高校生の短期留学に、なぜフィリピンセブ島がおすすめなのか?
こちらの記事は、2012年に私の知人でカナダ留学を経験した方に、インタビューをしてまとめ上げたものです。
彼女はカナダへ留学後、専門学校を経て外資系の仕事につきました。

人によってはセブ島留学の次のステップとして欧米への留学があるかもしれません。
セブ島留学とは異なりますが、是非、ご参考にしてください。

ラテン系のノリにビックリ!

カナダと言えば人口の約半分が移民で、世界的にも有名な多民族国家です。

その中でも、最大の都市であるトロントは、人種のるつぼと言われています。
街を歩いていても、インド、中国、ヨーロッパ、中東など様々な人種を見ることができます。

一説によると、カナダの人口のうち移民が占める割合というのは世界の人口比率の縮図になるそうです。

語学学校も同じです。
日本人が多いかと思いきや、7-8人のクラスに日本人は1人か2人ほど。
他は、南米系やヨーロッパ、韓国出身の方が多かったです。

中でも南米系の方々が非常に多く、存在感がありましたのでクラスの雰囲気やラテン系になってしまいがちです。

ちょっと気を許すと、
ラテンの明るく少しゆるい雰囲気に流されてしまいます。

授業中に、突然人参やリンゴを食べ始めてしまったり
テンションがあがって踊り出してしまったりと、日本の文化では考えられないことが日常茶飯事。

ただ、多民族国家で育っている先生の手腕は見事で、それぞれの文化を尊重しながら授業にうまく組み込み進めていくので、
かえって面白い授業内容になったりします。

私の勝手なイメージですが、南米やヨーロッパ出身の方々は大学など在籍中に留学されているパターンが多く、滞在期間も1年か2年か決めていなかったりと割と自由。

語学力アップというよりも留学するという経験値を重視しているように感じました。
遊びながら体で語学を習得していっているようです。

真面目な韓国人

逆に、図書館や自習室で真面目に勉強していたのが韓国人でした。

韓国の方は、目的意識が非常に高く、単に日常会話ができるようになりたいといった漠然としたものではありません。

○○会社に入社するために必要、キャリアアップのために必要なので2ケ月以内に確実にレベルを上げなくてはいけない等、ゴールが明確にあります。

こういった、文化の違いにより授業に対する姿勢や受けるクラスも異なってきます。

日本人は、相手を尊重する文化がありますので、比較的どの国の方々ともやんわりうまく付き合っています。
逆に、流されてしまい本来の目的を達成できなかったというパターンにもなりがちですので、気を付けなくてはいけません。

生きた英語を身につけるために…

語学学校や留学生同士でイベントに参加したりすると、やはり気になるのがヒアリング力、スピーキング力の乏しさでした。

ヒアリング力というのは単語や熟語を知らなかったり、知っていてもその単語を実際に生で聞いたことがなかったり、そもそも話のネタに疎いなどが挙げられます。

私は、学校の勉強と宿題以外は、基本的に参考書は開きませんでした。

生きた英語を学びたかったので、毎日駅に設置されているフリー新聞を読み、カナダの時事ネタを勉強したり、テレビや映画を見たり、図書館で若い方が読む雑誌を借りて楽しんだりしていました。

内容については背伸びせず難しくないもの、日本語のようにすんなり楽しく頭に入ってくるような題材を中心に読んでいると、自然とヒアリング力が向上していきました。

スピーキング力の向上のためには…

とにかく人に会うことです。

1年も滞在すると、モチベーションが下がってしまう時期があり、日本人とばかり一緒にいてしまったこともありました。
日本人とばかり話していると、留学中でもすぐに英語脳から日本語脳になってしまいます。

私は、幸いルームシェアパートナーがネイティブカナダ人でしたので、彼女とおしゃべりしたり、週末はできるだけ一緒に外出し色々なところに顔を出していました。

グループも良いですが、2人で出かけられるような友人(外国人)を見つけられると良いですね。

2人だと、話をせざるを得ないし、ネタを色々と考えるので、確実に力がつきます。

マンツーマンのデメリットとしては、相手の話す英語の丸写しになってしまいがち、ということくらいでしょうか。

でも、話すことが出来るようになることの方がよっぽど大切なので、丸写しでも良いと思います。


1,留学前の英語力は?留学前の英語の勉強方法は何をしていたか

2,なぜ留学しようと思ったのですか?またカナダを選んだ理由とは?

3,実際にカナダに留学してどうでした?留学エージェントは利用しましたか?

4,どのくらい前から留学の準備をしましたか?留学するタイミングは大事ですか?

5,なぜワーホリにしなかったのか?留学費用をどのように工面しましたか?

6,語学学校は何をポイントに選びましたか?保険には加入しましたか?

7,留学ビザの手続き、お金をどのぐらい持参したかについて

8,どのくらいの荷物を持参しましたか?また、航空券は往復、それとも片道購入でしたか?

9,留学中の税金や年金はどうなりますか?渡航した最初の滞在方法は?

10,ホームステイやルームシェアはいかがでしたか?

11,語学学校にクラス分けテストはありましたか?また授業はついていけましたか?

12,語学学校ではどんな授業がありましたか?通う学生の国籍は?

13,周りの生徒たちとの文化の違いはありましたか?語学学校以外の勉強方法は?

14,留学中に、英語上達のために気を付けていたことは?一番伸びたと思うのはどんな力?

15,留学中に気になる語学学校や、行きたいコースは他にありましたか?また1日のスケジュールは?
16,専門学校への留学を決めた理由、語学学校との違いは?

17,専門学校の学費はどのくらい?どんな授業でしたか?

18,生徒の雰囲気はどうでしたか?また、1日のスケジュールを教えて下さい。

19,コースを修了すると何か資格が得られますか?日本ですぐに役立つ内容ですか?

20,インターンシップや就労ビザの支給はありますか?また専門学校のメリット・デメリットとは?
21,留学後、英語を生かした仕事に就けましたか?就職活動でのターゲットは?

22,実際に仕事をしてみてどうでしたか?仕事を通じて英語の弱点は見えましたか?

23,英語力キープのためにしていたことはありますか?また転職を考えた理由とは?

24,転職活動中に感じたこと(英語を使った業務)、転職先での英語の生かし方

25,「英語の仕事とは」どのように感じたか?1社目と2社目の違い

26,外資系企業で求められる英語のレベルとは?仕事内容は今までとどう違いましたか?

27,転職先で英語力向上のためにしていたことはありますか?留学中とくらべて向上しましたか?

28,TOEICは何点で評価される?英語を生かした仕事をする上で大切なこととは?

29,英語のスペシャリストになるには?英語を話せるとフリーで仕事ができる?

30,単価の高い英語の仕事とは?仕事を通じて学んだ!英語力向上に一番大切な事

人気の関連記事

愛場講師のアメリカ留学から就職までの記事

No1 ? 海外経験ゼロからの出発。交換留学先で現地の友人と英語漬け生活

留学前と留学後に英会話の勉強をするなら、オンライン英会話がおすすめ!

【特集】初心者・超初心者におすすめのオンライン英会話サービスはどこ?

TOEICの点数を短期間で向上させるならこちら

1週間で100点アップ?噂の『あの』アカデミーでTOEIC講座(セミナー)を受けて来ました。

フィリピン留学の体験談ならこちらのカテゴリー

フィリピン英語留学

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント