FEAプレミアムのWi-Fiと勉強環境攻略

基本事項

・お名前 キャシー
・ご年齢 28(行ったとき)
・職業 会社員
・通われた学校 OKEA English academy
・滞在期間 4週間

なぜOKEA English academyを選んだのですか?

まず第一に治安で選びました。

フィリピン留学で最もよく聞くのはセブ島やマニラですが、セブ島には以前ダイビング旅行で行ったことがありました。

そのとき空港からビーチサイドのホテルまで車で送迎だったのですが、車から見える街並みが いわゆる発展途上国といった感じで、家はボロボロ、野良犬や野良ニワトリがウロウロしていて その印象が強く、そんな中に学校が立っているのかなと思うと気が進まず、セブ島以外を調べました。

マニラにも多数学校があったのですが、こちらは都会で周囲も遊びに行くスポットは多いようでしたが、夜出歩いてスリに合うなどの口コミなどが多かったです。

都心に行きたいという希望もあまりなかったため、もっと落ち着いたところがないかなと思い、他のエリアを調べ、ネグロス島のことを知りました。

学校については、以下の点を重視して選びました。

  • 個室がある
  • マンツーマンレッスンが多い
  • ネイティブがいる

私は社会人でしたので、やはり一人の時間は落ち着きたいと思い、個室にしました。
また、一ヶ月しか期間をもうけられなかったので、マンツーマンで集中してレッスンが受けられることを重視して選びました。
あとは、講師は皆きれいな英語だとは書いてありましたが、英語圏の発音にもなれる必要があるためネイティブがいる学校を選びました。

フィリピン留学前に準備してきた事はありますか?

留学前は会社に通っていたので、通勤時間を使って、アプリで英語の勉強を直前の2ヶ月ほどしました。

使ったのは、アプリやPC上で使える iknow! というサービスです。

コースが色々あり、TOEICやシーンに合わせたものから選べます。
自分のレベルや好みにあったもので進めていくもので、通勤時や休みの日に1時間など、出来るだけやっていました。

留学時に活かせるように、

  • 自己紹介で使うフレーズ
  • 日常生活で使うフレーズ
  • 買い物に関するフレーズ

などをメインで勉強しましたが、やっておいてよかったです!

向こうで何度か、あっこのフレーズ覚えておいてよかった~と思う事がありましたよ。
やはり事前勉強はしたほうが留学時の生活がより効果的になります。

グッズとしては、他の学校はどうか分かりませんが私が通ったところは自分で南京錠を用意してくださいと言われ、学校の金庫で使う南京錠と、スーツケースにつける分と2個 楽天で買いました。

気持ちの問題ですが、やはり治安が日本のように良いわけではありませんので、部屋をあけるときにはスーツケースに鍵をしていく方が安心でした。

ほかには、滞在中に使うノートPCを新調。
ノートPCかタブレットはあった方がよいと思いますよ。

スカイプで連絡したり、勉強時にも調べものなどしますし、ないと不便します。
ただ、高価なものなので、できるだけ持ち運べる軽いものをお勧めします。

フィリピン留学してから、何を準備してくればよかったと思いましたか?

自分はかなり準備よくしていったほうだと思いますが、日本食が恋しくなると思い持っていったインスタントの味噌汁などは、もっと持ってくれば良かったな~と。

また、ウォーターサーバーから水をペットボトルに入れて飲んでいたのですが、あまり衛生的でなく、きちんとした水筒があればよかったなと思いました。

あとこれは、うっかり忘れてしまったのですがベルトを忘れてしまって、ベルトがないとゆるゆるのスカートがあり、現地のスーパーで買いました。

ただ、ベルト1個でも日本円で500円もしなかったです。ですので、軽い日用品は向こうで買うので問題ないと思います。

逆に向こうで手に入れにくいのは化粧品やシャンプーなどの、こだわり派のもの!

→肌荒れしやすい、香りが苦手等がある場合は、日本から愛用のものを持っていく方が安心です。

私は日焼け止めを結構余裕を持っていったのですが毎日使ったため 足りなくなってきてしまい(ただ向こうで売っているやつは使いたくなかったので)、最後の方はケチりながら使う事になりました・・
どんな種類でも問題ないというようであれば、現地購入でもよいと思います(最初の1週間分くらいはあったほうがいいと思いますが・・買い出しいけないこともあるので)

生理用品

→ある程度は持っていってましたが、足りなくなったら現地購入しようと思ってスーパーに行ったら、あるにはあるのですが、なんだか大きいし、がさつきそうなものばかり・・

厳選して買いましたが、やはり使い心地はよくなかったです。女性はこちらは、荷物で許す限り持っていった方が良いですね。

電子辞書

→あと、電子辞書は持って行ったのですが少し古くて性能が悪く、もっと良いのを持ってくれば良かったと思いました。

困ったときはネットで検索すればいいやと考えていたのですが、インターネット接続は不安定なので、単語は調べたいと思ったときに調べられないと意味がないので、そこには頼らない方が良いです。

実際にOKEA English academyについてみて施設はどうでしたか?

空港には明け方ついて、学校まで送迎してもらいました。

到着して思った事は、建物の綺麗度はまぁ、想像していたレベルでした。。。。
すごく汚いというレベルではないと思います。

机は傷や落書き等はあります。ただ、そんなに勉強に支障がでるような範囲ではなく、普通に学校だな~といった感じ。

私は寮は個室だったのですが、部屋の水回りはある程度覚悟はしていましたが、やはり東南アジアだな~という雰囲気です。

一番困ったのはシャワーでした。

しばらく使っていると、突然水になってしまうのです。
十数分普通に使えるときもあれば、5分くらいすると突然 お湯が水になってしまい 震えながら髪を流した事も 笑。

何度か管理人さんに相談して、修理してもらったのですが、完全にはよくなりませんでした。

あとは、部屋には多少 虫などは出ます・・
私の部屋にはトカゲと、クモが出ました。

トカゲはフィリピンにいるとだんだんなれてきて、まあいっか、って感じになりましたが。

でも、トカゲは夜泣きをするので 夜変な鳴き声が聞こえてちょっと困りました 笑。
クモは、虫が苦手な私にはなかなか辛かったです。

OKEA English academyの授業のカリキュラム内容

1日の基本的な流れは以下です。

  • 朝7時~ 食事
  • 8時~ 午前中で3コマ マンツーマンレッスン
  • 11時半ごろ~ お昼休み
  • 13時~ 午後で3~4コマ マンツーマンレッスン
  • 夕方 夜ご飯
  • 20時ごろ~希望者のみ グループレッスン 1~2コマ

私の場合はだいたい「マンツーマン6~7コマ+グループレッスン1コマ(週2、3回)」というカリキュラムでした。

スパルタコースというコースだと、さらにマンツーマンクラスが多くて、夜のグループも必須+その後10時ごろまでの自習も強制、というものがありました。

3割くらいの生徒はスパルタだったと思いますが、私は通常のほうでも予習や復習など結構いっぱいいっぱいでしたので、これでちょうどよかったです。

授業内容は最初のレッスンのときに何をやりたいか講師と話をして決めます。
日常会話がしたいとか、文法をしたいとか、希望を伝えればできるだけ聞いてもらえますよ。

最もためになった授業と、ためにならなかった授業はどんな授業でしたか?

まず、マンツーマンとグループならやはりマンツーマンのほうが断然よかったです。
グループは受験勉強の予備校に近い感じですね。

そして少しプラスαの内容で難しい事を詰め込んでくるので、それまでのマンツーマンで疲れている頭にはあまり入ってこず、

今思うと、グループに出ている間にマンツーマンの復習や予習をするほうがよかったなと感じます。

マンツーマンのほうは、授業内容というよりは、講師の質で、授業の良さも決まりました。

やはり中には知識がちょっと(?)という感じの若い女性講師もおり、授業中もケータイをいじってたりして うーんと思いました。

2人きりで約1時間トークをするので、相手が社交的な性格かどうかも授業のやりやすさに差が出ました。フィリピン人は結構正直に気持ちを表現するので、相性が合わない場合は早めに講師を変更するほうがいいですよ。

でも基本的には皆フレンドリーで、私は毎回 会話するのを楽しみに行くような感じでした。会話が盛り上がってしまうと、全然テキストが進まなくて2人で最後にあちゃ~ってなるのですが 笑。

ネイティブアメリカンの講師が一人いて、1コマだけその先生の授業を取っていたのですが、その先生はあまり講師としての技術はなくて、日本の授業みたいにテキストベースで進める内容で正直面白くなかったです。

ただ、発音については正しく教えてもらえるので その点では役に立ったと思います。

どんな先生が自分に合い、どんな先生が自分に合いませんでしたか?

