俺のセブ島留学|セブシティの風景

フィリピンセブ島にある「CEBU ELSA」へ語学留学した方の体験談です。

フィリピン留学のきっかけ

私は、20歳でフィリピンにあるセブ島に留学するという貴重な経験をしてきました。二週間という、超短期間の留学でしたが、英語力はもちろん、それ以外のものも吸収して学びました。

まず、フィリピンとは名称がフィリピン共和国と言います。
時差は1時間(日本が10時なら、フィリピンは9時)です。

まず、私がフィリピンに語学留学したいと思った理由ですが、日本からのアクセスがいいのと、治安対策がしっかりしているのと、授業をマンツーマンで受けられること。

そして、費用が安いからです(笑)それに、私は英語が初心者だったので、アメリカやイギリスなどではなく、フィリピンからスタートするのがいいと学校の先生が言っていました。

語学学校を決めた理由は、友達から進められたのでしました。

おすすめの勉強方法

あ、それからこれも語学学校の先生に聞いたお話なんですが、フィリピン留学でのオススメの勉強法は、毎日英語で日記を書くこと!!

そして、それを先生に出す。この繰り返しだけでも

英語力が上がっていきます!!

私も先生の言うとおりに勉強してみたら、少しずつですが英語話せるようになりましたよ(*^^*)

準備しときたいもの!

1、参考書、これに加えて基礎英単語1500語も役にたちます!

2、不安な人は、まず日本で少しずつでいいので、英単語の基礎知識を学びましょう。

当時、20歳だった私はあまり貯金もなく、海外に留学に行くお金すら、ありませんでした。そんな時、お母さんがこう言ってくれました。〔お金はだしてあげる。まだ、若いんだからなんでもチャレンジして、失敗して、また頑張ればいいよ〕と言ってくれたので、思い切って、フィリピン留学に行こうと思いました。

でも、もちろん海外なんて行ったことがなく、不安と緊張がすごかったのですが、友達やお母さんやお父さん、家族に背中を押してもらい、やっとやる気になりました笑

出発の日はお母さんが関空まで車で送ってくれました☆

関空からマニラ経由でセブ島に向かいます。
マニラで一旦飛行機降りて、セブ島へ行く飛行機のとこに行こうとしたら、フィリピンのおっちゃんに空港使用料として300ペソ払えと言われました。詐欺が多いのはよく聞いていたので、一切お金は渡さなかったです。

みなさんもお気をつけて!!

語学学校の先生いわく、フィリピンでは受け持ちの生徒に関係なく、一定の給料がもらえる。
フィリピン人の平均給料は、8500〜9000ペソらしい。バイトの場合はだいたい、40ペソくらい。

CEBU ELSAの様子

私が通っている語学学校は〔ELSA〕という学校です。
先生達は、とてもフレンドリーでおもしろくて、優しい人ばかりで、授業もわかりやすく、丁寧で、時に笑わせてくれる、そんな人達でした!

なので、ためにならなかった授業はあらません!

全ての授業内容がためになるものです☆

セブ島生活の様子

〔ELSA〕で授業が無いのは、金曜日の午後と、土曜日と日曜日です。
その三日間を利用して、ルームメイトたちとショッピングに出かけたり、その辺をぶらぶら散歩してみたり。

セブ島に着いてからは、〔ELSA〕のほとんどの人が生活用品の買い出しに出かけます。私の部屋は、韓国人の2人の女性と私で3人で過ごしていました。

2人とも最初は言葉も違うので、お互いになれるまで苦労しましたが…。すぐに打ち解けて、仲良くなることができました☆

そして、3人でクリスマスパーティーをして、プレゼント交換、ケーキ、シャンパン。w充実していました。
それから、悪ノリでPUMPというナイトクラブに行ってきました☆笑

そして、驚いたのがなんと入場料が100ペソ(約200円)でさらにワンドリンク付き!笑
客層もほとんどが韓国人だったのも、驚きました。笑
でも、みんなで打ち解けて仲良くなって、踊って飲んで気付いたら朝方までナイトクラブにいたみたいです。笑

遊び疲れて、帰りはタクシーで帰りました。さすがにタクシーは高いだろうと思っていたのですが、これまたまさかの、100ペソ(約200円)でした!運転者さんいわく、どこ行ってもだいたい100ペソがあれば、どこでもいけるとのことです。w

〔ELSA〕が用意してくれたお部屋はとてもキレイで、ベッドやソファーなどもフカフカで、毎日お掃除もしてもらえるので快適でした☆

お料理も以外と日本食が多くて美味しかったです!!(たまに、二日連続で同じメニューのお料理もありましたが(笑))

そして次の日もまた、ルームメイトの2人とナイトクラブに行ったら、新しい日本人の子がいたので、思わず声をかけてしまいました。笑

その次の日の朝は、久しぶりの授業でちょっと緊張や不安もありましたが、新しい日本人のお友達が日本語で話してくれたので、肩の荷が下りました☆

授業が終わると、ルームメイトプラス語学学校のお友達も誘って、みーんなでカフェに行ってお喋りしたり、ショッピングしたり、そしてまたナイトクラブに行ったりで…笑

なんだか、勉強をするために来たのに毎日ほぼみんなと遊んでばっかりでした☆笑
でも、ちゃんと授業受けてるし勉強もしていました!フィリピンへの留学は快適だとは言えません。(部屋以外)

でも、だからこそ自分1人で物事を解決する機会がたくさんありました。周りの人達に助けてもらう場面も多々ありました!

ですが、それでも精神的なメンタル面では成長ができました。それは、私にとっては本当に嬉しい成長です!!
それに伴い、英語力、フィリピン語学も向上していきました☆

その当時は、まだ20歳でしたが、心に残るような、とても良い経験をしたと今でも思います。

これから、フィリピン語学留学される方のちょっとでも参考になればいいなと思ってこの記事を書きました。

フィリピン留学カテゴリーのトップはこちら

セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校一覧表はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント