが、そんなイメージとは遠くかけ離れた山奥に存在するのが、このバギオという街なのです。

フィリピンへは日本から直行便が1日に何便も出ていますが、首都のマニラまでその飛行時間がおよそ4~5時間、そしてそこからさらにバスにゆられて5~8時間もの距離を移動しなければなりません。

さらにそんな山奥の街には人口およそ30万人しかおらず、マニラやセブ島ならあちらこちらにあるショッピングモールやクラブ、カジノといった施設もほとんどありません。

それではそんな地でどうして語学学校が栄えているのかということですが、それは本当に勉強に集中したい、そんな方は誘惑がなく生活しやすいからなのです。

そのため語学学習のみならずフィリピンを満喫したいという方にとっては、不便、面白くないっと感じるかもしれませんね。

語学学校数が少なく、ほぼ韓国資本

また現在のところ韓国人に人気のスポットであるため、有名な語学学校と言えばほとんどが韓国系。(日本人経営の語学学校は1つか2つ)

つまり食事も韓国料理に偏っていることや、運営者が韓国人なので日本人からみた常識が通用しない場合も多く、不満を漏らす方も少なくありません。その点も注意して選ぶ必要がありますね。

とあるバギオの語学学校は業界内では、バギオのプリズン(牢獄)と呼ばれていたりします。。。

バギオへの留学は時期が大事!

この立地に関したデメリットに加えて注意すべきなのが気候です。

バギオは日本で言う軽井沢のような存在とも言われているように、標高1500メートルの高さならではの過ごしやすい気温が魅力ではありますが・・・

しかし実際にこの地で留学経験のある人たちの口コミを見てみますと、1年を通してその湿度は非常に高く、特に雨季ともなれば室内のカビ臭さに悩まされることになるとも言われています。

実はこの街の名前であるバギオ、これにはフィリピン語で台風という意味があります。

つまりバギオはそれほど台風の通り道になりやすい場所であることを意味しており、何もかもが常に湿った状態であたり、霧がかかることを覚悟しておかなければならないようです。

つまり、バギオ留学は非常に留学のタイミングが大事なんです。

フィリピンで雨季と言われるのが7月~10月ぐらいなので、この時期に留学を希望している方はエージェントや各語学学校に、きちんと問い合わせをしておくべきでしょう。

このようにバギオでの留学は地理的なもの、また気候的なもの影響を受けやすい事を知っておくと良いですね。

フィリピン留学カテゴリーへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。