フィリピンセブ島留学良い口コミ・悪い口コミ

フィリピン留学を決める際に、必ずといっていいほど選択のポイントとなるのが日本人経営の語学学校を選ぶか、また韓国人経営のものを選ぶかということでしょう。

そもそもこのフィリピン留学はずっと以前から韓国ではかなり普及された留学スタイルとなっていたため、現在でもフィリピンには韓国資本の語学学校がたくさんあります。

それが2013年以降になって徐々に日本人経営の語学学校も目立ち始めたという経緯があるのです。

そこでまずは日本人経営の語学学校を選ぶ魅力について見てみることにしましょう。

良い口コミやメリット

信頼できるサポート体制

日本人経営の語学学校が日本人にとって魅力的な理由、それは日本人留学生が満足出来るようなサポート体制を用意してくれている事でしょう。

授業内容や講師の相談はもちろんのこと、生活面でもフィリピンが始めての方にとっては、何でも相談できるのでとても心強いはずです。

この点においては、口コミ評判では韓国資本の語学学校に比べて満足度が高いように見受けられました。

また日本人経営の語学学校では必ず日本人スタッフが常在しています。

そのため英語が全くできないままフィリピン留学される方でも、安心して留学ができるでしょう。

マンツーマン数を重視

そして実際にレッスンやカリキュラムに関しての日本資本語学学校の特長ですが、それにはまずマンツーマンレッスンの確保にたいする姿勢が見られます。

フィリピン留学の最大の魅力のひとつとも言えるのが格安でマンツーマンレッスンを受けられること。

しかし語学学校の中には、マンツーマンのコマ数よりも1日の総合計学習時間を提示しているところも多くあり、実際に中身をみると「マンツーマンは数コマで残りはすべてグループレッスン」であることも少なくありません。

留学費が安い場合には特に注意が必要でしょう。

カリキュラムの融通がきく

韓国系の学校ではカリキュラムがほぼ固定化されているのに対して、日本人経営の学校では柔軟に対応してくれるところがほとんどです。

つまり日本人経営の語学学校ではそのほとんどがレッスンやカリキュラム内容、そして教育システムなどをウリとしていることが多いというわけなのです。

こう聞くとより質の高いレッスンが受けられるような気がしますよね。

食事が美味しい

さらにフィリピン留学経験者が重視するのが食事に関して。

食事くらいどうでもいいように考えている方でも、やはり留学してその地に住むとなると個人差はあるものの大きなストレスとなってきます。

特にフィリピン留学での食事は“まずい”の一言ですまされることがあります。

韓国人経営の語学学校では韓国料理が中心となりますので、日本食を希望されるのであれば日本人経営の学校への入学が無難でしょう。

ただし日本人経営でも、とにかく留学費用を抑えることに重点を置いている語学学校の場合には食事は期待できません。

質の高い宿泊施設を選べる

そのほか宿泊に関してですが、これは人によって見方が異なるものの、日本人経営の学校では学校によって寮の場合とホテル宿泊の場合もありますので、選べる点がメリットとなるかもしれません。

フィリピンではどこの語学学校にしても校舎が古いところの寮は、日本人にとって耐えがたいほど害虫の被害などがひどいと聞きます。

そのため基本的に寮にはあまり期待しないほうがよいのですが、日本人経営の語学学校にはホテル滞在を基準としている学校もあります。

このように日本資本の語学学校にはたくさんのメリットがあります。

特にポイントとなるのは、フィリピン留学が初めての方、また英会話力にまだまだ自信がない方に、優しいのが日本人経営の最大のメリットでしょう。

日本人経営の語学学校の悪い口コミ・評判

日本人留学生ならやっぱり日本資本の語学学校を・・・と言いたいところですが、韓国資本の学校が悪くて、日本のものなら良いというわけでもありません。

日本人が多い

日本人経営の語学学校のデメリットと言えば、それは何と言っても日本人留学生が多く利用する事。

確かにフィリピン留学が初めてで、しかも英語もまともに話せないし理解できないとなれば、日本人スタッフや日本人留学生の多い学校を選びたいかもしれませんね。

しかしこれだけ日本人がたくさんいると、どうしても日本人同士で集まったり、会話が日本語になったり、そういった誘惑に負けてしまうことが多々あるのも現状。

自分の中である一定の線引が必要です。

とはいえ、これは韓国人経営の学校でも同じ。一定数の日本人はどの語学学校に行っても必ずいるので、結局のところ自分次第になります。

留学費が韓国系に比べて高め

口コミなどによりますと、結局のところみなさん妥協している点が留学費用に関してです。

語学学校にもたくさんの種類がありますので必ずしもそうであるとは言えませんが、一般的に韓国人経営の語学学校よりも日本人経営のほうが費用が高いと言われています。

韓国人経営の学校は1ヶ月で20万を切る学校が多いですが、日本人経営の学校は20万以上が近年では普通。

そのためできるだけ留学費用を抑えたいというのでしたら、一度韓国人経営の語学学校を比較してみるとよいでしょう。

学校と宿泊施設が離れている学校もある

ITパークやアヤラモール付近など、土地代が高いところにある学校、利便性の高い所にある学校は、どうしても宿泊施設を別の場所に置かざるを得ません。

そのため、通勤という形になってしまうんですね。
この点が人によっては不便と感じる所でしょう。

以上、日本人経営の語学学校もメリットだけでなく、デメリットもありますので、それを考慮した上で語学学校を決められるのが宜しいかと思いますよ。

フィリピン留学カテゴリーへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。