Lang-8(ランゲート)は自分が書いた外国語の文章を海外の方に添削してもらったり、海外の方が書いた日本語のセンテンスをこちら側が添削してあげる相互コミュニケーション型のSNSのサイトです。

http://lang-8.com/

日本では身近に外国語を教えてくれる人もなかなかいませんし、外国語を学んでもアウトトップできる機会がとても少ないのが現状ですがLang-8(ランゲート)なら世界中のユーザーに自分の学んだ外国語を積極的にアウトプットでき、手軽に使えるSNSなので意欲が増します。

自分でアレコレ考えて書いた文章を海外の方に添削し続けてもらうことで実力がメキメキつくのを実感できると思います。

自分の書いた外国語を添削してもらうのももちろんですが、海外の方が書いた日本語の文章をあなたが添削することもできます。ここが間違っているよと指摘してあげると相手も勉強になるので、お互いに学び合うことのできるところも魅力的です。

投稿方法も簡単でマイページから投稿ボタンをクリックすると添削したもらいたい文章を書き込めることができ、そこに自分の添削してもらいたい外国語を書き込んで投稿すればOKです。すぐに世界中のユーザーがアドバイスをくれます。

伝えたい文章を辞書をひいたり、文法を見直しながら書いていくと語学力がアップすることでしょう。(残念ながら僕はどうも続きませんでした。その理由は下記で他の体験者が同様の意見を書いてくれています。)

今回はそんなLang-8(ランゲート)のメリットとデメリットを体験者の意見を通じてご紹介します。

Lang-8(ランゲート)の体験談(ポジティブ)

Lang-8実際に会員登録して使った体験談。

私は英語を勉強しようと思って登録しました。
相手方は当然外国人が多いですが、必ずしも英語が母国語の方というわけではありません。

また、日本に住んでいる外国人の方も多いので、日本限定の国内ニュースでも結構な数のレスポンスがあります。
文通をしているわけではないので、極端な話「日記のような今年は雪が多いですね」のような言いっぱなしの文章でよく、全く構える必要はありません。

実際に英語で投稿してみると、ほぼ全部の文章を直されてしまうこともあり、ホントにー?そんなにー?と思ってしまいます。

学習塾ではないので、直している人がほんとに正しいかというと、それも保証の限りではありません。

したがって、日常会話レベル以上に英語ができる方にとっては、英文で投稿すること自体には、物足りないかもしれませんが、そのような方は添削をしてあげる方向がいいと思います。

私の書いている文章は中学校程度ではありますが、こちらが英文で書く限り一日と開けずに間違いなく複数の添削レスポンスがつくので、自分の書いている英語が正しいかどうかにあまりこだわりすぎすに、好きなことを書くのが長続きの秘訣のように思います。

年甲斐もなくアニメが好きなので、これを話題にすると反応が速いような気がします。世界中で人気ですし、アニメを見るために日本語を勉強している方も多いようです。

少なくとも、添削してもらえる程度には通じているのだ、というところでちょっとだけ自信がついたような気がします。
何かテーマを決めて書いているわけではなく、添削する方も予め何について書かれているかを知っているわけではないので、本格的にメチャクチャな文章であれば添削以前の話になってしまうはずですから。

こちらが添削する立場では、タレントのデイブ・スペクターさん並みの日本語力を持っている人もいらっしゃいます。総じて、本当に訳の分からない文章であることは少なく、5つある文のうちの一つがよくわからない、という感じです。

私が書いている文章も、恐らくそんな感じで受け取られているのでしょう。とにかく無料で相当使えるので、勉強するぞと構えずに、気軽に一日15分と決めて続けています。

久しぶりにLang?8を再開してわかったこと

スペインに移住してから丸二年経ちますが、一向にスペイン語が上手くならない私に主人は最近呆れ気味。
自分なりには頑張っているつもりでも、主人との会話は普段英語で、主人の家族ともたまにしか会わない。

