ファーストイングリッシュ本多正治|俺のセブ島留学

▶前回の記事:No37 雑誌「AERA」にも掲載!学習塾11年の経営ノウハウを活かした学校

朝からハイテンションっ!!!

フィリピン留学フェア

安河内先生がセミナーをしてくれたフィリピン留学フェア|俺のセブ島留学

フィリピン留学フェアーを開催してきました。
日本人経営の学校が集まって協力しながら丁寧につくってきたフィリピン留学フェア!

この会には理念があります。

「フィリピン留学を通じ、共に成長していく」

この理念に共感してくれた学校が参加してくれてフェアを実施。

安河内先生がセミナーをしてくれたフィリピン留学フェア|俺のセブ島留学

会場には予備校の人気講師でもある「安河内先生」が、1時間半もセミナーをしてくれました。

彼は英語の有識者会議にも呼ばれるくらいの方です。TVにも出演をしているみたいです。

そんな先生が本当に楽しいセミナーをしてくれました。

この留学フェアの来場者は英語に関心のある人ばかり。だからこのセミナーも英語で行われました。

安河内先生がおっしゃられていた、英語を話す時に気をつけておきたいこと!

Enjoy making mistake!

文法の間違いとか発音のミスなんて気にする必要ないよ!むしろ楽しんでね!

アメリカ人も文法の間違いをするんですよ。

例えば She is taller than me.

っていう文。

正しいでしょうか?

正確には She is taller than I.

となります。

I と meの違い。

アメリカ人でもそんなミスをする。だからミスを恐れる必要はないんですよね。

きっと文法は日本人が世界トップレベルです。だけど話せない。。。

だから、どんどん話していくことの方が大切!間違ってもいいからどんどん話していって欲しいです。

FirstEnglishではEOPというシステムを作って実施してます。

EOPというとはEnglish Only Policyです。「英語だけ話してくださいねーーー!!!」

日本人同士でも英語だけですよ。

安河内先生がセミナーをしてくれたフィリピン留学フェア|俺のセブ島留学

↑このバッチをしてもらって、英語で話してもらいます。

日本人同士の英語って結構勉強になる。日本人なので英語が聞き取りやすい。

更に、「ああ、この人はこんな表現の仕方をするんだ」っていう勉強にもなります。

それぞれに英語の表現方法が違う。
その違いを明確に勉強できるのも、日本人同士の英語の良さでもあります。

安河内先生がセミナーをしてくれたフィリピン留学フェア|俺のセブ島留学

そして留学期間、ずっと英語を話し通した達成者は表彰をさせてもらいます。

英語の上達って、間違いを全く気にせずにどんどん話していくことなんですよね。

「英語はいかに自分の時間を英語に投資をするか?」

が一番大切。

自分の時間を全て英語にしてしまえば、効率よく向上をしていくはず!

留学に来ても全員が話せるようになる訳ではない。
やっぱり正しいやり方をしていかないと、なかなか話せるようにはならない。

しかもフィリピンは短期間の留学なので、正しい勉強法をしていく必要がある。

フィリピン留学生のほとんどは1年間や2年間いるわけではない。長い人で6~8ヶ月間。大抵は3ヶ月以下。

その限られた時間の中で成果を出さなければならないんです。
効果的な留学にする為に、自分の時間を全て英語に投資をしてほしいくらいです。

留学の終了時である卒業時には見違えるほどの英語力になっています。

Be self-confident!

自信をもってください~!

あなたの英語は素晴らしい!!!

だれもあなたの英語を笑ったりしません。僕たちは僕たちなりの英語を話せばいい。

英語の目的は伝えること。伝わればいい。

ジャパニーズ イングリッシュは美しい。
チャイニーズ イングリッシュは素敵。
インディアン イングリッシュは完全。

その国、その国の英語でいいんです。とっても素晴らしい!だから自信を持って話せばいい。

英語が伝わらなくても恥ずかしがる必要はない。

何度も何度も相手に伝えればいいんです。分からなかったら聞けばいい。

あなたは最高の英語を話してるから自信を持ってください。

そして、勉強をたくさんしてください。ボキャブラリーを増やしてください。文法を学んで、更に美しい英語を身につけていく。

Speak in a loud voice

大きな声で話してね~!

小さい声じゃ聞こえないから。大きな声で話している人は説得力がある。自信を持っているように見える。

海外の人と話す場合は自信を持って話すことがとても大切。

自己主張をしていかないと、意見を持っていないんだと思われてしまう。自分の意見を話さないとむしろ、信頼されない結果となります。

どんどん大きな声で話していくようにしましょう。First English global Collegeではたくさんの英語を使う機会があります。

フィリピン人ティーチャーだけではなく
日本人同士でも英語でコミュニケーションを取ってみましょうね!

きっと未来が広がってきます。

First English global College
ファーストイングリッシュ
代表 本多 正治

▶続きはこちら:No39 フィリピン留学VSオーストラリア留学その2 国のバックボーンから考える文化の違い


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。