FirstenglishAcademy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学 本多正治

▶前回の記事:No22 疑問に思ったことを解消したセブ島留学の語学学校作り

朝からハイテンションっ!!!
フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

初めてPHP出版に載りました!!!
あの松下幸之助のつくったPHP出版なだけにとっても光栄です!!!

内容はFirst English Global Collegeについてなんだけど、学校の特徴を端的に述べています。
行くだけの留学ではなく、最高の留学にしてみませんか?
その内容というのは、カリキュラムや僕の想いなどです。

良かったら購入してみてくださいね〜
雑誌のタイトルは「The 21」というものです。

イベント

僕たちはいろんなイベントをしています。
今回は最近行ったイベントを紹介。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

これは日本人がフィリピン人に恩返しをする、という気持ちも込めて行った大規模な盆踊り大会。

8月8日(金)、9日(土)と行われて、大盛況!

日本企業が出店をたくさん出店してたんですね。
僕達も出店をしました。

みんなで、何を出店するかの企画から開始。
ゲームをするか?
食べ物がいいか?

いろいろと話しをしてくれました。
みんなでイチからつくっていくとはこのこと。

で、結果的に焼きとうもろこしに決定!!!

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

Grilled Sweet Corn に決定!!!

フェステバルの前日に青空マーケットに行って、とうもろこしを買い付けに行ってきました。
その数、60キロ分。だいたい180本くらい。

それをみんなで皮をむいて、湯がいたりして、前日の下ごしらえをみんなでしました。
授業が終わってからなんで、みんな疲れてるのに、ありがとうね!!!

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

中には品質が良くないものもあったので、それらを選別したり、大きさがバラバラなので切って整えたりしながら、みんな楽しみながら下ごしらえをしてくれた。

で、当日はFirst English global Collegeのスタッフがまず、現地に行ってスタンバイ。
スタッフがいろんな準備をしておいてくれて、これまた感謝。

生徒は授業後に参加。
早速、売り子をしてくれた。
中には、一生懸命、焼いてくれる生徒もいた。

ティーチャーも一緒になって販売をしてくれましたよ。
女性の生徒たちも声を一生懸命張り上げて、売り子をしてくれた。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

ティーチャーも生徒も嬉しそう。
僕もついつい、一生懸命焼いてしまった。。。
みんなの仕事を奪って、楽しんでました~

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

これはなかなか面白い!!!

しかも、値段設定が最初は安すぎた!
1個 20ペソ(約50円)だったんで、翌日は倍の40ペソ(約90円)。
それでも次々と売れていく。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

生徒やティーチャーやスタッフが一生懸命なって、みんな一丸になってとうもろこしを販売。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

↑みんな楽しそうでしょ?

僕も思いっきり楽しんでしまった~

規模が大きい

このお祭りの規模がとっても大きい!いろんな日本の企業も出展してて、

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

おでんとか焼きそばとかある。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学
フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学
花火もガンガンと上がってた。

いろんなお店がある中で、ボディペイントのお店も発見!
留学生の子どもたちも楽しんでました。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

こんなことはなかなか日本では出来ないからねー。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

普段、大人しい生徒もはしゃいでました。

ティーチャーも無給で手伝ってくた。

ここが僕の本日の言いたいこと!

フィリピン人も日本人も一緒。

彼らにこういったコミュニケーションの機会を与えると、本当に真剣にしてくれる。

日本人の僕たちはついつい、外国人は残業をしないで、あっさりと帰るとかよく聞くでしょ?
でも実際はそんなことはなくって、日本人と同じ考え方や根付いている。

「私達は楽しいから来てるのよ」
って言ってくれる。

本当に生徒と一緒に楽しもう!っていう気持ちで来てくれる。
とっても嬉しい!

途中、歌を大きく歌いながらとうもろこしを販売してた。
最高!

あまりにも嬉しかったので、2日間、終日いてくれたティーチャーにエステをプレゼント!

実は僕の友だちの1人が、ここセブで美容室を経営してるのね。

カットはもちろん、日本人がしてくれる「DONNA」っていうお店。

そのDONNAがエステを出店してたから、2日間、終日いてくれたティーチャーにプレゼント!

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

初めての感覚に驚くばかり。

キャッキャ、キャッキャ言いながらやってた。

フィリピン留学で重要なティーチャーとの関係づくり|俺のセブ島留学

生まれて初めての体験。
どんな感じなんだろうね。

ティーチャーとの関係性

どこの学校でもティーチャーと生徒は仲がいいもの。
僕は経営者層やオフィススタッフとティーチャーも仲がいい学校を目指しています。

従業員と経営陣との仲が密接な状態が最高に良い状態。
僕達の意図もきちんと通じるしね。

僕たちはカルチャーが違う中で、グローバルに活躍できる会社を目指してる。
グローバルカンパニーを目指してるんです。

いかに異文化の人たちと一緒に、ひとつの目標に向かってやっていけるかってことってとっても大切。
特に東南アジアの場合は現地の人といかに一緒になってコミュニケーションをしっかりと取ってやってけるかが大切。

こういったフェステイバルもティーチャーとの仲が良くないと出来ないもの。
給与を支払って来てもらうなら別なんだけど、そうでなくって、心から楽しみたいっていう気持ちで来てくれるってことが大切。

同じ人間として、同じ地球人として、お互いに尊重をして、一緒に幸せになっていってくれればいいと思う。従業員と共に成長していける会社づくりを続けていきます。

ぜひ、僕達の輪に一緒にjoinして、夢を見つけて、追いかけていこう!!!

First English global College
代表 本多 正治

▶続きはこちら:No24 オーストラリア留学で改めて感じたフィリピン留学の良さ

↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。