フィリピンセブ島留学の魅力「近さ」

名前:芦川さん
年齢:32
職業:派遣社員
通われた学校 : AELC
滞在期間:4週間

フィリピン留学をしようと思った理由は何ですか?

カナダの専門学校に行くのでそれ前に短期で英語力を伸ばしたいと思い、フィリピン留学に決めました。

私はカナダでも語学学校に通う予定でしたが、そちらでは1:1のクラスがなく20人程のグループクラスだったため、スピーキングを伸ばすために行きました。その数年前にもセブ島の語学学校にも通った事があったので、フィリピンには特に抵抗がありませんでしたし、年中あたたかい気候というのも選んだ理由の一つです。

その語学学校に決めた理由は?

私が以前通ったセブ島の学校は殆どがフィリピン人講師でした。こちらの学校は全員がネイティブ講師という事が選んだ一番の決め手です。価格もそれほど高くなく、以前の学校の費用とほとんど変わらなかったです。

留学前に準備していたこと&準備しておけばよかったことはありますか?

準備していた事は特にありませんでした。オンラインスクールで毎日25分フリートークしていたくらいです。

スピーキングのスキルを上げようと思い行きましたが、スピーキング以前にリスニングのスキルが格段に悪いと行ってから気づきました。先生の言っている事が分からない事なんて殆どでした。もっと英語を聞いておけば良かったと思いました。

その語学学校の授業内容(カリキュラムや教師の質)はどうでしたか?

基本コースで1:1のクラスが3コマ、グループクラスが2コマ取れました。

1コマ50分です。私の担当の先生は偶然にも全員がイギリス人講師で、最初はブリティッシュアクセントに馴染めなくてコミュニケーションが取りづらかったです。

1:1のクラスではリーディング、ライティング、リスニングをそれぞれの先生が担当してくれました。授業の質はリスニングの先生以外は良かったです。

リスニングはただひたすら音声を聞かされて答えるといもので、確かにそれしか方法はないかもしれませんが、講師のやる気が全くなく、話を振るとひたすら自分の話をするといった感じでした。

男性講師はこのような傾向が多いので私は男性よりも女性の先生が良かったのですが、こちらの学校は全て男性講師でした。

グループクラスはプレゼンテーション、グラマー、発音矯正、everyday Englishの中から選べます。

最もためになった授業と、為にならなかった授業は何ですか?

最もためになったのはライティングのクラスでした。普段何気なく話していると分からない文法の間違いや前置詞の使い方などを直してくれました。

ライティングの先生は途中で変わってしまって講師主任の先生が引き継いでくれましたが、授業内容は変わりなく良かったです。

為にならなかったのはグループクラスです。こちらの学校は中級以上の方用の学校なので殆どの生徒は日常会話程度の英語が喋れます。

グループクラスはレベル分けをしないので、上級者の人たちと一緒に授業を受けなくてはいけませんでした。当然彼らのペースで授業は進んでいき、だんだん行くのが嫌になってきてしまいました。

その語学学校の宿泊施設の質は?

宿舎は校舎の向かい側にあり、わりと綺麗な建物でした。私は一人部屋に滞在していたのですが、こちらの寮は2人部屋と1人部屋しかなく、一人部屋は二人部屋を一人で使うだけでした。なので部屋の中にはベッドと机が2セットありました。シャワーとトイレ、クローゼットがついていました。

冷蔵庫は各階に2つ程あり共同で使っていました。希望者はオプションで部屋に専用冷蔵庫が置けました。

学校で出される食事内容はいかがでしたか?

韓国人の生徒が多いのでキムチがよく出たました。

食事は食べられる程度でした。何曜日か忘れましたが週に1回朝食でパンケーキが出ました。普段は朝起きれないので朝食は食べなかったですが、その日だけは朝食を食べに行っていました。

今日はちょっと違うものが食べたいなっと思った日は、学校から徒歩30秒の距離にジョリビーというフィリピン発祥のファーストフード店や学校の隣のレストランに行っていました。

その語学学校の最大のメリットとデメリットは?

最大のメリットは価格を抑えてネイティブ講師の授業が受けられるという事です。得に1:1の授業は良かったです。門限がないというのも良かったです。学校が小規模なのですぐに知り合いや友達ができます。
デメリットは学校のレベルが高いのでビギナー向きではないという点と学校の許可なしで講師と外出禁止。講師と二人きりの外出は絶対禁止。

その他何か、通われた語学学校でエピソードがあれば教えてください。

学校の周りにはセブンイレブンやレストランが数軒あるので平日でも徒歩でお出かけできちゃいます。タクシーがこの辺りにはないのでトライシクルかジプニーが交通手段です。

最寄りのモールもジプニーで10分程で行けちゃいます。都会ではないですが、生活に必要なものはだいたい手に入りますし、生活しやすかったです。

ナイトクラブ等も何軒かあるので夜遊びもできますが、小さな街なのでよく学校の生徒に出会いました。

最後にフィリピン留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

日本の便利な生活からしたら、最初は本当に色々びっくりすることが多いと思います。

環境に早く馴染んで勉強に集中できる環境を作り、外国人の友達を作る事だと思います。

フィリピン留学カテゴリーのトップはこちら

セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校一覧表はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント