名前:へのへの もへじさん
年齢:26歳
職業:専業主婦
通われた学校:CIA(Cebu International Academy)
滞在期間:2013年9月~10月の2ヶ月

フィリピン留学をしようと思った理由は何ですか?

まず第一に英語を話せるようになって、いろんな国の人たちと友達になりたいと思ったからです。また、カナダやアメリカなどへの留学と比べてフィリピン留学は学費や生活費がとても安いですし、時差も1時間と少ないのでフィリピンへの留学を決めました。

その語学学校に決めた理由は?

CIAに決めた理由は、何と言ってもスパルタコースがあり1対1のクラスが多いということとセブにあるという点です。Jモールというショッピングモールが近いので、ちょっと気晴らしに外食をしたい時や生活必需品が足らなくなった時に、すぐに買い物に行けるので生活するにも便利でした。

留学前に準備していたこと&準備しておけばよかったことはありますか?

留学前に準備していたことは中学レベルの英語の文法のチェックと英語での自己紹介です。
最初にクラス分けテストがあるのですが、私は同期の中でも2人しかいなかったIntermediateクラスに入ることが出来ました。

準備しておけばよかったことは、意外にみんな土日になるとショートトリップに行くので、行きたい場所を決めておくことくらいでしょうか。

その語学学校の授業内容(カリキュラムや教師の質)はどうでしたか?

よくフィリピンはフィリピンなまりがあるのでは、と心配される方がいますが、レベルの高いクラスではフィリピン訛りはほとんどありません。
海外では色々ななまりのある英語を耳にするのでよりグローバルな耳を育てるためにもいろんな癖を耳に慣らしておいても良いと思います。

また、訛りだけでなく授業内容が気になるようであれば、運営側に話しを通すこともできますし、教師のチェンジも受け付けてくれます。

スピーキングのみの授業を受けていると会話力は伸びますが、TOEICでの飛躍的な点数向上には繋がらないと思うので、途中からTOEICコースへ編入することもおすすめです。

最もためになった授業と、為にならなかった授業は何ですか?

もっともためになった授業は1対1のクラスがやっぱり一番良いかと思います。
初めはカタコトの英語を話すのが恥ずかしいと思いがちですが、毎日狭い教室で口の筋肉が痛くなるまで英語を話さないといけない状況になるので、たどたどしくても自然と自分から英語を話そうという気持ちになります。

発音が間違っている場合は何度でもその度に指摘してもらえますし、1対1なのでわからないことがあっても思う存分先生に聞くことができます。

もっともためにならなかった授業はグループのCNNを聞く授業かな、と思います。
正しい発音が聞けるのはありがたいことですが、私の場合2ヶ月しか留学していないこともあり、とても難しかったです。

留学して半年でも全て正しくCNNを聞き取り内容を把握するのは難しいのではないでしょうか。ある程度、留学期間があり日常会話に自信がついたころにCNNクラスを受講することをおすすめします。

その語学学校の宿泊施設の質は?

私は3人部屋にステイしていました。
一つの部屋に3つのベッドと3つの机があるだけの部屋でシャワーやトイレはその3人と共同利用でしたが、フィリピンですし費用も安いので、十分かと思います。

基本的には自由時間は自習室かラウンジで過ごしますし、部屋が狭い分同室の人と早い段階で仲良くなることができるので、私は3人部屋でよかったと思っています。

また、クリーニングサービスがあるので洗濯物も無料で洗ってもらえますし、週に何度か部屋をお掃除してもらうことができるので快適です。

学校で出される食事内容はいかがでしたか?

学校を経営しているのが韓国人であり、韓国人留学生が多いので基本的に韓国料理が多いです。

そのため辛いものが多く、また韓国料理をフィリピンアレンジした料理がほとんどですので、あまり美味しいとは言えないかもしれません。

しかし、そんな料理も驚くことに次第に慣れてきます。どうしても違うものが食べたいと思えば、私の場合、学校の近くに日本食レストランもありましたし、イタリアンも韓国料理もあり、いずれのレストランも美味しく、お値段もお手頃だったので食事であまり困ったことはありません。

その語学学校の最大のメリットとデメリットは?

メリットは1対1の授業が多いこととスパルタコースを受講すれば、1日8時間は必ず英語に触れて勉強することが出来ます。

皆オープンマインドな人が多く、新入生を歓迎してくれるのですぐにたくさん友達ができるところもとっても良い点だと思います。

デメリットはこの学校に通う生徒が韓国人と日本人と台湾人しかいないので、もっといろんな国の人と出会いたいと思う場合は違う学校を検討しても良いと思います。

その他何か、通われた語学学校でエピソードがあれば教えてください。

私が留学しているたった2ヶ月の間に大地震と超大型台風の2大天災にあってしまいました。
かなり大変な体験となりましたが、そういった経験を経て友達やスタッフとの絆も強くなり、今では貴重な体験をさせてもらったと思っています。

最後にフィリピン留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

とにかく自分の心を開くことです。自分が仲良くしたいなと思えば、どこの国の人とでも、たとえまだ英語がカタコトでも仲良くなることが可能です。

そして、他国の人と仲良くすることで授業以外でも英語を話すチャンスが格段に増えるので、まずは日本人以外との友達作りは重要だと思います。

土日はショートトリップなど観光を楽しんでも良いと思いますが、その分平日の夜は夕飯後も2時間は英語の勉強をするなど自分を律しながら勉強できると翌日の授業もより楽しく受講できると思います。

フィリピン留学カテゴリーのトップはこちら

セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校一覧表はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント