FEAプレミアムのWi-Fiと勉強環境攻略
  • 名前:林さん
  • 年齢 28
  • 職業 会社員
  • 通われた学校 EB
  • 滞在期間 3ヶ月

なぜEBをフィリピン留学先として選んだのですか?

フィリピン留学をする事を決めた時にインターネットを使って様々な学校を調べましたが、私がまずEBというマニラにある学校を選んだのは日本人経営だからです。

そして少人数の学校でしたので、オーナーとの距離が近く、困っても色々相談ができそうだなっと思いました。
インターネット等で、マニラの治安はあまり良くないと書かれていましたので心配でしたが、学校のあるケソン市は比較的治安がいい場所であるということも決め手の一つでした。

またオーナーのブログ等を見て、オーナーがボクシングジムでボクシングをやっていると書かれおり、自分もずっと日本でボクシングをやっていましたので、この学校に通えば近くにボクシングジムがあるので、クラス終わりにボクシングができると思ったのもあります。

留学の際の面倒くさそうな手続きがなく、オーナーと直接メールでやり取りをし、簡単に申し込みができました。他の学校はインターネットを見る限り申し込み等が面倒くさそうだったので、自分にはEBの申し込みのシステムがあっていたと思います。

ただ、最終的にはホームページやオーナーのFacebook等から、色々情報を仕入れてEBに入学することを決めました。

フィリピン留学前に準備してきた事はありますか?

自分はフィリピン留学に行く前は全くの英語初心者で、中学英語や文法すらまったく分からなかったです。

なのでフィリピン留学を行く事を決めた時に、とりあえず英語の勉強をしないとやばいなと思い、自分が持ってるIphone4の中に英語学習のアプリを一通りいれるところから始めました。

そのアプリを使って単語をまず覚えていきました。単語に関してはアプリが面白かったので、どんどん覚えることができました。

電子辞書とかも留学にいくなら必要だなとは思っていたのですが、電子辞書は自分にとっては高すぎましたね。なのでこれもアプリでいいのを探す事にしました。

いくつか候補を探すと、インターネット環境がなくてもつかえるオフライン用の電子辞書アプリを見つけたので、それをインストール。2000円だったので、電子辞書を買うよりは全然安かったです。

簡単にわからない単語を調べることができるので、電子辞書または電子辞書アプリは留学の必需品です。

それから洋画もたくさん見てたと思いおます。音声を英語にして、字幕も英語にしてみました。

ただ、最初はそれで分からない単語が出てきたら、そのたびに辞書で調べるという事をやっていましたが、自分の英語力じゃわからない単語が多すぎて全然映画のストーリーが進まず、面白みが全くなかったので、途中で挫折してしまいました。

あと、やっとけばよかったと思うのは文法の勉強ですね。

自分は文法の勉強を全くやって来なかったので、本当に留学初日からBe動詞ってなに?ってゆうところから始めました。
そこは本当に時間がもったいなかったなぁって反省してます。

フィリピン留学してから、何を準備してくればよかったと思いましたか?

英語の勉強面で言えば、前の記事でも言ってたようにやっぱり自分みたいな初心者だと、文法は本当に勉強してきたほうが良かったなぁって思いました。

簡単なBe動詞とか動詞の使い方や、形容詞や副詞ってなに?ってゆうところから。あとは過去分詞とかもそうですね。

自分の場合だと、過去分詞の使い方とか意味にすごく時間が取られました。日本語だと過去分詞ってないからすごく理解に苦しんだんです。

文法書
文法だと「Forest」ってゆう日本の文法の参考書を持ってきたほうがいいかもしれません。
文法についてすごく詳しく書かれてるので。

蚊よけ
あと、私生活の面でいうと、やはり南国で蚊が多いので虫除けスプレーはあったほうがいいです。自分は持ってきてなかったので、寝てる時に蚊に刺されまくって眠れなくなった思い出があります。

ガイドブック
それと地球の歩き方とかのフィリピンのガイドブック。やはり週末とかは遊びに出たりするし、そんな時にガイドブックはかなり重宝します。地図とかもついてるし。

フィリピンに来る前に、フィリピンの情報を多少は頭の中に入れといたほうがいいです。タクシーの初乗りはいくらなのかとか、は最初に知ってたほうがいいです。

自分は知らなくてはじめてタクシーに乗った時に初乗り(40ペソ)で着く短い距離を500ペソ払ってしまいました。普通になんの疑問も持たずぼったくられてしまいました。なので、あらかじめフィリピンに関する知識は入れといたほうが無難です。

実際にその学校についてみて施設はどうでしたか?

自分が通っていたEBのという学校の施設は一軒家を3つ刈りあげて、それを教室兼寮として使っていました。

生徒は全員1人部屋です。ただしシャワーとトイレは共同。部屋の種類は3つくらいあって部屋のクォリティーによって値段がちがいました。

自分が住んでた部屋は中くらいのレベルでそこそこ快適、一番高い部屋は専用のトイレとシャワーがついてるそうです。(見たことはありませんが)。

教室も授業専用の小部屋が2つか3つほどあったので、その部屋を使ってもよかったですし、自分の寮として宿泊している部屋を教室として使ってもいい。自分の場合は部屋がそこそこ広かったし、風通しもよかったので教室としても使ってました。

食事について
食事も毎日3食でるし、味も特別美味しくは無いですが、まずくもないので、普通に毎日食べることができ、自分はあまりお金がなかったので食事の面は満足しています。

対応
あと自分の留学していた時に自分が住んでたドミトリー(名前はセカンドハウス)、のシャワーが壊れてしまってお湯がでなくなったのに、それをいっこうに直してくれなかったので、ずっと隣のドミトリーのメインハウスのシャワーを浴びに行ってました。

そこら辺の対応の遅さは、やはり日本人経営といえフィリピンっぽい感じがしましたね。

まぁ不満なのはそれくらいで、他の点に関してはかなり満足しています。

授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

自分が取っていたクラスはマンツーマン4時間のクラス。
ここの生徒はほとんどが4時間のマンツーマンコースで、4時間をメインにしてるようで、6時間とってる人は自分が3ヶ月いた中で1人しかいませんでした。

グループクラスは自分は一度も出てませんが、EBの日本人オーナー自身が講師をやり、無料で週3回くらいの頻度で生徒集めて授業を開催していました。

授業内容

自分がうけていたカリキュラムはカランメソッド2コマとグラマー(文法)2コマ。先生は2人で2コマずつ教えてくれました。

2人の先生は初心者の自分にも分かりやすく楽しく教えてくれたので、とても楽しく勉強することができたと思います。宿題も毎日出してくれて、厳しくやってくれました。

グラマー(文法)は、教科書に沿ってやっていき、教えられたグラマーを使って例文を作っていくっていうのが主な授業でした。ただ、最初は英語で英語のグラマーを教わるってゆうのが、かなり難しく誰かにこれを日本語で説明して欲しかったかなっと。。。

日本語の参考書持ってきとけばよかったです。

カランメソッドに関して言えば、今フィリピンの語学学校でカランを取り入れてるところっていっぱいあると思うのですが、自分みたいな初心者にはやっぱり効果ありそうだなぁって思いました。

初心者だとどうしても先生の質問に対してYESとかOKとかで答えがちだけど、カランだと絶対コンプリートな答えで返さないといけないから、それを繰り返しやっていくってゆうのは、長く続ければ本当に効果はあるんじゃないかと思います。

ただカランって質問と応答の繰り返しなので、かなり疲れます。。。

最もためになった授業と、ためにならなかった授業はどんな授業でしたか?

グラマー(文法)とカランの授業はかなりためになったと自分で思います。

グラマーに関しては最初は全く意味が分からず、これは大丈夫なのかなっと思った時期もありましたが、徐々に意味がわかりだして、あとから役に立って来ました。

ためにならなった授業は映画を見る授業です。

カランを教えてくれてた先生に突然、映画を見てわからない単語を調べる授業をやられたときは、これは一人でもできるからわざわざ授業時間にやりたくないなって思いました。

だけど自分はやりたくないとは言えなくてその授業に付き合いました。

結局そんな授業が3ヶ月の中で10コマくらいはありましたね。まぁ途中からは勉強の息抜きだって思いながら映画を楽しむことに決めましたが・・・・

EBではどんな先生が自分に合い、どんな先生が自分に合いませんでしたか?

自分は2人の先生が教えてくれて、入学から卒業までずっと教えてくれました。
他の先生に教えてもらった経験がないので一概には言えませんが、2人共自分にとっては非常にあってると感じました。

性格も楽しかったですし、教え方に関しても映画とかをつかって授業するの以外は、ほとんど満足してます。EBはもともと少人数規模の学校でしたし、先生の数も10人程度と少なかったです。

他の場所で留学経験のある生徒とかに話を聞いてもEBの先生は比較的優秀な先生が多いと話していました。
あとはこれはどこの学校でもそうかもしれませんが、フィリピン人独特の明るさみたいなものがあって、よく笑うし、授業中なんかも冗談とかを言ってくれて楽しく授業をすることができました。

自分についてくれた先生は少し厳しい30歳の女性の先生(グラマーを教えてくれた)と同い年の男性の先生(カランを教えてくれた)でした。

女性の先生は本当に先生らしい先生で、とても厳しく教えてくれ、男性の先生の方は友だちみたいな関係で、楽しく授業をする事ができたと思います。

なので、とてもバランスがとれていたかな。自分にとってはあの2人の先生でとても満足していますし、あの2人が自分の先生でよかったと思っています。

食事内容はいかがでしたか?

食事に関して言えば土日も含め毎日3食でたので、大方満足しています。

全体的に言えば味も特別美味しい訳ではなく、まずいわけでもなくといったような感じ。食事の種類はまぁフィリピン料理でした(なぜか毎回キムチが出てましたが・・)。

来る前にネットで色んな学校の食事について調べましたが、韓国系の学校は本当に食事がひどいと書かれていたので、EBの食事は美味しい部類に入ると思います。自分がまずいとは思わなかったので・・

ただ朝食は食パンにバターだけとかの時とかがあったので、あまり食べに行きませんでした。
昼食や夕飯は肉とかが出たりして、これめちゃくちゃうまいって思った時や、忘れましたがあまり美味しくないのも出たり、当たり外れはあったと思います。

ただ自分は3ヶ月もいてお金もあまりなかったので、3食しっかり毎日食事が食べられた事はかなり経済的にも嬉しかったです。

EBのインターネットの環境はどうでしたか?

インターネットの環境に関して言えば、ホームページとかには回線が早いという風に書かれてましたが、自分の部屋はなぜかWi-Fiが入りにくかった・・入ったり入らなかったりでかなりストレスがたまりました。

たしかにメインハウスのWi-Fiはそこそこ早かったけど、自分が滞在していたセカンドハウスはものすごく遅かったです。なので自分はインターネットを使いたい時は近くにあるカフェに行って、そこでWi-Fiを拾ってインターネットをしていました。

常にLINEとかFacebookを使って日本にいる友達とかと連絡をとりたかったので、部屋で思い通りにインターネットを繋げなかった点はかなり不満に思っています。

基本的にフィリピンに来るとテレビがないので、空き時間に部屋にいる時は勉強をするか、本を読むか、インターネットをするかしかないので、そのインターネットができないとなるとかなり暇になります。。

なので、インターネットをするためだけにカフェに4時間とか普通にいました。
ただフィリピンは日本と違って、だいたい少し小奇麗な飲食店の中にはFree Wi-Fiが飛んでいるので、出先でインターネットをしたい時は簡単に使える場所を見つける事ができるので、そこら辺は便利だなぁとは思います。

首都のマニラとかだけじゃなく、結構田舎の方の飲食店にもWi-Fiがある場所も結構多いです。そこら辺は日本とかなり違います。

日本だとWi-Fiが飛んでる店なんてほとんどないので。だから日本にくる外国人は大変だと思います・・・

EBの最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

まず自分がEBの最大のメリットととしては、教師の質が他の学校に比べて比較的高いところです。
他の学校から移ってきた留学生も何人かいましたが、みんな口を揃えて教師の質が高いと言っていました。

自分自身としてもいい先生と巡り会うことができて本当にこの学校にいって良かったと思いました。
あと基本的に寮や学校内では日本人同士でも英語で喋らないといけないイングリッシュオンリーポリシーがあり、オーナーがしっかり留学生にルールを守らせているので、必然的に英語で喋らないといけない環境に身を置くことができます。

さらには刺激にもなるので、もっと英語を勉強しようと思うようになります。
デメリットとしては、生徒数も少なく他の大きな学校などであるようなアクティビティーなどがあまりないので、楽しい留学生活をイメージして来られる人にとってはあまりおもしろくないかもしれません。

あとは教師の質は高いですが、教師の数があまり多くないので、もし合わない先生になった時に変更がしずらいという点ですね。

あと、いい点としてあげたイングリッシュオンリーポリシーも全く英語の喋れない人にとっては苦痛になるかもしれません。

ただ、学校のあるビレッジは安全で雰囲気などは自分はとても大好きでした。自分は毎朝散歩したりして、今でもたくさん思い出が残ってます。卒業した今でも、もう一度通いたいと思っています。

EBでの留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

この学校で留学を成功させるには、勉強面で言えばどこの学校でもだいたい同じですが、自分から積極的に英語で他の留学生に話しかけたり、先生に話しかけたりするのがいいと思います。

それか自分が留学した時にいた一人の生徒なのですが、日本語を全く喋らないって決めていて、本当に日本語を喋らなかった人もいました。

あとはEBは先生たちと遊びに行っても大丈夫だったので、先生たちとご飯やビリヤードをしたり、いろんなところで英語を使ってみるのもいいと思います。

それで、もしその中で自分が言いたいことがあったけど、英語でなんて言えばいいか分からない時なんかがあったら、携帯とかにメモをしておきましょう。それから家に帰って調べてノートにまとめておくと、どんどんボキャブラリーが増えていきます。

あとはやはりせっかく一人部屋になるので、空き時間には復習と予習をしっかりすることです。
あと生活の面ですが、自分の経験だと、やっぱりマニラというフィリピンの首都に住むのだから、色々なところに出かけたほうが楽しいと思います。

発展途上国とは思えないような街(マカティー)があったり、スラム街があったりして本当に刺激的です。それから土日とかの休日はセブとかボラカイ、パラワンなどの観光地に行ってみるのも悪くないと思います。

比較的自由な校風なので、とにかく、いかに成功させるかは、自分にあった留学生活をしっかり送ることだと思います。

他の学校に関するエピソード

EBは自分が3ヶ月留学して、とてもたくさんいい思い出が残っていますし、少人数の学校なので、アットホームで留学生や先生、その他のフィリピン人スタッフとも仲良くなろうと思ったらすぐなることができます。

ただ、オーナーもイングリッシュオンリーポリシーになかなか厳しくて到着初日からいきなり英語で寮の設備について説明されたりして、かなり焦りました。。。

なので何回も言うようですが、初心者の方はちゃんと簡単な基本的な英語を勉強してきてください。
あとは自分自身がいかに留学生活を楽しむかですね。自分の場合は遊びにもかなり重点をおいてたので、いろんな所にいきました。

その時は行く前に先生にどんな場所なのかを聞いたりして、危ないからやめたほうがいいよって言われた場所は、行かなかったり。行ってみたり。。
やっぱり現地の人の情報ってすごく大事なんで、先生にいろいろと情報をもらいましょう。
あとは遊びにでないって決めてるひとは、部屋で英語の映画とかみたり勉強するのがいいのかな。

基本的に一人部屋なので、集中してできると思います。あとゴキブリも寮にたまにでるので、嫌な人は現地で殺虫剤を買いましょう。かなり強烈なのですぐにゴキブリは死にます。

フィリピン留学カテゴリーのトップはこちら

セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校一覧表はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント