フィリピン料理レストランMIO(ミオ)|俺のセブ島留学

基本事項

・お名前:山下 葵さん
・年齢:24歳
・初回受けた時の点数:480点
・最高点:910点
・主に使ったテキスト:不明(友達のお下がりを使っていたので覚えていません)

なぜTOEICで高得点を狙おうと思ったのですか?

最初は大学受験の予備校で紹介されて受けてみたんですね。
980点満点なら、まあ700点くらい行くんじゃないかと軽い気持ちで受けたんです。そしたら500点にも届かなくて…。

あとで調べたら高校生レベルでは問題ないみたいだったのですが、「問題ないレベル」にいることが悔しくてもっと上を目指そうと思いました。

当初の計画ではいつぐらいまでに、何点ぐらい取る予定でしたか?

あまりきっちりは立ててませんでした。確か、高校卒業レベルが600点くらいとも聞いたので、高校卒業までの一年でそこまであげようと思いましたが、元々受験勉強で英語が必要だったのでTOEIC用の勉強を意識してはやらなかったんですね。

高校卒業以降は最低年に1回受けるよう設定だけして、毎度前回よりは高い点がとれるように最低でも現状維持を意識して勉強してました。

1週間のうち、いつ、どのタイミングでどのぐらい勉強をしていましたか?

大学に入ってからは通学時間や他の隙間時間に自作の単語帳をやったり、Wall Street JournalのPodcastやTEDを使ってヒアリングをやったりしていました。

時間にして1日1時間〜1時間半でしょうか。とはいえ、眠い日は勉強せずに寝たりしていたのでそこまで厳密にはやっていません。

Wall Street Journalの日本語版の方には、英語学習記事(実際のニュース記事を使って英語力を磨くという主旨のもの)があったのでそれを週に1回〜2回読んだりもしました。

あとは受験の2週間前くらいになると総合問題集(友達のお下がり)をやって、試験の雰囲気になれるようにはしました。

最もやってて効果を実感した勉強方法を教えてください。

自作の単語帳ですね。先にも書いたWall Street Journal内の英語学習記事から拾ったり、ランダムに拾った記事やTEDを見ていて分からない単語があると全部書き留めていまして、それを隙間時間に復習していました。

淡々と単語帳から覚えるよりは、どういう記事や文脈で使われいたかも覚えていたので、記憶に結びつきやすかったと思います。

あまり効果がなかったものはなんですか?

洋画を字幕付で見ることでしょうか。内容によりますが、私が見た映画はカジュアルな英語が多かったのでTOEICで出てくるような英語とは違う印象を受けました。

TOEICのスコアを取った後、生活や心境の変化はありました?

正直ありません。その後、一時期留学を志したのですが、その際はTOEICではなくもっと難しいTOEFLを取らなければいけなくなりました。

色々なサイトにTOEICとTOEFLの点の簡易相互表が載っているのですが、実際初回TOEFLの点数はTOEIC900点と同等レベルといわれる点数には全然いかなかったんですね。

TOEICは聞くと読むというインプットだけなので、書く、話すまで問われるTOEFLにはあまり適用されないことが実感しました。

今後は英語をどう活かして行きたいですか?

まずは洋画や洋書を英語のままで見る、読むことですね。
どちらも翻訳を待っていると時間がかかりますから、原書で読めれば他の人よりも早くインプットできます。

また、英語で書かれているブログ等での情報収集も積極的にしていきたいと思います。できれば、そうやって収集した情報をブログか何かでアウトプットしたいと思っているのですが、まだどのような内容でやるかは検討中です。

アウトプットの観点では、今の仕事では英語を使う機会があまりありません。

なので、当面は町中で最近見かける海外からの旅行者の方が困っていらしたら臆せずに声をかけてあげたいと思います。

また、私自身も他の国を見てまわりたいのですが、行きたい国の現地語を全て勉強するのは難しいので、英語が使えれば行きやすいかなーとは思っています。

オンライン英会話に興味はありますか?その理由も教えて下さい。

TOEIC対策ではないですが、使っていたことがあります。先に述べたTOEFLの話す部分の対策のためですね。

フィリピンにいらっしゃる先生と会話するサービスだったのですが、意図的に毎回違う先生を選んで使っていたので様々なフィードバックを頂けるとともに、フィリピンについても色々知ることができて楽しかったです。

最後にこれからTOEICを勉強する方へ、つまづかないためのアドバイスをお願いします。

TOEICに限らずですが、つまづかないためにはまず自分がどこでつまづきやすいかを把握することが大事じゃないでしょうか。

私の場合は、単調に単語帳をやっているのは続かないと大学受験の時に分かったので、生きた文脈から知らない単語を拾うことに徹しました。Wall Street Journalを使うかは皆さんの興味分野次第な気もしますが、TEDは幅広い内容の動画が字幕付で見られますので、情報収集にもなるし英語を磨くのにもオススメです。

また、TOEICの中で実際に単語を書く、言うということはしませんが、単語を覚えていく時はただ単語帳を眺めるだけではなく、口に出してみる、書いてみる(できれば同時に両方する)ことでより効率よく定着するそうです。

私は、家でテレビのCM中に突然裏紙を引っ張り出してきて、CMが終わるまで5個でも10個でも口に出して読みながら書くをやってました。1回にやる単語数が少なくても繰り返していくと覚えていけるものですね。

TOEIC関連のオススメ記事

1週間でTOEICの点数を100点上げるならココ!(体験レポート)

No3 : 留学経験なしでTOEICのスコアを885点まで伸ばした勉強法

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント