Movenpick(俺のセブ島留学)|ビーチ

英語留学でマンツーマンレッスンを格安で受けられるとして今注目されているフィリピン留学。

最近ではこのフィリピン留学を斡旋する留学エージェントが続出していることもあってか、どんどんこのタイプの留学にかかる費用は安くなっていっていますよね。

さてそんな中また新しい感覚の留学エージェントが出てきているようです。

その一つであるのがフィリピンセブ島留学センター「アーグス」。
いったいこの留学エージェントを通して留学するメリットとは何なのでしょうか。

そもそもここは株式会社AHGSが運営する留学エージェントで、東京都千代田区にオフィスを構えています。
そしてアーグス最大の特徴であるのが「0円留学」。
http://xn--0-k47a861ag50a.com/

その名の通り宿泊費もかからなければ学費までタダで留学できてしまうという驚異的なプログラムなのです。
それではこの0円留学の具体的な内容を見てみることにしましょう。

実はこの0円留学はインターンシップと同じような感覚で考えてみるとよいかもしれません。
アーグスでは英語のマンツーマンレッスンと並行して、同じビル内のグループ会社のコールセンターにてお仕事をする機会も与えられているからなのです。

もちろん重要な任務が任せられるわけではありませんから、簡単なところでフォローしていく、そのような感じです。こうすることによって0円留学を可能としているわけなのですね。

それではこのアーグスでは具体的にどのようなスケジュールで1日を過ごすのかということですが、基本的に午前中はレッスン、ランチタイムを挟んで午後は仕事というパターンかまたはその逆パターンから選択することができます。

レッスンはすべてマンツーマンで、午前か午後に50分×4コマ分用意されています。コールセンターでのインターンシップもレッスンと同様の時間分行われますので、単純に計算して1日400分(6時間40分)英語漬けの毎日を送ることができるというわけです。

フィリピン留学の最大の特徴のひとつはマンツーマンレッスンを受けられるというところにあり、他の語学学校では1日8時間以上のレッスンを開講しているところもありますね。

確かにそういった語学学校と比べれば英語学習時間数という点では1カ月もすると大きな違いが出てくることでしょう。しかしアーグスでの0円留学は通常のマンツーマンレッスンに加えて社会勉強もできるという点に大きなメリットがあるのです。

実際マンツーマンレッスンをみっちり受けていたとしても、講師陣を相手に学んだことをアウトプットしているだけではもったいないのではないでしょうか。

その点アーグスでは一般的なフィリピン人たちが働くその場で学んだことを応用していけるのは大きな魅力かもしれませんね。

ちなみにこのアーグスは日本人が経営する留学エージェント、語学学校で、生徒の受け入れも100%日本人となっています。
そのためアットホームな環境で友達づくりにも適していると言われています。

さらに生徒が日本人のみということだけあって、フィリピン大学の専門家が日本人のために特別なカリキュラムを用意しています。つまりより効率的に英会話の能力を高めていくことができるというわけですね。

アーグスでは随時東京本社やまたはSkypeやFacetimeなどで説明会を実施していますよ。

実際に留学が決定して現地に向かってからも、日本人スタッフによる面談が週1回のペースで行われており、帰国までしっかりとサポートしてくれますので、英語力に全く自身のない方でも気軽に相談してみるとよいのではないでしょうか。

何よりこれだけ充実していて学費や滞在費がかからないというのが魅力ですからね。(渡航チケット代や現地での食費、生活費、SSPなどの諸手続き代はかかります。)

ただし、1日4時間、平日5日間英語漬けになる程度では正直、思っている以上の効果は出せないと思いますので、それ以外の時間もしっかり英語勉強にあてる事が必要です。

逆に自分で勉強出来そうにないなら、予めお金をしっかりためた後に留学し、英語に100%集中するべきでしょう!

以下で体験談をご紹介します。


・お名前 Meow
・ご年齢 20代前半
・職業  サービス業
・通われた学校 AHGS
・滞在期間 1ヶ月
• かかった費用 ¥15000+航空券+生活費など¥20000(期間などにより異なる)

1,なぜその学校を選んだのですか?

AHGSでは語学学校と同時に、同じビル内にあるコールセンターで仕事をすることが出来るため、留学費用を安く抑えることができます。また、海外で働く経験ができるというのは他の学校にない魅力だったのでこちらの学校を選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事はありますか?

1ヶ月という短期間で英語を伸ばしたかったので、日本でも勉強できる文法や単語などは高校の教科書で勉強していきました。

3,フィリピン留学してから、何を準備してくればよかったと思いましたか?

日本語で書かれている参考書や教科書を持ってくれば良かったと思いました。
学校でもらう教科書は全て英語で書かれている為、まずそれを理解するのに時間がかかってしまいなかなか授業が進みませんでした。基本的な文法などを復習できる日本語の参考書があれば便利だったなと思います。

4,実際にその学校についてみて施設はどうでしたか?

完全にマンツーマンのレッスンなので、ひとつの大きい教室ですが個人個人で机が仕切られている感じです。

授業中は一対一ですが、休憩の時間は留学生同士どんな授業をしたかなど談笑をしていました。私が行っていた時期には冷房が壊れていて、先生も生徒も暑さでなかなか授業に集中できないような環境だったのが残念です。

また同じフロアにはコールセンターの仕事場、上の階には食堂とコンビニもある為、暑い中外に出る必要もありませんでした。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

コールセンターでの仕事4時間、マンツーマンレッスン4時間になります。午前勉強をするグループと午後勉強をするグループで別れていました。

レッスンはグラマー、リーディング、リスニング&スピーキングの中から自分でアレンジして授業を受けます。私は話せる事になるのが一番の目標だった為、グラマーの授業2時間とリスニング&スピーキングの授業2時間を取りました。

また金曜日はアクティビティーデイといって、授業の代わりにみんなで出掛けたりゲームをします。こちらは参加自由なのでマンツーマンレッスンの方がいい場合は先生と相談して授業をするのもオッケーです。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業はどんな授業でしたか?

教科書に、似た発音を理解する為の項目が多かったのですが、先生の言ったことをただ繰り返すだけの授業で少し退屈だと感じました。

しかし、スピーキングの授業で、先生が出してくれるお題についてアドリブで3分間喋り続けるというものがあったのですが、これを毎日続けていたら頭で考えることなくパッと英語で話す能力が身につきました!

7,どんな先生が自分に合い、どんな先生が自分に合いませんでしたか?

先生も色んな方がいましたが、せっかくマンツーマンなので生徒の要望に応えて授業をしてくれる先生が良かったです。

例えば、私はセブ留学後ワーキングホリデーでレストランで働きたいと思っていたので、接客する際のロールプレイングなどをしてくれてとてもためになりました。

でもたまに、生徒にしゃべる機会を与えずに一方的な授業になってしまう先生などもいたので、その辺は自分に合った先生を見つけられるといいと思います。

7,食事内容はいかがでしたか?

AHGSでは食事は出ないため、食堂や近くのローカルのお店などで食べていました。

ただ、セブではまだ衛生面がそこまで安全ではないので気をつけていないと体調をくずして入院してしまう人も多いです。特にローカルのお店では炎天下の中、朝からずっと置いてあるものもあるので、心配な人はちゃんとしたレストランで食事する事をお勧めします。

8,インターネットの環境はどうでしたか?

寮のホテルでは、部屋によりますがあまり繋がらないため、みなさんロビーで携帯やパソコンを使っていました。

学校にもWiFiがありますが、あまり安定はしていません。使っている人数が多いと繋がらないこともあります。日本のように便利ではないですが、勉強に集中できるという点では良いかも知れません。

9,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

AHGSの最大のメリットとしては、やはり費用の部分だと思います。

セブで働くことによって、留学の資金がそこまでない学生の方なども気軽にそして長く留学できます。セブでの生活費は本当に安いので、飛行機代と入学金などの初期費用さえあればすぐにでも留学できるところが魅力だと感じました。

しかし最大のデメリットとしては、1日のうち授業が4時間しかないということです。その他の時間は、日本語で仕事をし日本人の留学生と過ごします。英語を身につけたい!と思って来ていても、なかなか英語を喋る機会がないため数ヶ月留学しても伸びなかったという声も聞きます。
なので、英語を本気で伸ばしたいという方にはあまり向いていないかも知れません。

10,この学校での留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

勉強やリフレッシュなど、みなさんセブに来る目的は違います。

その目的をしっかり自分で分かっていないと、何も得られないままあっという間に日本に帰る日が来てしまいます。仕事と勉強の両立は予想以上に忙しいです。

充実した留学生活になるよう来る前にもう一度、何の為にセブにいくのかという事を考えられるといいなと思います。

デメリットとして、英語を勉強する時間が少ないと書きましたが、英語に触れる機会を作れるかは結局自分次第です。授業以外でも予習復習をしたり、外に出て外人の友達を作ってみたり、自分なりに努力することが成功するコツだと思います。

11,何か他に学校のエピソードや、その学校を検討している方にお伝えしたい事があればお願いします。

コールセンターでの仕事を、留学のおまけのような感じで考えて来ると、予想以上に大変で嫌になってしまうかも知れません…。
仕事をする代わりに授業費や滞在費が無料になるので当たり前のことですが、仕事は仕事!と割りきって頑張れる方がこの学校に向いていると思います。

コールセンターの内容はどのような仕事なのか?流れなど

コールセンターでの仕事ですが、日本での業務とあまり変わりはありません。
未経験でも研修があるので、心配いらないと思います。大変ではありますが、頑張った分自分の経験にもなるのでみなさん真面目に取り組んでいました。

同じく留学している方はどんな目的、年齢の方が多くて留学後はみんなどうしているのか?

生徒は大学生から主婦の方まで幅広くいましたが、1番多いのは20代前半だと思います。

比較的留学費用が安いセブで英語を学び、そのあと他の国で仕事をしたり、日本に帰って英語をいかした仕事に就く方などその後の生活も様々です。

また、勉強目的ではなくセブでのんびりしたいと思ってこちらの学校を選ぶ方も多いです。年齢や目的が違っても、みなさん仲良く留学生活を送っていました。

土日はどのように過ごしていたのか?

休日の過ごし方ですが、平日は勉強と仕事で出掛ける暇がないため、みなさん積極的に観光に行っていました。

セブというと、リゾートのようなイメージがありますが、実際は残念ながらセブシティにはあまり観光できるところがありません。
シティ内ではショッピングモールは充実していますが、綺麗なビーチなどは少し足をのばして出掛ける必要があります。なので土日は友達と島過ごす人が多かったです。

ちなみに私のオススメは、オスロブという場所にあるシュノーケリング。なんとここではジンベイザメと一緒に泳げちゃいます!

せっかくなので、セブでしか出来ない経験をたくさんして来てください。

その他の語学学校についてはこちら
セブ島にある語学学校一覧表

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。