FirstenglishAcademy(ファーストイングリッシュアカデミー)セブ島留学 本多正治

▶前回の記事:No33 フィリピン留学の効率的な勉強の仕方!結果を出す留学をしよう!

朝からハイテンションっ!!!
フィリピンのタクシー事情|俺のセブ島留学

タクシードライバーが読んでた本。「BEYOND IMAGINATION」

意味は「想像以上のもの」って感じかな?
いろんな美しい景色などなど。

僕が「何で読んでるの?」って聞くと・・・

「勉強だよ。英語をもっともっと向上させたいからね。」っと。

その心意気がいいよね。
英語を勉強して、お客様に英語でいろんな説明ができるようにしたいんだって。

日本でも同じだけど、ここフィリピンでも本当にいろんなドライバーがいる。

先日、タクシーに乗っていたら、途中でガス欠になった。

フィリピンのタクシー事情|俺のセブ島留学

たまたまガソリンスタンドが近くにあったから本当にラッキーで良かったけど、もし無かったら押していかないといけないところだった。

フィリピンのタクシー事情|俺のセブ島留学

ガス欠になって、ガソリンスタンドに行く。
完全、ガス欠なのに、たった5.5リッターしか入れない~!!!

どういうことだ?

リッター6キロとしても、30キロちょっとしか走らないんだよ?

聞いたみたら、こんな感じ。

「ガソリン自体が重たいから燃費を悪くする。だからこまめに入れておくほうがいいみたい。」

なるほど~!

さて、ここでフィリピンのタクシー事情について説明しますね。

フィリピンのタクシーに乗るときの心構え!

1,メーターを必ず確認をしましょう

(1ペソ2.65円くらい)

初乗り40ペソからです。
たまにメーターを入れ忘れている人もいる。

意図的にメーターを入れない人もいます。ただ、それは、ごくごくたまにです。

マニラはたまにではなく、しょっちゅう、メーターを入れないドライバーと出会う。

「メーター入れなよ」って言うと、「500ペソ」とかって冗談みたいなことを言う。

「No! No! No! I am living here. Don’t cheat me.」
とか言って必ずメーターを入れてもらいます。

メーターを必ず確認して乗りましょう。

2,小銭を用意しておきましょう

まず、大きなお金ではお釣りはくれません。
例えば150ペソの料金だとして、1000ペソや500ペソは使えません。

何故なら、お釣りは期待できないからです。

料金が180ペソで200ペソ渡した場合、20ペソのお釣りすら、返してきません。

僕は小銭のペソを↓こんな風に持ってます。

フィリピンのタクシー事情|俺のセブ島留学

小銭をジャラジャラと一つの袋に入れてます。

スーパーマーケットとかコンビニとかでは、出来るだけ大きなお金を出します。

例え、お会計が50ペソでも1000ペソを出します。小銭が生まれるからね。

そして、小銭をたくさん持っておき、タクシーやジプニーで使います。

フィリピンのタクシー事情|俺のセブ島留学

↑下から1ペソ、5ペソ、10ペソ、20ペソ、50ペソ
(1ペソ2.65円くらい)

これらは一式、しっかりと持っておいた方がいいですね。
タクシードライバーはお釣りがあっても、ないって言っておつりをくれない時があるからね。

3,タクシーに乗る前に写真を撮りましょう。

これをしておくと、忘れ物をした時にも、とっても便利です。
こんな感じ↓

フィリピンのタクシー事情|俺のセブ島留学
こんな感じで会社名と、車番が分かれば大丈夫です。この情報があれば、後で何とでもなります。

基本的に、身の危険になるようなことは、ほとんどありません。
だけど、念の為に、タクシーに乗る際には写真を撮る習慣をつけておくといいですね。

4,遠いところは追加料金を請求されます。

学校のあるところがマクタン。街のガヤガヤしているところがセブ・シティ。

マクタンからセブシティに行く際は、追加料金ってあまり取られません。

反対にセブシティ→マクタンに行く場合、たまにAdditionalっていう追加料金を請求される場合があります。

「No customer. I cannot catch a customer.That’s why additional, 50 pesos.」

遠くて、そこに行ってもお客さんが捕まえられないから、50ペソを頂戴ね~っていう意味です。

(1ペソ2.65円くらい)100ペソとか言われるけど、だいたいは50ペソで大丈夫。

50ペソくらいは払って上げてもいいかも。

また、学校でタクシーを呼んだりする場合、ホテルで外部からタクシーを呼ぶ場合などなど、100ペソの追加料金が必要になってくる場合があります。

その際は遠いからといって追加の50ペソは取られないですね。

5,タクシードライバーとの会話を楽しむ

フィリピン人は基本的にみんな陽気な人ばかりです。
こっちからどんどん話しかけてみましょうね。

「子どもいるの?」
「奥さんはどんな人?」
「ビール好き?」
「日本は好き?」
「英語、上手だねー。どこで習ったの?」

などなど。

特にファミリーの話はとても喜びますよ~。

タクシードライバーと一緒になって、せっかく覚えた英語を使いまくってくださいね。

あなたのフィリピン留学成功を応援しています。

First English global College
代表 本多 正治

▶続きはこちら:No35 2015年も大いなる飛躍の年!新年のご挨拶~ファーストイングリッシュの過去&これから~


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。