セブ島でシーフードの名店というと、シャングリラにある海辺のレストランが最高峰なのですが、そこに匹敵するお店がこのシーフードシティです。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)は、
The Grand Convention Center of Cebu(グランドコンベンションセンター)というアヤラモールからタクシーで5分の所にある建物内にあります。

この建物自体は以前、Granmajesticというブッフェスタイルの中華料理店が入っていたのですが、建物を2013年からリノベーションし、2014年にGranmajesticのブッフェ、Tsay Chengのテーブルでの中華料理、そして今回ご紹介するシーフードシティの3つが入りました。

場所はこちら

6. 1899987_3988489887021_377155884_n

元々、イベントや結婚式で使えるためのホールが用意されているため、かなり大きな建物です。こちらが入り口。
目の前が中華料理店、右側に進むとブッフェ、左側がシーフードシティです。

isla-sugbu-seafood-city

この看板が目印!

早速、中に入りましょう。

cebu-food-restaurants-2014-summer-grandmajestic

こちらが中の様子です。かなり大人数まで対応が可能なレストランです。恐らく100名ぐらいはいけると思いますよ。

奥に進むと・・・

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

出てきましたこれ。このレストランのすごい所は、水槽が目の前にあり、ここで選んだ魚介類をその場で料理にしてくれる所です。

Isla Sugbu Seafood City|俺のセブ島留学

しかも、それなりに種類を選ぶことが出来ます。

Isla Sugbu Seafood City|俺のセブ島留学

ラプラプ・・・ではないと思いますが、この魚はとても高かった。

数分後にこの魚は水槽から消えていたんで、どこいったのかな?っと思っていたら、僕の座った後ろのテーブルにいました。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

蟹(クラブ)も数種類あり、置かれている場所によって値段がそれぞれ異なります。なお、水槽の魚介類は全てグラム単位の値段になります。

こちらのクラブは2匹オーダーしました。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

クラブ「俺を食べれるもんなら食べてみろ!」

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

多分これが、ラプラプ。セブ島ではこの魚は高級魚とされており、中華料理店ではお祝いの時などにメインとして出てきます。(注:後ろに写っているのは、ラプラプではありません。)

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

ペットボトルに入っているエビですね。エビで3種類、魚が4種類ぐらいはいるのでちょっとした水族館状態。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

食べ方ですが、スタッフの方がいくつかの調理方法をオススメしてくれますよ。自分でオーダーもできますが、食材がとても良いので、シンプルなグリルや蒸し焼きなどでほとんどOKだと思います。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

そして、このレストランの一番高い食材。それがこの「ロブスター」です!

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

かなりデカイ!

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

せっかく来たので「最高の食材を食べてみよう!」っという事になり、このロブスターをオーダー(これが後々爆弾になる 苦笑)

そういえば、ここの水槽にいる魚やロブスターについてはどれも、非常に活きが良かったです。エネルギーがあふれてて、スタッフが捕まえた時もすっごい暴れてました。

やっぱりエネルギーが高いものを食べるほうが、受け取る側もよりパワーが出るのでありがたいですね。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

ロブスターは厳しいかもしれませんが、小エビはこうやって自分ですくう事ができます。お試しあれ。

Isla Sugbu Seafood City|俺のセブ島留学

魚は水槽に入っているものだけではなく、こういったサーモンの切り身や他の魚の切り身も選ぶことができます。こちらは確かグラム売りではないはず。

Isla Sugbu Seafood City|俺のセブ島留学

野菜もたくさんありますよ。どう調理するのかは不明。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

肉類あります。バーベキュー仕様でいくつか売っていました。この中からはポークベリーを今回はオーダー。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

ちなみに、キッチンはガラス越しなので中で調理している様子を見ることが出来ます。これもこのレストランの良い所。

ショーとしての見応えがあるだけでなく、「あなたの選んだ食材は、このように目の前でちゃんと調理していますよ。」という証明もしているわけです。

マクタンにあるシーフードで有名なお店では目の前で食材を選んでも、選んだ食材ではない(古い)食材が出てくる・・・という噂もあります。まあ、真実は分かりませんが少なくともこのレストランではそういった詐欺行為はありません。
Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

オーダーしたロブスターが調理人の手で、調理されます。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

ドリンクメニューは比較的リーズナブルなお値段。

料理が運ばれてきました。。。。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

こちらはシーフードライス。プレーンライスの代わりにどうですか?っとおすすめされたので、それをオーダー。価格は下記で載せていますが、高くはないです。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

サービスも良くて、スタッフの方が取り分けてくれます。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

こちらがポークベリー。2枚頼んだ量がこちらですね。

4人で食べる分量としては十分。もし、他の料理も頼むようであれば1枚でもいいかもしれません。

味は抜群!オススメですよ。(それでもKuyaJのポークベリーには勝てない。)

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

僕が先ほど水槽で網を使ってすくっていた小エビです。美しい!

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

こちらの醤油ベースのソースにつけて食べます。これも美味しい!価格はひとすくいで300pesoぐらいでした。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

クラブが来ました。中華料理店の高級魚の調理方法ですね。蒸して醤油ベースのソース→最後にネギをてっぺんにおいて高熱の油を少し落とす。

腕の部分がかなり太いです。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

そして食べづらい!(苦笑)

とても美味しいのですが、ハサミを使っても食べづらいので、ホールスタッフの方に取り分けてもらいました。(もし食べる機会があったら、写真撮り終わったら是非頼んで、砕いてもらってください。)

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

最後にメインのロブスター!1匹でこのサイズ。2人で1匹だと量が多すぎるので4人で1匹で十分だと思いました。調理法はシンプルにグリル!

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

ほぐすとこんな感じ。これはほんとーーーに、美味しいです。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

こちらの4つのソースに付けて食べます。左下がスイートチリ、左上が醤油っぽいソース、右下がレモンバター、右上がバター(だったはず。)

どれにつけても美味しかったですが、レモンバターが別格。

Isla Sugbu Seafood City(シーフードシティ)|俺のセブ島留学

というわけで、テーブルに料理が乗るとこんな感じ。いやー、豪華な食事でした。

そして、肝心の価格!

そう、問題は価格w

御覧ください。

Isla Sugbu Seafood City-bill

4人で9143.40 peso

・・・・

・・・・

え、まじで!?w

内訳をよく見てみると、

小エビ 300peso
ポークベリー 240peso
シーフードライス 223peso
サンミゲルビール3本 200peso
・・・・
カニ2匹 2781peso

ロブスター 4251peso

重要なのでもう一度書くと、

ロブスター1匹 1万円
(オーダーしたのは最も小さいロブスター)

これ、日本じゃなくて物価の安いセブ島!という点もお忘れなく。。。

カニ2匹とロブスターで7000peso、消費税が1000pesoだったので、逆に言えばこの2つを頼まなければかなりリーズナブルになります。(1水槽に数匹しか入っていない魚(+カニ)を頼まなければ、1人500ペソ~1000ペソぐらいで収まる。)

もしこのレストランでロブスターを頼む機会がありましたら、このぐらいの価格になると予想しておいてもらえたらと思います。

ただ!

価格に見合う味とサービスはありますので、期待は裏切らないと思います。予算が合うのであれば、シーフード系では最もオススメできるレストランの一つだと思いました。

もちろん星5つです。

最後に動画で様子をご紹介。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

2 コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。