前の項目でも書きましたが、フレンドリーな先生のほうが私はやりやすかったです。

テキストに沿って順に文法や単語を覚えて設問に答えるのは日本でも出来ますし、マンツーマンレッスンの良さは会話してこそだと思います。

ですがあまりおしゃべりが好きじゃない講師だと、自然とテキストを解く時間が多くなり、あまりマンツーマンの意味がありません。

また、ほぼ毎日顔を合わせるようになるので、話しやすいかどうかはとっても大事。
段々後半は話すネタがなくなってくるので、向こうから色んな話題を出してくれるような講師はトークをしやすいですよ。

その意味ではネイティブだから良いとかはなかったです。

インターネットの環境

ついた当日にwifiのパスワードを教えてもらい、いつでも使ってよいとの事でした。

自分の部屋や、自習室などでは常時使用できる状態でした。
他の生徒の部屋で場所によっては繋がらないなどの多少の差はあります。

また、繋がっているといってもインフラが弱いフィリピンですので、突然のスコールや嵐など天候が荒れると、全然繋がらなくなったりします。

よく部屋から家族とスカイプで会話をしたりしましたが、30分くらい問題なく繋がるときもあれば、映像や音声が途切れ途切れになってしまうことも。

とはいえ何日も使えないということはないので、そこまで不便はしませんでした。

OKEA English academyの食事内容

食事は寮内に食堂があり、朝昼夜と指定時間にいけば食べられる仕組みでした。
学校が韓国資本だったこともあり、メニューは辛めの韓国系料理が多かったです。

お肉で絡めのものと、ご飯と、スープと、マンゴーやバナナなどのフルーツ・・といった感じ。

元々辛いものや韓国料理は好きなので、味自体は問題ありませんでした。
ただ・・おそらく油が合わなかったのでしょう、
私はこの学校にいって1週間ほどで、これまでにないくらいの便秘になってしまいました・・涙。

向こうには生乳の牛乳やヨーグルトが無く、色々ストレッチなどもしたのですが、滞在中は治せませんでした。
ですので、便秘になりやすい方は常備薬等を持って行った方がよいと思います。

OKEA English academyの最大のメリットと最大のデメリット

人によって異なると思いますが、最大のメリットはやはり、マンツーマンのレッスンをこれだけみっちり出来て、田舎町ですので値段も安く出来る事だと思います。

デメリットは、私にとっては食事でした。
味はまずい訳ではないので、これは体質の問題になってしまいますが・・

油っぽいもの、辛いもので体調を崩しやすい方はやめた方がよいかもしれません。

ただ、外食で地元のレストラン(というか屋台みたいなところ)などに行っても、同じように油っぽい料理が多く、学校というよりはフィリピン全体のテイストなのだと思います。

ですので食事にこだわりたい方は、日本食などが出るような学校があればそんなところが良いかもしれませんね。

OKEA English academyでの留学を成功させるコツは?

マンツーマンのレッスンをどれだけ楽しめるか&自分のものに出来るかだと思います。

1日何時間も英語でずっと会話をするのは、日本にいては絶対に出来ません。
また、英語圏に留学にいってもなかなかそれだけの会話時間を持つ事は出来ないです。

ですので、その環境をどれだけ自分の者に出来るか、かつ毎日のことなので楽しんで取り組めるかにかかっていると思います。

周囲の生徒を見ても、クラスを受け身ではなくて自分でコントロール出来ている人が、クラスをものにしていると感じました。

また、日本人同士でつるんで毎夜 遊びに行くような人もいました。
寮の周りは塀に囲まれていて閉鎖的な空間内なため、息抜きにほどよく遊びに出る必要はありますが、しっかり勉強目的で来たという意思をもって取り組めるかどうかで、滞在中の成果は大きく変わってくると思います。

何か他に学校のエピソードお伝えしたい事があればお願いします。

OKEAは大きな複合スーパーまでは少し距離があり、ジプニーという庶民タクシーのような乗り物で移動します。

スーパーには食料品からファストフード、ファッションなどなんでも揃っており、買い出しや外食をしたい場合はスーパーまで行かないと出来ませんので、週に何回もこれに乗る事になります。

乗り方は最初のオリエンテーションで教わると思いますが、私が不便だなと思ったのは ジプニーには女性一人では乗れないこと。

もちろん本来は乗ってもいいのですが、一人で乗るとそのまま行き先とは異なるところに連れて行かれたり、着いた先でもスリなどに狙われやすくなるので、外出時は基本2人以上が安心です。

男性は大丈夫かもしれませんが、女性はスーパーに行きたいときに一人では行けないので、その点が少し不便かもしれません。

フィリピン留学カテゴリーのトップはこちら

セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校一覧表はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント