セブ島留学|1週間目からスタートダッシュをきる

フィリピン留学と言えば韓国資本のスクールが多い中、日本人経営の語学スクールも増えてきています。
しかしそんな中で少し特異な性質をもったスクール、それがBECIです。

この語学学校はなんと日韓共同資本という形で運営されているのです。この経営方法が良いか悪いか、それは利用者の口コミ評判を見てみるとよいですね。

そもそもこのBECIという語学学校はフィリピンの首都マニラの北部に位置するバギオという街に設立されました。
バギオは実はフィリピン留学の中でも人気の地で、フィリピンでは一年を通して暑い印象がありますが、バギオは標高が高いため年中気温が20度ほどという非常に過ごしやすい気候が特長的なのです。

その上マニラやセブ島などといった人気留学先に比べて誘惑も少ないことから英語の勉強にはぴったりで、静かな環境の中で落ち着いて生活できるのもメリットでしょう。

さらにbeciは設立も早く、フィリピンの語学学校の中でも歴史ある存在です。
そしてフィリピン留学と言えば韓国人学生の多かった中、いち早く日本人留学生の受け入れを始めた語学学校でもあるのです。
気候、誘惑が少ないこと、そしてフィリピンきっての教育文化都市であるというバギオの地は日本人留学生に受け入れられやすい環境であったのかもしれませんね。

またフィリピンの語学学校と言えば宿舎も気になるところですが、beciの場合には校舎がグリーンバレーホテル&リゾートクラブハウスに併設された形に。

そのため校舎から宿舎間の移動はとても楽で、ホテル施設の一部であるプール、ジム、ボーリング、ビリヤード、バスケットコートなどが自由に使えるのも魅力のひとつなのではないでしょうか。

そんなバギオのBECIは利用者の口コミによるとまずとにかく安い、こういった評価が見られます。
しかしそれが良いか悪いかは人それぞれで、やはり他のスクールと比べるとレッスンに若干不満があったり、日韓共同資本とは言え食事は韓国料理が多いなど韓国のカラーが強いとの見方もあるようです。

とはいってもリゾート施設にはレストランも入っていますので、おいしいフィリピン料理や洋食を楽しむこともできるのですが。
それに加えてパソコンルームを自由に利用できるもののインターネットの接続状況があまり良くないことがあるとも口コミとして挙げられていますね。

ですが結局のところ価値観は人それぞれで、全体的な評価からするとコストパフォーマンスが高いと感じる人が多いようですよ。


名前:太田弓子さん
年齢:22
職業:派遣社員
通われた学校:BECI
滞在期間:2012年3月~2013年6月

フィリピン留学をしようと思った理由は何ですか?

一言でいうと息抜きです。私は高校を卒業してすぐに派遣社員として働き始めました。
長期で海外旅行に行ってみたい!という思いはずっとありましたが、単に遊びのみを目的として仕事を長期間離れることには抵抗がありました。