フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

CEGA(セガ)は「DMEメソッド(カランメソッド系)」と「大学付属の語学学校」という特色を活かした、日本資本の英語学校です。

基本はDMEメソッドを含んだマンツーマンの授業を受けつつ、週に6時間大学で授業を受けることが可能となっています。以下で詳しくご紹介します。

CEGA(セガ)の場所について

まずは場所の把握から・・

オスメニャサークル(フォンテサークル)を少し下ったところにあります。
別の言い方をすると、クラウンリージェンシーホテルまで車で5分、アヤラモールまでは最近に交通状況を考えるとタクシーで15分といったところでしょうか。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

CEGAがある場所は通りに面しており、比較的交通量も多い場所なため安全です。ただ、セブ島はどこでもそうですが、夜はタクシーを使いましょう。

CEGA(セガ)の授業施設とシステムの紹介

セガの授業システムは以下です。

・4時間コース(マンツー2時間+グループ2時間)
・4時間コース(マンツー4時間)

・6時間コース(マンツー4時間+グループ2時間)
・6時間コース(マンツー6時間)

・8時間コース(マンツー6時間+グループ2時間)
・8時間コース(マンツー8時間)

コレに加えて、週に6時間の大学授業を受けることができますよ。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらから中の様子をご紹介。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらがメインオフィス

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

授業は個室型で、授業を受ける際はブースに入ります。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

授業の様子はこんな感じ。こちらの先生が持っているのがCEGAのオリジナルカリキュラムでもある「DMEメソッド」用のテキスト。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらのテキストです。

ところでDMEメソッドとは?

DMEメソッドはカランメソッドと似ている部分が多いです。まずカランメソッドとは何かというと、、、、

一言で言うと「短いセンテンスを先生が質問し、生徒が瞬時に答える」練習法です。

できるだけ早いテンポで行うことで、日本語で考える時間を与えないように工夫されたメソッドです。文章は最初は「Is this a pen?→Yes,it is.」というところからスタートし、次第に難しくなっていきます。

瞬間英作文を2人でトレーニングするやり方に似ているかもしれません。DMEメソッドはそのカランメソッドを改善した英語学習法なんですね。

カランメソッドとDMEメソッド、どっちが良いの?

カランメソッドとDMEメソッド、どっちが良いの?
CEGAの共同代表「小仲」さんにお聞きしたところ、以下のお答えを頂きました。

基本的にカランメソッドとDMEメソッドは教授法としてはほぼ同じものですが、異なる点が多々あります。

DMEメソッドがカランを含め他のダイレクトメソッドと決定的に違うのは、一般的なダイレクトメソッドの長所を受け継ぎながら、不足とされていたグラマー部分が強化されている為、初級者にも理解しやすく、総合英語教材として使用可能なことです。

また、1方向のみの「先生による質問」→「生徒による答え」という単調な繰り返しだけでなく、生徒側からも質問を投げかけられることや、自分で考えて自分の文章で自由に回答できる項目も多用されいます。

そのため、英語に反射的に反応する英語脳をつくることに加え、反射的に英文を作り出す英文脳も養えるようになっているんですね。

これによりテキストの枠だけにしばられず、答えを自分自身で探しクリエイティブな回答をすることで、より想像力をかき立てる自由な学習スタイルとなっています。

そして

カランとDMEどちらがいいかは一概に言うことは難しいです。

「DMEは頻回に見直され3年ごとにニューエディションにアップデートされているから良い」とも必ずしも言いきれないですが、カランは早い段階のステージ1の途中から急激に文書が長く難易度が高くなり、特にビギナーの方は1冊目の途中で早くも挫折してしまうことがよくあります。

その点、DMEの難易度はカランよりなだらかに上がっていくため、良いペースで挫折することなく向上心を維持しながら上達できる傾向にあります。

一番重要なのは先生の技量です。生徒がいかにスムーズに発語できるか、うまくモチベーションを上げて引き出せるかが大切になります。

どちらも非常にシンプルなメソッドなので、下手な先生がやると非常に退屈で、苦行のような授業となってしまいます。

ですのでカラン、DMEともポイントとなるのは、そのメソッドをうまくこなせるよう、先生がしっかりトレーニングされているか、またその先生が持っている教えるセンスが大きいです。

CEGAは幸いなことに少人数制の学校ですので、私も監修しながらしっかりとトレーニングを積んでいる先生が皆さんの対応をしますので、その点はご安心ください。

なるほど!確かに僕自身もカランメソッドを行った時は、先生によっては辛いなぁ~っと思った時もあったため、この点が改善されているのは素晴らしいですね。

なお、オンライン英会話でDMEメソッドを行っているところもいくつかありますので、事前にDMEメソッドを知りたい方は、そこで体験してみても良いかもしれません。(こちらのイングリッシュベルなど)

続いて・・・

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらはグループクラスの様子

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

セガの先生たちの服装です。
先生たちの服装は月曜日と木曜日用のフォーマルユニフォーム、火曜日と金曜日用のフォーマルユニフォーム、水曜日は派手な服(この写真のアロハシャツ)かI LOVE CEGA Tシャツ、もしくは私服の日としているそうですよ。(毎日この派手な服を着ているわけではありません 笑)

なお、セガの授業内容はDMEメソッド以外にももちろんあり、「英文法、日常会話、リスニング、ライティング、発音、ボキャブラリー・・・etc」などなど他の学校と同様に一般的な授業カリキュラムがあります。

詳しくは下記の公式サイトを御覧ください。

大学での授業の様子

そして、CEGA(セガ)のもう一つの売りが「大学内の授業体験」です。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらが入り口

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらが受業の様子です。大学の授業なのでそれなりの人数がいる教室で行います。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

図書館、自習室もあります。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

週3回、6時間なので中々難しいかもしれませんが、ちょっとしたきっかけがあれば、現地の学生と仲良くなれるかもしれません(自分次第!)

CEGA(セガ)の宿泊施設

宿泊施設は語学学校から歩いて3分のところにある、ペンションハウスです。(第一寮)

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

ロビーラウンジではWi-Fiを使うことができます。

Wi-Fi環境も重要だと思いましたので、CEGAスタッフの方にお伺いしました。

現時点でのWIFI環境ですが、学校では教室内ではどこもつながります。

宿舎内ですが、第一寮は現在回線の数とルーターを増設したので、すべてのお部屋まで届くようになりました。第二寮も、各部屋ごとにパスワード設定しており、すべてのお部屋で使用可能です。

ただし、セブ全土にいえることですが、回線供給会社のコンディションなどに左右され、たまに回線が途切れることが起こり得る事はご了承ください。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらが第一寮の一人部屋。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

レストラン内でもWi-Fiは使用可能です。

アメニティについてもお伺いしました。

第一寮の部屋の設備は温水シャワー、トイレはトイレットペーパーがついています。あとバスタオルと石鹸がついています。

その他シャンプー、ドライヤーなどは生徒様のほうでご用意ください。ドライヤーは日本から持ってきても、220ボルト対応になっていない場合が多いかと思いますのでこちらに来てから購入されたら良いかと思います。安いもので100ペソから売っています。

その他、エアコン、ケーブルテレビが各部屋にあります。CNNなどの英語チャンネルはもちろん、NHKも入ります。冷蔵庫は各部屋にはありません。共用冷蔵庫を屋上に設置しております。

テレビでNHKが入るのはすごいですね。ペンションハウスは宿泊客を持てなす宿です。そのため、基本的にはホテルに近いサービスがあります。

CEGA(セガ)の食事内容

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらがCEGA(セガ)の食事内容です。ご飯、スープ、メインが2品、そしてデザートがついてきます。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

食事内容別の写真。こちらはマンゴーがついてきてますね。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こういった屋根付きの屋外で食事することも可能です。

なお、CEGA(セガ)は上記の第一寮だけでなく、第二寮もあります。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらはコンドミニアム型なので非常に綺麗です!

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

こちらの施設は学校と学校から少し離れた場所にあります。近道を通って徒歩約4分。
ただこの近道は夜7時に閉まってしまうので、夜遅く学校方面から移動する場合は少し遠回りで6分くらいかかるそうです。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

部屋もホテルクラスの内装になっています。なお、価格は第一寮とは別のため公式サイトにてご確認ください。

ラモス(第二寮)での宿泊の場合、朝食はラモス3階のレストランでたいていビュッフェスタイルです。昼食、夕食は第一寮でとる形になるそうです。第一寮から第二寮までの距離は歩いて7分くらい。

フィリピン・セブ島留学CEGA(セガ)

休日は先生たちと出かけることも。

その他、CEGA(セガ)のちょっと細かい情報

  • 大学出口の隣にはベーカリーショップやセブンイレブンあり。
  • 一番近いロビンソンモールまでタクシーで5分。
  • マンゴーストリートまでタクシーで5分。
  • チョンワホスピタル(セブ市内で一番大きい病院)までタクシーで5分。
  • Wi-Fiが確実に取れるのはタクシーで5分のクラウンリージェンシー内の2階レストラン

留学費や体験談などの詳しい情報はこちらの公式サイトを御覧ください。

おすすめ関連記事

↓CEGA(セガ)の代表:小仲」さんの寄稿記事↓

誰でも留学できる時代の幕開けの一助に!~CEGAを設立した動機と狙い~

CEGA(セガ)周辺には何があるの?今話題のあのココナッツオイルもご紹介!

ただ漫然と英会話しているだけでは伸びない!CEGAのDMEメソッドで短期間でも上達を実感!

フィリピン・セブ島の語学学校一覧表はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。