住んでいる場所も山や牛の方が多い現在、スペイン語を話す必然性がない雰囲気の中シャカリキに勉強は難しいのです。

しかし、そろそろ仕事も探さなくてはならないので、まずは有効な、1日にたくさんの人と会話したり勉強したり出来る方法はないかなとふと、Lang-8を思い出しました。

結婚前に利用してから数年ご無沙汰しており、アカウントもそのまま。恐る恐る開いてみると、まだアカウントは有効、すぐに「2度目の自己紹介」を書き込んでみました。

若干、ディスプレイが変わっていましたが、システムは簡単で何も変わってなく安心しました。文章をアップし、他の利用者の文章を読んでいること数分間、間もなく私の文章に添削がつきました。

あまりにも早くて驚きです。

添削者は、2人のティーンエイジャーからでした。
とても丁寧に説明や例文まで付けてくれてわかりやすい説明に感動!それぞれに返事を書き、そのやりとりの中でもスペイン語の活用が出来ました。

勉強、という意味合いで書く文章に添削してもらい、さらに添削者へメッセージとして質問や日常会話でコミュニケートできるのもいい仕組みです。

ほんの少しの行数でも、気に留めてくれる人が読んでコメントをくれるのは嬉しいものです。また、能力や興味に合わせたたくさんのトピックを読むことができ、難しい新聞を読むより多彩でかつ読解力も増す気がします。

1日家にいてあんなに億劫だったスペイン語の自習が楽しくなってきました。次に何を書こうか、すでに考え中です。

Lang-8を英語学習のため、長く利用しています。

Lang-8を、もう数年にわたり英語学習のため利用しています。私は英作文が苦手だったため、少しでもそれを克服したいと思って登録しました。

最初は、自分の投稿に添削がつくのかどうか、とても不安でしたが、毎回添削をしてもらうことができました。ただ、添削してほしい言語によっては、添削の数にばらつきがあるようです。

日本語を添削してほしい人の投稿には10人以上の添削がつくのに、英語の添削には数人、というパターンはよくあります。日本人の登録者が多いのかなぁ、と思いました。

ほとんどの添削者の方が親切で、ていねいに添削をしてくれます。質問をすると、くわしい説明を返してくれる方もいます。そういう方には、フレンド登録をお願いしています。

フレンドが投稿すると自分のホームに表示されます。相手が投稿したときに、自分も精いっぱいわかりやすい添削を返してあげたいなと思います。

時間があるときには、私も各国の皆さんの投稿に添削をしました。

また、勉強を始めたばかりなのかな…と思われるつたない日本語の投稿もよくあります。そういう投稿は、文章自体が簡単なので、あっというまに添削がつきます。

でも、内容が難しく、長い投稿には、添削がつきづらいようです。文の構造が難しくて、直すにも文章力が要るからだと思います。敬語や論理的な文章などは、日本人でも難しいですから、無理もないと思いますが。

外国の方がこれほど複雑な日本語の文章を書けるのか…と驚く投稿もあります。そういう投稿を見るにつけ、自分もがんばらなくちゃ、と励みになります。

Lang-8(ランゲート)のメリットのまとめ

1,何と言っても無料・・・無料で添削をしてくれるのはありがたいですね。
2,見ず知らずの外国人とコミュニケーションを取ることが可能・・・SNSならではですね。
3,気楽に使える・・・勉強するぞ!っというよりは息抜き的に使うことが出来る。


Lang-8(ランゲート)の体験談(ネガティブ)

ランゲートは自分発信なので続けるのが難しい

普段の生活でなかなかできないアウトプットができる素晴らしいサービスですが、継続するのがほかの学習方法と比べると大変だと感じました。

リスニングやリーディングなどのインプット系は音を聞いたり、文字を読んで学習します。アウトプット系でも英会話教室やオンライン英会話などでは、相手が質問してくれてそれに対応します。

どれも何か与えられたものに自分が答えるという形なのですが、lang8はすべて自分発信です。自分が作ったものを添削してもらうので、何もないところから自分で作り出さなければなりません。

これがやってみるとなかなか難しく、簡単な文章を並べるだけになってしまいます。そもそも日本語でも毎日ブログなどに文章を書くのも難しいのにそれを外国語でやるのは相当ハードルが高いです。

思ったことを書くだけではなかなか続けるのは難しいので何かテーマを見つけてそれについて書くと少しは続けやすくなるかもしれません。後は根性論になりますが、気合いで毎日続けることだと思いました。

Lang-8はお手軽ですが、添削者がプロじゃない。

Lang-8は僕も以前、かなりよく使っていました。結構早く添削をしてくれるので、楽しんで英語の学習ができます。
また、日本語の勉強をしている外国人も多いので、日本語の文章を添削してあげることもできます。ちょっとした国際交流のようで楽しかったです。

ただ、しばらくLang-8を使ったのですが、今はやめてしまいました。

結局、添削をしてくれる人がプロフェッショナルではないということです。プロの先生ではないので、感覚的にこういう言い方をしないな、と思って直しているだけです。

なぜ、この表現がいいのか適切に説明することができません。

例えば、日本語で「私は」と「私が」の使い分けの基準を説明することは、一般の日本人には難しいです。日本語学校の先生ならできるでしょうが。

というわけで、英語の勉強としてはLang-8はあまりよくないなと思いました。英語の文章に慣れるとかの目的を絞って使うならまだしも、過度の期待は禁物と思います。

Lang-8のデメリットについて

Lang-8使っています。もうかれこれ3年くらいになります。楽しく使わせていただいているのですが、やはりこちらで学べることの限界は感じますね。

例えば、英作文を書いて添削はしてもらえるのですが、それが文法的に正しいかどうかの保証はありません。日本人でも、国語があまり得意ではない方はたまに変な表現をしたりするじゃないですか。それが英語でも起こり得るという事です。

たまに添削してもらったものの中で、あれなんか違うんじゃないかなと自分で思うこともあります。自分で気が付けば良いのですが、気が付けない場合には間違った文法で覚えてしまうこともあるわけです。

仲の良いネイティブの友人をその中で作っておけば、その添削が変だと教えてくれることもあるのですが、なかなかそこまではしてくれないことが多いです。

文法的に正しく教えてくれる人で親切な、良く添削もやってくれる方を探して友達になることが何よりも重要となってきます。

あと、私がドイツ語を学んでいるときに変な日本人がメールを送ってきたことがあります。私が友達になっているドイツ人の男性と、日本人とトラブルがあってその女性も被害にあったなどと言うものでした。

なんとなく気持ち悪くなってドイツの男性とも友達を解除にしてしまったのですが、後から他の人たちの指摘でその日本人女性がウソのメールを多くの人に送っていることが判明しました。良い方だったのに、何も言わずに友達解除してしまって申し訳なかったです。

たまにそんな変わった人などからメールが来ることもありますので、十分に注意しながら使うことが大切です。

Lang-8は英会話としては、話すより書くという事が主体になりますので、話すことに関しては別に勉強する必要がありそうです。

ランゲートのデメリットのまとめ

1,続けることが難しい・・・ちょっとやるぐらいなら簡単ですが、数ヶ月続けるというのは難しい。無料ならなおさら。

2,添削者がプロではない・・・添削している人はネイティブでもあれば、そうでない人もいます。ネイティブだからといって文法に強いわけではない点も。

3,無料SNSならではのトラブル・・・女性は特にトラブルの元になるような変なメールが送られてくる可能性があるので注意。

最後に・・・

というわけで、Lang-8は無料SNSならではのメリットとデメリットがあります。
興味のある方は「フェイスブックアカウントでの登録」も出来ますので、なさってみてはいかがでしょうか。

僕の場合はどうも、無料だと思ってしまいやったりやらなかったりできちんと計画的に出来ませんでした。また、添削される側だけだと罪悪感がありますので、添削する側にもなるのですが、これもやや面倒。

時間が惜しいのもあり、離れてしまった次第です。

社会人の目的は「自分の英作文力アップ」、「時間対効果」が何にもまして最優先だと思いますが、学生の場合は「英作文力アップ」以外にも「SNSらしいコミュニケーションの楽しさ」、「費用対効果」なども最優先事項になると思います。

「ガッツリ教わるぞ!」というよりは、勉強しつつもSNSらしさを楽しみたい方や、時間的にゆとりがある方、英語学習にかけるコスト抑えたい学生に向いているのかなぁ~っと思いました。

↓詳しくはこちら↓

http://lang-8.com/

なお、プロが添削する有料の英作文サービスなら「BestTeacher」がオススメです。

BestTeacher(ベストティーチャー)の体験レビュー

オンライン英会話を中心に学ぶのであれば、こちらの一覧表からどうぞ。

【特集】初心者・超初心者におすすめのオンライン英会話

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。