ファーストウェルネス(FEA)マネージャー松本由人のブログ

No.48 2014/12/22
みなさんこんにちは。語学学校FEAの日本人スタッフの松本です。毎度「俺のセブ島留学」をご覧いただきまして、ありがとうございます。

▶前回の記事:No47 フィリピン留学の語学学校のスタッフってどんな仕事してるの?例えば僕はこんな事を・・・

先週もまたお休みをいただきました・・・。いつも楽しみにして頂いている方がいらっしゃいましたらすいませんでした!(汗)

クリスマスパーティー

さて、今週は色々とお伝えしたいことがありますが、まずはこちらから。先週末の金曜日と土曜日の二日連続でクリスマスパーティーを開催しました!

3ヶ月間の留学+2年の語学学校スタッフをやってみて感じたフィリピンセブ島のあれこれ

ご家族で来られていた生徒さまもおりましたので、お子様方が可愛らしいダンスを披露してくれました!!

3ヶ月間の留学+2年の語学学校スタッフをやってみて感じたフィリピンセブ島のあれこれ

生徒さまも講師たちに交じってクリスマス大プレゼント交換会もやりました!

待ちに待った今年最後の大イベントが終わると、続いては来月のシヌログ祭りですね!フィリピンでは年の半分ぐらいお祭りが続いているような感じがしますw(ちなみにクリスマスの準備は9月から始まっていました)

フィリピン航空の新路線

もうひとつお知らせしたい出来事は、先週末のフィリピン航空の新路線就航ですね!

先日の12月19日、関西国際空港からの新しく就航された(昔あったのかな?)セブへの直行便を利用されて来られた生徒さまをお迎えに行きました。

到着時間も19時30分と早くも遅くもなく良い時間帯のフライトだと思います。翌日12月20日も中部国際空港からもセブへの直行便が新たに就航されました。こちらも同じく19時30分にセブに到着します。

3ヶ月間の留学+2年の語学学校スタッフをやってみて感じたフィリピンセブ島のあれこれ

この直行便効果で、来年セブへ来られる旅行者と留学生の数は最近の円安も関係なく倍の数になるのでは・・・

マニラ、香港、韓国で一度乗り換えてじゃないとセブに来れなかった地域の方々には、凄く便利になったのではないかと思います。特にここ最近マニラからセブに向かうフィリピン航空の国内線のフライトが毎回1、2時間遅れたり、欠航になったりしているのでなるべくマニラを経由しないでセブに来ていただくことをオススメしますw

なので今後は福岡と北海道辺りからも直行便が就航されたら完璧ですね。期待しましょう!

さて、前置きはこれくらいにしておいて・・・

フィリピンセブ島のあれこれ

今回の記事は「フィリピンの生活と日本の生活の異なった部分」を何点かご紹介したいと思います。

留学とは少し違った内容になるかもしれませんが、実際に始めてセブに来た時にこのような色々な衝撃を受ける事が多いと思うので、少し自分で体験した事をお伝えしたいと思います。

これは、自分自身が感じた内容となっていますので、フィリピンの人たちに対する文句やバカにしているように見えたらすみません。

フィリピンと日本との文化の違いはメチャクチャありますよ、ということをお伝えしたいと思います。

1.時間(フィリピンタイム)について

上記にも書きましたが飛行機の時間が遅れたり、いい加減なスケジュールで予定通り上手く動けないなどは日常茶飯事です。

時間通りに来る日本の電車やバスみたいにキチっとしていません。語学学校のレッスン時間の遅刻に関しては、ペナルティを与え常に厳しく指導をしておりますのでご心配なく。暖かい国の人たちはスローペースだとよく聞きますが、まさにソレを感じることが出来ます。

フィリピンでは普通なので、イライラしてあげないでくださいねw時にはそのゆっくりな生活があなたの緊張をほぐしてくれるでしょう!(無理矢理w)

2.フィリピンのコンビニ事情

セブではセブンイレブンが2年前から急激なペースで出来上がっています。

セブンの他にミニストップが少しだけセブでは展開をしています。
日本のコンビニエンスストアとはマニュアルや規則がちょっと違うんだと思っているのですが、フィリピンのコンビニはレジのスピードが半端なく遅いです。

その理由が「お釣り」が関係しているのだと思います。スーパーでもたまにあるのですが、フィリピンでは店員さんが逆に「小銭持ってる?」とか聞いてくるのが当たり前です。

大きなお札で支払いしようとしてお釣りがないので物を購入出来ない、といったパターンはよく見る光景ですので、日ごろ細かいお金を作っておいたほうがいいのかもしれません。

3.フィリピンのトイレ事情

基本的に公共のトイレではペーパーが設置されていません。

自分が困ったときはいつも綺麗なトイレのスターバックスへダッシュしていました。なのでいつもティッシュかトイレットペーパーは携帯しておかないとマズいかもしれません。

もうひとつ、ペーパーを使用したあとは便器に流さず設置してあるゴミ箱に捨てるのがこちらでのスタイルです。それは水圧の関係ですぐに詰まってしまうからです。もちろんそのまま水に流せるトイレもたまにあります。

4.フィリピンの水道水は硬水

フィリピンの水道水は飲めません。日本の水道とは違い水質がほとんど硬水の為、シャワーの後の髪の毛が思ったよりもギシギシになっちゃうこともあります。

ホテルや建物によっては浄水して各部屋の水道に流している建物もありますが、安いホテルなどは・・・。わかりませんね。

あとシャワーですが、日本と比べて水圧が弱い、温度が低いことがごく稀にあります。

フィリピンでは普通のことなのですが、「ちょっとそれは無理!」という方は割りと値段の高いホテルなどを選んでもらわないと生活にストレスを感じるかなと思います。

5.フィリピンのレストラン事情

日本のファーストフード店やカフェなどはセルフでゴミを片付けたり、お皿やトレーを返却カウンターに持って行ったりするレストランは多いですよね?

それとは全く逆でフィリピンでは食べ終わったらそのままほったらかしで立ち去るのが普通なんです。

どうやらテーブルを片付けて掃除する専用スタッフがどこのレストランにも居るみたいです。それとフィリピンのレストランで食事をした際によく感じたことが、オーダーの間違いと会計を2回も3回もお願いしないといけないことです。

レストランにもよりますが、オーダーした物と全然違った商品が出てきたり、頼んでいないのに会計に計上されていたりという事が何度かありました。

あと会計をお願いしても全然来ない時、食事が済んでいるのにずっと店内に待たされているという事が何回かあったので、ある程度注文が終わって商品が出てきたら、先に会計を済ませておいた方がスムーズに退店出来るかと思います。

ここ最近日本人観光客や留学生が増えているせいか、日本食レストランも増えてきています。やっぱり日本食レストランはマニュアルが日本人向けなので、上記の件はキッチリ指導をされていると感じます。

これ以外にもまだ色々とあるのですが、直接現地に来ていただいて実際に感じてもらえたらと思います。日本の文化と比べてプラスの部分もマイナスの部分もあるフィリピン。きっとそんな環境も楽しく感じられるのでは?と思っています。

そんなこんなを行っている間に2年以上もセブに居ますからねw私は毎年少しずつ変化のある、こんなセブが大好きです^^

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
次回の記事もお楽しみに~!

FEA Japanese Manager
Yuto Matsumoto

▶続きはこちら:No49 新年のご挨拶と今年の一大イベント、新規OPENの新セブプレミアム校の最新情報について


ファーストウェルネス(FEA)についてのお得な情報

当サイト限定キャンペーンの適応

ファーストウェルネス(FEA)へお申込みされる方は、当サイトの名前「俺のセブ島留学」を見たと、お問い合せ時にご記載いただくと特典あり!

宜しければご活用ください。

↓ファーストウェルネス公式サイト↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

FEAプレミアム校の元マネージャー

7年間佐川急便のセールスドライバーを勤め、退職後に友人とアメリカ横断の旅に出かけた事がきっかけで英語の勉強を始める。

2012年7月~10月の12週間、ファーストウェルネス(FEA)に留学。その後はFEAの日本人スタッフの1人として採用され、その後マネージャーへ。

俺セブ管理人と留学時の同期。

松本由人氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。