俺のセブ島留学

明けましあておめでとうございます。

俺のセブ島留学、管理人の斉藤です。

1月の山梨は寒いです。
僕は山梨県出身なので正月は大抵山梨にいるのですが、盆地のためか夏は暑く、冬は寒い。とりあえず、こたつに入りながらこの記事を書いています。

今年の目標は!!!

・・・・

新年は目標を立てるのが一般的かもしれませんが、僕の場合は目標自体を忘れてしまう事が多いので・・・・

今年はやめようと思います(苦笑)。

目標ではありませんが、今後のイメージしている当サイトの展開について少しつぶやきを。。。。

当サイトは2013年5月にスタートしてから約1年半たちました。

おかげ様で1年前よりも見て頂ける方が、増えてきており当サイトの半分以上の方は2回以上見ていただいているようです。(確か以前取ったデータだと10%~15%ぐらいがフィリピンからのアクセスだったと思います。)

本当にありがとうございます。

当初は僕一人で書いていた記事でしたが、次第に松本さんや本多さんなど語学学校関係の方、澤田講師や愛場講師、今はTOEIC高得点者の体験談や留学における失敗談などのコーナーにより、当初よりも大分幅が広がりました。

幅を広げた理由は留学前や留学中だけでなく、留学後もサポートがしたかったからです。

ただ改めて考えると、僕が本当に一番最初にこのサイトを作った動機は

「英語が伝わる楽しさを、フィリピン留学でより多くの方に体験してもらいたい。」

と、思ったからなんですね。

何か色々自分の頭の中が複雑化してきたのですっかり忘れていましたが、もともとのコンセプトはこれです!
なので、今年はもう少し原点に立ち返り「セブ+留学」を中心にしようと思っています。

実はそういうふうに考えさせられた出来事が、最近ありました。

2013年に僕の勧めで、知人は3ヶ月間FEAへ留学しました。(8月から10月末ぐらいまででしたでしょうかねー。)

当時は土日も授業を入れてめちゃめちゃ頑張ってたんですね。
んで、現地でそれなりに会話できるようになったにも関わらず、その後に日本に帰国してからはモチベーションガタ落ちで一切英語を使わない生活に舞い戻り、、、、

僕がオンライン英会話を進めても全くやる気なしw

しかしながらつい先日、妙なことでアメリカに住んでいる彼の友人が、奥さん(外国人)を連れて日本に帰国。そして、僕の知人は彼らと一緒に飲むことになったそうです。

会話は日本語ではなく、英語必須。

1年ぶりの英会話でめちゃめちゃ緊張していたそうですが、その日の夜に彼に「どうだった?」っと恐る恐る結果を聞いたところ・・・

「いやー、楽しすぎてこの時間(深夜)!4回大爆笑とったわー、悪く無い数字やろ?」

っと。

留学してた時の英会話の楽しさを思い出したようで、、、、

「英会話っていいなw」「マジで留学の経験が活きとる!留学しといてよかったわー。」

っとも。

この話を聞いて「あ~それだ!自分も同じような体験をして、本当にそう思った!」、「だから同じような体験してくれる方が、もっと増えてほしい。」、「僕はそのためにサイトを作ったんだ!」って改めて思ったんですよねー。

「TOEICで点数を取ったり、ビジネス英会話を学び、就活や転職、海外転勤に成功させる。」というのもフィリピン留学の一つの大きなテーマですが、僕のサイトではそういうノウハウが中心になってはいけないな・・・っとサイトの方向性を考え直すきっかけになりました。

というわけで、2015年は今まで以上に「英語が伝わる楽しさ」を「セブ島留学」という留学スタイルを通じて、皆さんにお届けしたいと思います。(もちろん、サブコンテンツも引き続き更新していきますが)

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

junsaito.jpg

PS.上記の知人ですが・・・こちらのページで体験談を書いてくれた方です。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。