(写真は近藤あやさんのオフィシャルブログから)

英語が国際的な共通言語となりつつある現在、ビジネスにおいても英語を話せることは重要な武器となります。
ビジネストップの方はもちろん、大手企業のビジネスマンや、一般の方々、最近では、芸能人の方の中にも積極的に語学に取り組もうとしている人が急激に増えていますよね。

今回、テレビでも活躍中のモデルさんが、突然、フィリピンに語学留学に旅立ったニュースを目にしたので、改めてフィリピン留学の魅力について考えてみたいと思います。

「行ってくるね!フィリピン!」突然、そんなブログを更新したのは・・・

そんなブログを更新して、12/7に日本をあとにしたのはフジテレビ系「テラスハウス」の元レギュラーメンバーでモデルの近藤あやさんです。

テラスハウスという番組は、複数の男女が一つ屋根の下、台本がない状態で共同生活をするリアリティ番組で、毎週金曜日(途中から月曜日に変更)の深夜23:00から30分間放送され、深夜にもかかわらず視聴率10%程度を誇る人気番組、これを見習いルームシェアする若者も増えています。

近藤あやさんは2013年4月~7月まで「テラスハウス」に出演後、雑誌の連載やTwitterなどでも活躍する若者のファッションリーダーで、実はフィリピンと日本のハーフなんです。ところが近藤あやさんは英語が全く話せないそうで、今回、思い切って第二の母国であるフィリピンに語学留学を決めたようです。

http://mdpr.jp/news/detail/1452431
(modelpress/モデルプレスより)

近藤さんは、普段からいろんな物事を直感で決めることが多いそうです。直感で感じて、すぐに実行できるのもフィリピンならではの利点なんでしょうね!

芸能人も語学留学するの?

今回の近藤あやさんの場合、テラスハウスの番組出演も終了しており時間的な余裕もあると言うことですが、芸能人の中には忙しいスケジュールの合間を見計らって、フィリピン留学をし、現在もその英語を仕事に活かしている方がいます。

俳優の保坂尚輝さんもその一人です。
子供の頃から海外での撮影を経験してきた保坂尚輝さん、売れっ子俳優さんになってから、自らの語学力を磨き台詞に活かすため1ヶ月間の留学をこなし、卒業後ももう一度、留学する事を現地の先生方に誓って帰ってきたそうです。

また、今やテレビでみない日はないほどの人気となった実業家でコメンテイターの勝間和代さんも勝間塾のメンバーたちに子供も含めて20人で1週間の留学を経験しています。
勝間さんと言えば語学も堪能なのかと思っていましたかがこうして努力して仕事にプラスの力を付けているんですね。

勝間さんはフィリピン留学について、短期間の集中授業と費用の安さに驚いたことをコメントしていました。(ちなみにファーストウェルネス(FEA)には現在、あの勝間さんの授業を担当した講師がいる。)

フィリピン留学ってどんな魅力があるの?

最近では多くの日本人が活用し、芸能人や会社経営者のような時間に余裕の無い方でも、気軽に行くことのできるフィリピンの語学留学、一体、どんな魅力を持っているのでしょうか?

まずは、勝間さんもコメントしているとおり、1週間の短期留学でもマンツーマン授業をたくさん出来る点と、旅費、滞在費を含めても格安な点が強みでしょう。中には3食昼寝付きのところもあります。

簡単にそんなフィリピン留学の魅力、メリットを簡単にまとめてみました。

・マンツーマンが多い

欧米留学に比べてマンツーマンレッスンが圧倒的に多いです。1日6時間は当たり前で、8時間~10時間もやろうと思えばできます。短期でガッツリ詰め込みたい方におすすめですね。

・費用が安い。

入学金、授業料などの合計は他国での留学に比べると3割ほど安い上に、渡航費や生活費考慮するとかなりの差が出ます。

・短期間のプランがある。

1週間の短期間プランなどでもマンツーマンレッスンにより、効果的に学べ、さらに日本からだと4時間ほど到着するので移動時間も少なくて済みます。

・物価が安い。

物価は日本の1/5、人件費になると1/10程度と考えられます。そのため、滞在生活費が圧倒的に安くすみます。

・安全性が高い

一部、治安の悪い地区はあるとは聞きますが、留学校は安全な地域にあり、さらに留学生学校の敷地内ですべて生活できるため安全です。中でもセブ島は旅行者が多くおすすめ。

・英語を話す人が多い。

7,000以上の島からなる国家で、島により言葉はさまざまだが母国語として英語で統一され、小・中・高・大学はいずれも英語で学ぶためほとんどの国民が英語を話します。ただし、日常使う言語は英語ではなくタガログ語やセブ語です。(英語はほとんどの人に通じる)

・ピザ手続きが簡単である。

アメリカなどに比べピザをとるのが簡単で、入国時に無料で取得できます。(30日以内、30日を越える場合は学校で手続きをしてくれます。)

このように、準備に時間をかけず手軽に行ける。さらには、英語圏の国、多少のなまりは有るとも聞きますが、即、実用できる英語力が身に付くのはフィリピンが最有力ではないでしょうか?

学生の方は、今後の社会での生活のために。社会人の方は一層のスキルアップに。退職後の方も娯楽に海外旅行を楽しむ気分で、フィリピン語学留学を考えることは、必ずプラスになると言えるでしょう。

あ、そうそう最後に、近藤あやさんのブログを読んでも、どの語学学校に留学しているのか書いていませんが、恐らくあの学校だと思います!(写真の場所と食事プレートで分かったw)

当サイトでも紹介しているあの学校です。近日中に公開するんでしょうかね。。。

近藤あやさんのオフィシャルブログはこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。