ここに注意!格安のフィリピン留学(セブ島留学)に待ち受ける罠

ここ最近、「本当に英語を身につけたいのならば語学留学がベスト」という考えが主流になりつつあります。

日本のように母国語を英語としない人々にとって、独学あるいは学校に通うスタイルの勉強方法で英語を実際に話せるようになるには、相当な苦労を伴うからです。

完全な独学ではリーディングやライティングはなんとかなるかも知れませんが、英会話となるとほぼ絶望的です。

また英会話学校に通うのは独学よりは英語が話せるようになる可能性は高まりますが、その学校に通うことを継続することが最大の関門となります。

人間というものは、よほどの英会話を身につけなくてはならない理由がない限り、サボる理由をどこからでも見つけだしてしまうからです。

語学留学の魅力

そこで語学留学です。

24時間英語しか話せないという環境に身をおけば、もはやなんとか英語を習得して話せるようになるしかないわけです。

かつては留学と言えば、ワーキングホリデーなどを利用しての短期留学もありましたが、欧米系の国へ長期間いくのが主流でした。

その場合はどちらかと言えば語学目的ではなく、別の学問の修得や、その国の文化そのものを学ぶのが目的、といったものが多かったと思います。

こうなると簡単には留学できなかったわけですが、ここ最近は近くの国、特にフィリピンに語学専門の留学校が数多く設立されるようになりました。

フィリピンは日本からとても近く、しかも公用語が英語ということで、英会話を学ぶには絶好のロケーションだったのです。

格安のフィリピン留学が危険なわけ

フィリピンでの語学留学は基本的に安いというのが特徴となります。

ですが実は、「安かろう悪かろう」ともいえるような質の低い学校もあります。

語学留学校の質とは、レッスン内容の質、講師の質、学校設備の質などのことです。
特に安い学校はレッスンと講師の質が落ちることが多く、酷いときには短期間の留学期間中に講師が何人も入れ替わったりします。

フィリピン人の英語力が高いとはいえ、それはやはり高等教育を受けた人の英語力であり、それなりに訓練していなければ文法や発音なども欧米では通じません。

また施設にしても写真写りだけ良くて実際は・・・というトラブルも後を絶ちません。

ちょっと我慢すれば・・・というレベルではなく、勉強に集中出来ないような環境の学校が多々あるんですね。

ですからあまりにも安いところは分けた方が無難かもしれません。

もしもフィリピンへの語学留学をお考えならば、安くても内容の良い語学学校(日本人経営の学校がやはり高品質です)がたくさんありますので、事前に情報をたくさん集めてよく検討するようにしてください。

元々フィリピン留学は他の留学に比べて安い!

だからこそ、その中ではどれだけ安い学校を探すか、ではなくむしろ逆にどれだけ質の良い学校を探すか!?を心がけておくほうが失敗の可能性は少なくなりますよ。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。