Be resort|ビーチ

名前:みどりさん
年齢:30代
職業:Webデザイナー
通われた学校:Bayside English Cebu premium campus
滞在期間:2週間

元々の英語の実力と留学のきっかけ

私は洋楽ロックに興味があり、いつも英語の歌を聞いていたのですが、英語の意味も分からないし、発音等も間違ったまま覚えていました。

日本の街中で外国の方に話しかけられても、聞き取りでは何となく言いたい事が分かりますが、中学生以下の語彙力しかないため、こちらから発言する時に思った事がうまく言えませんでした。

仕事でも、Webサイトを作る時の参考になっているサイトで日本語に訳されているものはいいですが、英語の文章を理解するにはほど遠い英語力でした。

留学には憧れだけが膨らんで、いきたいとは思っていても、毎日の仕事の忙しさから留学にはほど遠い生活を送っていました。

ある時、丁度都合よく2週間お休みをいただけたので、バケーションもかねて、2週間で短期留学ができ、なおかつ一度旅行で訪れたことのあるセブ島にある学校を選びました。

私の選んだ学校はBayside English Cebuです。
値段が格安だったことが決め手ですが、より海に近い学校を…ということでPremium campusの方を選びました。

留学前の準備は前日まで仕事だったためほぼしておらず、荷物も南国だろうと夏服を詰め込んだ前日突貫で用意したようなものでした。

ただ、肌が弱いため、日焼け止めや、日本のシャンプーだけはしっかりと用意しました。
留学初日にオリエンテーションでショッピングセンターに連れて行ってくれたので、足りなかったティッシュ(街のトイレにはティッシュが無いので、持ってきた分では足りないと思った)や私の大好きなお安いフルーツ等を買いました。

授業内容

そして、いよいよ授業が開始。
マンツーマンでのレッスンは、いい意味で逃げ場が無くて、拙い英語でも何とかしてしゃべらなくてはという気持ちで、必死に単語をつなげて説明しました。

先生たちがとてもフレンドリーだったため、すぐに仲良くなれましたし、どの授業も楽しかったですが、特に気があう先生との授業は楽しくて仕方なかったです。

もう一つ、楽しかった授業は、洋楽の歌詞を聞き取りする授業。
元々洋楽が好きだったので、大好きな授業でしたが、正確に聞き取るのはとても難しく、今まで何となくで聞いていたんだなぁと再認識させられました。

学校には寮があり、授業が終わったら各部屋に戻って勉強したり、レセプションで留学生と話したりして過ごしました。

3人部屋だったので、けっこうぎゅうぎゅうでした。
ただ、普段だと絶対に知り合わない人たちと知り合えて、いろんな話が出来ました。

部屋はキチンとしているのですが、工事が甘いのか、お菓子等をちょっとこぼすとすぐアリが行列を作っていたりしました。
殺虫剤をまいたりして対処しました。留学生活後半は、もう慣れっこでしたが…。

食事内容

食事はとても良かったです。
3食きちんと出ますし、肉じゃがっぽいもの等、日本人向けに作ってくれているので、これは食べられない!というものはほとんど無かったです。

毎日海を眺めて、海の色をみて、海の音を聞きながら食べる食事。贅沢な環境でご飯をいただいていたと思います。

メリットとデメリット

この学校のメリットは「お酒が飲める」ではないでしょうか?
大人向けのキャンパスという事で年齢制限をもうけていますし、海をみて、お酒をちびちびやりながら、勉強するというのもすごく楽しい体験でした。

デメリットというと、セブの中でも一番端っこだということでしょうか?
日本で言う乗り合いタクシーの様なジプニーなどで移動するときに、街まで大分距離があります。でもジプニーの移動も楽しかったです。現地の方と少し話したりもできました。

その他の思い出

丁度卒業する週に、月一回の卒業パーティがあり、先生方が一生懸命イベントをもりあげてくれました。
先生・生徒と一緒にとてつもなく大きなピザを頼み、一緒に食べた事が思い出に残っています。

他の留学生の方々はとてもいい人たちでした。
入ったばかりの週末から、いろんな所に連れ出してくれました。
美しい景色、怖いと思っていた街中、ショッピングにもつきあってくれて、本当に今でも感謝しています。
その人達と出会えた事も、この留学で大きな宝物となりました。

私は、留学という憧れを、短期間ですが叶えることが出来ました。
英語力はというと、やはり2週間では爆発的に英語力がつく!という訳ではありませんが、少なくとも、行きはすべて片言の日本語で切り抜けてきたのですが、帰りは全部英語でやり取りして帰ってこれました。

やはり、留学という英語漬けの環境になって、毎日一日の半分以上を勉強に当てられるということは、日本ではなかった事でしたので、貴重な時間を過ごさせていただきました。

結果、2週間では全然足りなかったです!

もっともっと、セブ島にいて、英語を勉強したかったですし、まだまだ知らない所へ、自分の英語で行ってみたいです。また、もし機会があったら是非行きたい、大好きな国になりました。

フィリピン留学カテゴリーのトップはこちら

セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校一覧表はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント