FirstenglishAcademy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学 本多正治

▶前回の記事:No24 オーストラリア留学で改めて感じたフィリピン留学の良さ

朝からハイテンションっ!!!
フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

ファーストイングリッシュのパーティー

だいたい2ヶ月に一度は大きなイベントをやってます。

生徒、ティーチャー、スタッフとみんなが集まってのパーティ。
ティーチャーがほとんどの流れを考えてくれて、とっても準備に時間をかけてやってくれる。

そのプログラムの中でも、ダンスは欠かせないんだよねー

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

ティーチャーも踊る。
みんなダンスが上手い~!!!

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

生徒も踊る。
日本人の生徒も恥ずかしがることなく、踊ってる~!

そして、食事もきちんと準備をして、みんなで一緒に食べる。

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

時間があったら、写真をお互いに撮りまくる。

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

僕たちは他にも年中、パーティをやってるのよね。

次回はハロウィンパーティ↓(こんな感じ)

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

そして、その次はクリスマスパーティ↓(こんな感じ)

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

クリスマスパーティにはレチョン(豚の丸焼き)が欠かせない。

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

なぜ、こういった催し物をするのか?

こういった機会は、生徒とって一生に一度の思い出になると思うんですね。

ティーチャーは生徒一人ひとりを大切にします。生徒一人ひとりが主役になれる機会をつくります。

ティーチャーがマイクで生徒を指名をして、ダンスをしてもらったりします。みんな、結構、踊ってくれるんだよね。みんなが楽しめる。(強制ではないですよ。)

で、生徒はこう感じる。

「私ってここにいてもいいんだ、私の存在がみんなに認められてるんだ。」

って。

こう実感してもらうことが、とっても重要。みんな、それぞれでいいんだよね。みんな、個性があっていい。

フィリピン留学で自分に自信をつけて帰る人は多い。ちょっと難しく言うと、こういったパーティを通して、「自己重要感」を上げることができる。

自分が一生懸命、勉強をして、英語でコミュニケーションを取って、ダンスや発表などをして、みんなに注目される。そして、みんながその人をしっかりと承認する。自分がみんなから認められてるんだって実感できることほど、自己重要感が高まる事はない。

自己重要感が高まると、「私はやったらできるんだ!」っていう自信がつくんです。自信がつくと、夢を追いかけるようになる。

夢がなくても、がんばれるようになり、人柄が明るくなる。また、今まで以上にたくさんの仲間ができるようになります。

そして、、、、、人生が楽しくなってくる!

英語を通して、夢の想像と実現が僕たちの想いです。

準備にも時間をかける

ティーチャーはこういったパーティにとっても時間をかけてくれ、いろいろと準備をしてくれる。

プログラムづくりから、タイムマネジメント、そしてダンスの練習 etc…
こういったパーティの前日は、授業後、みんなでダンスの練習をしたりするんだよねー。

そして、キャッキャッと盛り上がっている。一緒になって一つのものをつくるのは本当に素晴らしい事だよね。

そして、ココが重要!この準備もティーチャーやスタッフと一緒にするので、もちろん英語を使う。こういった機会を通して、また英語を使いながらティーチャーと仲良くなっていく。

一緒にみんなで作る事に参加しない人ももちろん、いる。

それはそれでOK!完全にOK!

パーティには参加するけど、見てるだけの人もいる。

もちろんそれもOK!出来る人がやったらいいからね。

こんな人もいるんだよね。
最初は見てるだけだったけど、なぜか、急に自ら率先して踊りだす日本の生徒。みんながやってるから、ついつい、つられてやってしまう。

こういったパーティには年齢や性別とか、学歴とか、そういったものは一切、関係なくみんな同じで楽しめるのがいいよね。

次回、10月24日(金)に行うハロウィンパーティはこんな感じ。

フィリピン留学で思い出に残るパーティーに参加を!|俺のセブ島留学

昨年の写真なんだけど、この準備ってすごくない?

ファーストイングリッシュではティーチャーと一緒に街に衣装を買いに行ったりもするんです。そうすると、ティーチャーとの仲もどんどん良くなってくる。

最初は慣れない中で、英語漬けの毎日。そんな中で、バディティーチャー(自分の担当の先生)と一緒に買い物にいくのも良い勉強になりますよ。(もちろん、あくまでもプライベートとしてね)

この留学をきっかけに、人生に何かの変化があればとっても嬉しいです!!!

次回は上記の通り10月24日(金)の授業後、学校でハロウィンパーティをやります。

ぜひ、この機会を逃さずに!!!(半分くらいは予約で埋まってますので、お早めに!)

First English Global College
代表 本多 正治

▶続きはこちら:No26 塾の経営者から見てフィリピン留学で伸びる人と伸びにくい人

▶関連記事はこちら:No39 フィリピン留学VSオーストラリア留学その2 国のバックボーンから考える文化の違い


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。