FirstenglishAcademy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学 本多正治

▶前回の記事:No23 留学での先生との関係づくり~無償で手伝ってくれた理由~

朝からハイテンションっ!!!
オーストラリアで感じたフィリピン留学の良さ|俺のセブ島留学

オーストラリアにプチ留学に行ってきました。

場所はゴールドコーストにあるBOND大学。
初めてのオーストラリアでの留学体験。

なぜ行ったのか?

僕はBBT大学院というところで勉強をしています。
大学院なので2年で終了。

ここを卒業するとMBAの資格が与えられる。
僕はこの資格をとる過程で経営の勉強ができ、英語力が更に向上すると思い、入学決定したんです。

2年生から英語の授業が始まるから、1年生から2年生に上がる為にはTOEIC850点が必要。

その2年生でオーストラリアでの1週間ちょっとの実習が必須。しかも、8月と1月に行かなければならない!

というわけで、オーストラリアに行ってきました~!

やっぱり、行ってみないと分からない!!!
フィリピン留学の良さをつくづく感じました!!!

オーストラリア留学のいいところ。

オージーと英語で話せる。

オーストラリアの文化に触れる事ができる。

先進国なので、建物とかがまあまあきれい。

以上!

僕はフィリピンで英語学校を経営してるからという訳ではなくって、本当にフィリピン留学は世界でナンバーワンだと感じました。

オーストラリア留学でいいところの反面、これはどうかなー?って思うところ。

チャー1名に生徒が20人以上。

オーストラリアで感じたフィリピン留学の良さ|俺のセブ島留学
やっぱり英語はマンツーマンで勉強しなければ分からないでしょ?

いきなりビギナーはそれに近い人がオーストラリアで1:20の授業を受けてもきっと理解できないだろうなーって思いました。

学校からホームスティ先やホテルや寮まで、とにかく遠い。

これはオーストラリアに限ったことではないらしい。

ホームスティ先までとにかく距離があって、不便。
特にオーストラリアは土地が広大にあるのね。
だから車を持っていないと、とっても不便です。

バスを使いたかったけど、どうやって乗るのか分からないしね。

僕の場合は結局はタクシーで通学しました。片道2,000円くらいかけて。。。。

とにかく物価が高い。

オーストラリアで感じたフィリピン留学の良さ|俺のセブ島留学

オーストラリアは日本以上に物価が高い。

例えば、コカコーラが約350円もする!
水も300円近い。
レストランで食事をした場合もだいたい3,000円以上はする。

みんな、こんな物価が高いところでよく平気で暮らしてるなーってのが実感。

ネットが弱い

先進国なのに、ネット環境がとても悪い。
ホテルでもネットを買わなければならない。無料ではないんだよねー。

どこのレストランに行ってもネットは有料かとっても弱い。こんなにネット環境が悪い先進国ってないよね。フィリピンの方が断然にいい。

食事が美味しくない。

一言で言うと大味。

欧米って本当に食事の文化が低い。日本や中国、台湾などの東南アジアは食事は最高に美味しいよね。

細かいところでフォローが無い。

これは学校のフォローです。

例えば、両替の問題。
僕は両替をしたかったんだけど、学校内にそんなサービスはない。

地域の案内もないし、日本人スタッフもいない。だれが僕たちのケアをしてくれるのか分からない。

この6番はフィリピンでも学校によっては様々だけど、First English Global Collegeでは・・・

・両替商を呼ぶので、学校内で両替が出来ます。(しかも毎日、呼ぶ事ができます)

・日本人がいつでも対応。日本人スタッフがオフィスには必ずいます。2014年9月現在は9名のスタッフで対応をしてます。

・病気など困った時に日本人が対応をしてくれる。

・更に、どっかいいレストランはないかとか、現地でしか知り得ない情報が日本人スタッフから入手することができます。

これってとっても大切なことで、英語の勉強に集中したいのに、他のことでとっても困ってしまうんですね。

それが留学と言ってしまえば、その通りだけれども、僕はやはりもっと親切に対応をしてほしかったなーって思います。

留学で挫折する人

留学で挫折をする割合ってどのくらいか?

びっくりしました。。。。

約8割の人が留学を挫折します。

僕のブログにも書いてます。
http://ameblo.jp/shojihonda/entry-11911982851.html

これって高くない?

最初の7日間で42%、8日目~21日目で40%もの人が挫折をするんだって。
フィリピン留学ではありえないこと。

留学中のケア

特にFirst English Global Collegeでは挫折をする人が本当に少ないです。

これはなぜか?

やはり日本人が定期的にカウンセリングを行うためだと思うのね。
最初はみんなストレスが溜まります。

英語漬けで意味が分からなくって、果たして、こんな長時間英語漬けでやっていけるんだろうか?って思うのね。

だけど、日本人のスタッフがカウンセリングをして「みんな最初はそう思うんですね。誰もが通り道だから大丈夫ですよ」って声をかけてくれるだけで、とっても安心するよね。

僕はここフィリピン留学は最高だと感じました。

世界一の留学です。

その中でも僕たちFirst English Global Collegeは品質ナンバーワンを目指してます。
ということは、僕たちは世界ナンバーワンの学校なんです!

この学校を出た後でアメリカやカナダ、オーストラリアに行けば良いと思うよ。
まずはここでみっちりと基礎力をつけてこうね!

First English Global College
代表 本多 正治(Honda Shoji)

▶続きはこちら:No25 セブ島留学で一生の思い出に残るパーティー!様々な形で英語を学ぼう


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。