army navy(セブ島ハンバーガーショップ)|外の様子

基本事項

・お名前:アキコさん
・年齢:40歳
・初回受けた時の点数:495点
・最高点:910点
・主に使ったテキスト:TOEICテスト公式問題集、TOEICテスト英文法スピードマスター、

*****

私は学生時代から英語は好きでしたが、英語の成績はあまりよいとは言えませんでした。

それでも、転職に有利になるということでTOEICの試験を受けたのですが、最初は思ったほどの点数がでなくて、がっかりしたのを覚えています。

それから5回ほど試験を受け、最終的には905点のスコアを出し、そのスコアのおかげで外資系の会社での仕事に就くことができました。

私の場合は、かなり必死にTOEICの勉強をしたので、900点を超えるスコアが出ましたが、最初の段階では500点未満から600点ぐらいに持っていくのが目標でしたので、そのときのことをご紹介したいと思います。

なぜTOEICで高得点を狙おうと思ったのですか?

最初にも少し書きましたが、転職に有利だと思ったからです。特に転職をしたいと思っている会社があったわけではありませんが、その時点で転職を考えており、転職先を広げるためにもTOEICのスコアは欲しいと思いました。

また英語は好きだったので、自分の英語力がどの程度のものか、指針になるものが欲しいというのもありました。

当初の計画ではいつぐらいまでに、何点ぐらい取る予定でしたか?

最初の試験を受けたのは社会人2年目の頃で、特にゴールというのは決めていませんでしたが、最初の試験のスコアが495点だったので、1年後に600点を超えたいとなんとなく思って勉強を続けました。

転職をするとしたら、社会人になって3-4年目と考えていたので、その頃までに600点を超えていたらと考えました。

1週間のうち、いつ、どのタイミングでどのぐらい勉強をしていましたか?

通勤に1時間ほどかかるところに住んでいたので、通勤時間にTOEICのテキストを読んで勉強をしました。あとは試験前の1ヶ月は夜自宅に帰ってからや、週末に過去問題などを集中してやりました。

あと、駅から会社まで、駅から自宅までの歩いている時間には、リスニングパートを聞いて耳を慣らしていました。

自分の性格的に、3ヵ月後にテストがあるから・・・と集中して勉強するタイプではないので、いつ試験を受けるか決めずに、毎日の日課の中に勉強を組み込んでやりました。

電車の中で1時間ずっとTOEICの勉強をしていては飽きてしまうので、15分程度勉強したら、あとは自由なことをするなど、メリハリをつけて集中してやるようにしました。

最もやってて効果を実感した勉強方法を教えてください。

これはTOEICの勉強だけも目的にしたものではないのですが、海外ドラマを字幕なしで観ることです。
自分が好きそうなドラマで、あまり難しくないもの(医学ものは単語が難しすぎて理解できません)を選び、1話ずつ観ていました。最初はなかなか理解できないのですが、そのうちに耳が英語に慣れてきて理解できる部分が増えてくるのが実感できました。

これは、アイロンがけをしているときや料理をしているときなど、画面に見入ることができないないもBGM代わりにかけて耳を慣らすために使っていました。

最近は料理番組や旅番組もあるので、そういうものは手順の説明などTOEICでもでるような英語が出てくるので、それらも有効かと思います。日本にいながらして、英語を聞く環境を作り出すというイメージでした。

あまり効果がなかったものはなんですか?

ひたすら問題を解くという勉強法です。私は集中力のある方ではなく、また文法が苦手なので、苦手な文法問題のスコアをアップさせたくて、必死に練習問題を解いてみましたが、苦手意識が強く出てしまい、続きませんでした。

その代わりに文法を解説した本を通勤時間に読み、根本から理解をする方法に切り替えました。

問題集を解いていて、あまりに間違いが多いと、やる気がどんどん無くなっていくと思うので、ひたすら問題集を解くのはおすすめしません。

TOEICのスコアを取った後、生活や心境の変化はありました?

会社によって求められているスコアは異なりますが、600点を超えると、ある程度の企業での採用基準になってくるので、自分の中で大きな自信になりました。

また、少し勉強するだけで、これだけスコアがあがるんだ!という経験をしたことで、勉強を続けて、さらなるスコアアップを目指そうという気持ちにもなりました。

最終的には700点を超えた時点で外資系化粧品会社へと転職をし、本社とのやりとりでメールを使うお仕事に就くことができました。

今後は英語をどう活かして行きたいですか?

まだ書く部分が苦手なので、ライティング力を伸ばして、自分の言葉をしっかりと英語で伝えられるようになりたいと思っています。

ビジネス文章なども書けるようになれば、仕事の幅も広がるとは思うのですが、やっぱり書くのは一番苦手です。

個人的には旅行ブログを書くのが趣味なので、そのブログを英語でも書いて、日本の魅力ある旅先を英語で発信して、外国の方にも読んでもらえたら、自分の世界が広がるのではないかと思っています。

オンライン英会話に興味はありますか?その理由も教えて下さい。

値段も手ごろだし、通学時間が無駄にならないので興味があります。
ただ、Webカメラを通した自分の顔に自信がないことと、どんな先生に出会うのかがわからないのが不安で、また試していません。

自分の中で、きっちりとした学びたいテーマなどがあれば、そのテーマを明確にした上で受けてみてもよいかと思います。

最後にこれからTOEICを勉強する方へ、つまづかないためのアドバイスをお願いします。

最初から高い目標を設定しないことだと思います。

それから、最初の試験は試験を知るためのお試しぐらいに考えて、出たスコアを気にするのはやめましょう。最初の試験の経験やその試験のスコアを参考に、どうやって点数を伸ばすか決めていきましょう。

私の場合は1回目の試験を受けてみて、以下のことが必要だと感じました。

1) 長時間のテスト中にじっと座っている集中力
2) 長時間受験会場の大学の木のイスに座っているのがつらいので、より試験に集中するために、座り心地をアップするクッション
3) リスニング問題の方が点数をあげられると感じたので、リスニング力を鍛える
4) 文法問題は苦手な文法部分を基礎から理解する

このように、自分が克服すべきテーマが決まることで、次回の試験を楽しみに勉強ができました。

2のクッションなどばかげているかと思うかもしれませんが、試験会場に行ってみると、何人か(特に女性)はクッションや、ひざ掛けを持ってきている人がいて、同じようなことを考えている人がいるんだ・・・と思いました。

そして目標ですが、いきなり100点アップなど高いアップを設定するのではなく、何回でも受験すればいいや!ぐらいに気楽に構えて、50点アップぐらいで望むといいと思います。

スコアがあがってくると、50点アップも大変になりますが、スコアが低いうちは、少しの勉強で50点ぐらいはアップするものです。自分のスコアが低いからと落ち込むのではなく、スコアが低いから、たくさんスコアをアップしやすい!とポジティブに考えましょう。

TOEICのスコアは、勉強ももちろん必要ですが、試験に慣れることでもスコアはアップするものです。3回目でなんとなく目標としたスコアが出ればいい!ぐらいの気持ちでいたほうがいいと思います。

あと、次回試験の日程は、先に決めるのではなく、自分の勉強がある程度進み、自信がついて、自分の中で「いまだ!」と感じたタイミングで受ける方がいいと思います。

自信がないのに受けてしまうと、試験中も自信がない状態ですが、「いまだ!」と思っているときは、試験に対する向き合い方が前向きで、それがスコアにも現れると、私の経験から感じています。

TOEIC関連のオススメ記事

1週間でTOEICの点数を100点上げるならココ!(体験レポート)

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント