パラオと言えば聞いたことあるようなないような、日本人にとってそれほど定番の国!というわけではありませんよね。
しかし 実はこのパラオはかなりの親日国とも言われており、また留学の穴場とも言えるかもしれないのです。
そこでこのパラオという国の魅力について迫ってみることにしましょう。

そもそもパラオとはどんな国なのでしょうか。

パラオは日本のはるか南、約3000kmのところに位置する200以上の島から成る国です。
しかしそのうち9島にしか住民はおらず、人口は全体でたったの2万人。

あとは無人島だらけの自然いっぱいの国でもあるのですよ。
パラオは海洋性熱帯気候で、1年を通してほぼ気温の変化もなく過ごしやすいのも魅力的なポイントですよね。

さてそんなパラオはもちろんのこと島国であるだけあって美しいビーチがリゾート地として話題になりますが、そのほかにも様々な世界遺産などに囲まれた特別な国でもあります。

parao-ryugaku2

ビーチの美しさはセブ島をはるかに凌ぐ

例えば毒性のないクラゲでいっぱいになる湖・ジェリーフィッシュレイク、泥パックが人気のミルキーウェイ、そしてパラオを代表するのがロックアイランド。

さらに忘れてはいけないのが数多く存在する遺跡たち。これらの遺跡は日本に大きく関係するものから、まだ解明されていないものまで様々なんですよ。

パラオの歴史についてはこちらのウィキペディアが参考になるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA

このようにパラオには世界有数の観光地のひとつとして好まれるだけの要素がたくさんつまっているわけです。

しかしちょっと視点を変えてみるとまた違ったおもしろさがあるのがこのパラオです。

パラオ人は実は英語が喋れる!

それはパラオにはパラオ語と英語の2つの公用語があるということです。
パラオ語はもちろんのこと、英語は地方へ行っても大抵の場所で通じるというのですから穴場を狙って留学を考えてみるのもありではないでしょうか。

今ではフィリピンのセブ島などリゾート地での留学が急激に増加してきていますよね。

パラオ留学のメリット

パラオで留学するとしたら、まずさきほどの観光スポットのような場所を英語を学びながら満喫できるというメリットがあります。

そして観光地であるということ、それに加えてパラオは日本の統治下にもあった歴史を持つということからもパラオ語の中の単語として私たちが普段使う日本語が含まれているほど日本語を通して通じ合えることがあったり、また親日国ということで現地の人たちとも親しくなれるそんなチャンスがたくさんあるのも魅力的ですよね。

特に英語も初級レベルで留学には不安がいっぱいという方にもおすすめなのではないでしょうか!

さらにパラオは気候面でも過ごしやすいということに加えて、日本からは週に数回直行便も出ているという便利な場所でもあります。フライト時間は実に4~5時間ほど。

時差もありませんので欧米諸国への英語留学にありがちな時差ボケによる時間のロスもなく安心ですよね。

このようにパラオの観光地としての特長や歴史による特長などを見ると、英語留学には魅力的な国のひとつになり得るでしょう。

まだ英語留学としての環境は整っていない

ただ今人気のフィリピンセブ島留学と比べると、セブ島留学の場合とにかくマンツーマンレッスンを安く受けることができるという最大のメリットがある反面、パラオ留学ではパラオの物価が日本とあまり変わらないこと、そして外国人向けの語学学校がセブ島のように点在しているわけではないことを考えると学習環境がそれほど整っているとは言えないでしょう。

つまり、2014年から恐らく2015年ぐらいまでは、いくらビーチが綺麗と言えども、英語留学としてはおすすめは出来ません。(実際パラオ留学で検索してもほとんど出てこない。)ただ今後は非常に期待できる、高いポテンシャルがある国であることは間違いないです!

現状ではフィリピン留学がレッスン、食事、宿泊、この最低限必要な3つが整った留学プランを探しやすいですから英語や留学、海外旅行の初心者にとってはベストな選択肢でしょう。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。