White Sands|プール

最近人気のフィリピン留学。比較的安い金額で留学できるので、活用する人が増えていますね。

ところで、留学するためにはエージェントが必要です。利用するエージェントを決めるために、口コミ評判を参考にしましょう。ここでは留学ウェブダイレクトの口コミ評判をご紹介しますね。

まずは留学ウェブダイレクトは一体どんな留学エージェントなのか、気になるところですよね。
留学ウェブダイレクトは株式会社ワールドブラスが運営する留学エージェントです。

http://www.ryugaku-webdirect.com/

この企業は海外留学屋研修サポートを専門に取り扱う会社で、現在はセブ島・マクタン島の語学学校を中心として、マレーシアへの英語留学という分野でも先駆者的存在であるとも言われています。
こうした分野で活躍する企業が運営する留学エージェントであるためどことなく安心感が感じられますよね。

この留学ウェブダイレクトでは一般的にある留学説明会などのようなものは開催されていないようなのですが、随時メールか電話で個別に相談できるのが便利かもしれません。
それではそんな留学ウェブダイレクトを利用された方たちの口コミ評価を見てみてくださいね。

まずはポジティブな口コミから。

「希望条件にそって、マンツーマンレッスンが含まれているコースを紹介してもらえました。事前の説明なども丁寧で、サービスには満足しています。」

「入学金がかからず、安価なのでいいですね。初めての海外で不安もありましたが、留学ウェブダイレクトなら現地緊急電話相談のサービスもついていたので安心できました。」

「留学ウェブダイレクトは知名度が高く、実績も豊富なエージェントなので、安心して利用できました。」

ネガティブな口コミも参考にしましょう。

「留学ウェブダイレクトの公式サイトで紹介されている学校を検索してみたら、すでに名称の変わっている学校や廃校となっているところがありました。」

まとめると、留学ウェブダイレクトは格安でサービスも良く、実績を積んでいると同時に、ホームページの情報が更新されないままになっていることがある、という一面もあるようです。

今は既に改善されているかもしれませんが、いずれにしても留学ウェブダイレクトは個別に相談できるという強みがありますから、「おかしい?」と思うことがあれば直接聞いて解決するのが無難でしょう。
ちなみに留学ウェブダイレクトは現地にオフィスがありますので、最新のフィリピン情報があることには間違いないですね。


エイトウィークス

今人気のフィリピン留学、経験者の方はみんさんそれぞれに目的や目標があったことでしょう。

確かに海外で学べるというチャンスですからとにかく英語がペラペラになりたい!そんな思いを持っている方が多いかもしれませんが、最近ではそのもっと向こうや将来を見据えてフィリピン留学を決意されている方も増えてきているみたいですよ。

そのうちのよい例がTOEIC。

TOEICは近年日本の企業でもこのスコアが大変重視されるようになってきましたが、世界共通の英語能力をはかる試験であり、就職やキャリアアップなどにも重要な位置を占めていることからこのために留学を選ばれる方も少なくないのです。

しかもフィリピン人はアメリカ人なみの流暢な英語を話すと言われていますが、とは言ってもネイティブではないのがポイントです。

つまり講師陣は一般的に自身もTOEICを受けて高得点をたたき出しているような人たちですから、より勉強法や攻略法のノウハウを知っている身近な存在でもあるというわけなのです。

さてそれではここで、このTOEICのスコアアップを目的としたコースを開講している語学学校ばかりを紹介しているユニークなフィリピン留学サイト、エイトウィークス(8weeks)をご紹介しましょう。

エイトウィークス(8weeks)はTOEIC留学専門のサイトですが、もちろんそれに該当する語学学校はたくさんあるわけで、このサイトでは費用別、生徒の国籍別、施設の良し悪し、また学校の規模などによってカテゴリー分けすることで非常に学校比較がしやすくなっているのが特徴的でしょう。

またさらにエイトウィークス(8weeks)ならではの特典も。
まずはシェア割といって、留学申し込み後7日以内にフェイスブックなどのソーシャルメディアやブログなどで紹介することで全体費用からいくらかの割引があるというもの。

そのほか2人以上での申込みや紹介割引など様々な特典がありますので、いろいろ駆使していきたいものですよね。

そしてさらにエイトウィークス8weeksを利用するメリットのひとつであるのが出張カウンセリング。

定期的に説明会を開いているエイトウィークス8weeksですが、忙しくて時間がない方や地方の方などを対象に無料で出張カウンセリングを行っています。

これで不安を解消させた上で気持ち良く留学することができますよね。

ちなみにこのTOEIC留学専門サイトの名称であるエイトウィークス8weeks、どうして「8」なのか気になるところですよね。

実はエイトウィークス8weeksの運営するスタッフたちはみな留学経験や何かしら英語を使った仕事をしていた経験がある、いわば英語教育や学習に対して高い意識を持った人たちの集団とのこと。

そのためTOEICのスコアアップに関して学校えらびはもちろんのこと、様々な観点から分析を行っているそうですよ。

そこでTOEICのスコアを確実にアップさせるためにも「8週間」の留学は必要であるという結論に至ったことからこの名称がついたようです。

8週間あれば約400時間の学習が可能に、そして人によっては約200点のアップが可能と見込まれていますからこの「8週間」は特別な意味を持っているようですね。

公式サイトはこちら

https://8weeks.asia/

スタートスタディー

フィリピンセブ島へ留学する2つの方法

フィリピンセブ島留学をしようと思った際にまず思いつくのが、エージェントを通した留学の仕方です。

エージェントさんは様々な語学学校を紹介していますので、サイトを見てまずはどの程度の金額なのか、どのような施設なのかを検討することが出来るでしょう。

最近特に有名なエージェントで言えば、スタートスタディ(StartStudy)でしょうか。
http://start-study.com/

セブ留学留学というと価格が欧米に比べて非常に安いことが魅力的ですが、その中でもこのスタートスタディ(StartStudy)というエージェントさんは業界最安値を売りにしています。

1週間3万円以下、1ヶ月10万円以下で授業料、寮の費用、食事代などをまかなうわけですからかなり格安でしょう。

ただこれはあくまで最低料金の価格!
よくよく見ると恐らくこれは一番安い部屋(つまりは3人部屋や4人部屋)に泊まり、マンツーマンの授業が少ない学校になってしまうのではないでしょうか。
また、韓国系の学校は様々なものをバラバラにして請求する傾向があり、テキスト代やランドリー代、水道、光熱費、トイレットペーパーなどの備品などを含めていない場合があります。

そんなわけで、結局のところ合計するとシングルであれば15万円前後じゃないかと思います。

また現在はフィリピンペソ高、円安やウォン安の関係でどの学校もかなり経営状態が苦しいはずなので、近いうちに価格が釣り上がるか(既にいくつかの学校は学費が値上がりしている)、最悪いくつかの学校が経営困難で潰れてしまうんじゃないかと思っています。

おすすめのセブ島語学学校はどこか?

スタートスタディさんで取り扱っている学校は主に韓国資本の学校です。
最大手のSMEやCebu International Academy(CIA)、USP ESLなど有名どころがありますが、この中で個人的におすすめなのは3D UNIVERSAL ACADEMY(元MTM)ですね。
僕は実際にこの学校を見学させて頂いたので学校の雰囲気やスタッフの方を知っています。

この学校は元韓国資本の学校(MTM)でしたが、2012年に日本人が買い取ったため現在は日本資本の学校に切り替わっています。
学校の場所もラホークという場所で非常にアクセスが便利であり、かつ部屋の質も悪くありません。
Wi-Fi環境はちょっとわかりませんでしたが、目の前にはJYモールというモール(そこまで大きくはありません)があり、そこにはWi-Fiが使えるカフェがいくつかありますし、モールの近くのため治安も悪くはないでしょう。

ただ、規則は韓国資本の名残があり厳しいです。

門限があったり、授業に何回も遅れると罰則があったりします。

個人的に通常の韓国系の学校はオススメ出来ませんが、ここの学校は日本人比率もそれなりに高く、スタッフも日本人がいるので安心できるでしょう。

主に学生さんにおすすめの学校ですね。
授業内容やコマ数、教師の質については実際に留学したわけではありませんのでわかりません。

厳しい規則が苦手という方や親子留学、お子さんの留学を検討されている方は、僕の通ったファーストウェルネス(FEA)やQQイングリッシュ、NILSなどの完全な日本人資本の学校が良いと思います。

安い学校というのは、大抵宿泊施設の環境や食事環境がひどいです。
男性の特に学生は問題ないかもしれませんが、恐らく社会人の女性はこれに耐えることができません。

また、お子さんの留学を考えた場合はある程度、管理側がお子さんの目の届く範囲にいる学校を選ぶのがベターです。つまりは少人数制の学校ということになります。

そういった点から見てみると、韓国系の学校ではNSLが少人数制で良い学校ですが、周りがほぼ韓国人なのが難点。
ファーストウェルネスは価格さえクリアできるようであれば、少人数制の学校なので良い学校です。
QQイングリッシュやニルスは80名レベルの学校なので少し大きすぎますが、日本人スタッフも多いため頼ることができるでしょう。(宿泊施設が別の場所なのがマイナスですが)

セブ島語学学校を選ぶ際のまとめ

スタートスタディ(Startstudy)さんのようなエージェントのほとんどは、韓国資本の学校を中心に紹介しています。
価格を最重視している方には、それらの学校を検討するのをおすすめします。

そうでないならば、ご自身でFEAやNILSやQQEnglishの公式サイトなどを見て、直接申し込みをするのが良いでしょう。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。