俺のセブ島留学|セブシティの風景

フィリピン留学について
名前:MOKA
年齢:アラサー
職業:看護師
通われた学校:English Fella
滞在期間:4ヶ月

1,フィリピン留学をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

オフラインの英会話教室に行き始めたのですが、グループレッスンだったこともありまったく英語力が伸びませんでした。

しかし、マンツーマンレッスンは高くて手が出なかったのです。アメリカなどの留学にいって勉強したいけどそれも高すぎて無理。

そこでインターネットで英会話レッスンについて検索してみたところ、セブ留学という留学斡旋会社のホームページに辿りすきました。

当時韓国に住んでいたのですが、韓国では英語圏にワーホリに行く前にフィリピンでガッツリ勉強して基礎を固めるというのが一般的だったので迷わず行くことに決めました。このままグループレッスンでやっても一生伸びないと悟ったんです。

2,その語学学校に決めた理由は?

施設内にプールやジムがあること。そしてなんといっても生徒数が多く学校の規模が大きくて簡単には潰れなさそうだったところ(笑)そしてIELTSやTOEICなどの資格受験コースが充実していたことです。

3,留学前に準備していたこと&準備しておけばよかったことはありますか?

留学前にはフィリピン人講師とのオンラインレッスンを毎日受講してリスニング力を高めるように努力していました。

そのおかげで先生が何言っているかわかる状態でかつ基本文法は頭に入ってたのですぐに英語脳に切り替えることができました。

また授業中によく使う「もう一度言ってください」や「それはどういう意味ですか?」などの英語での聞き方も覚えられたので、実際のフィリピンでの授業中にすんなりつかえることができました。

準備しておけば良かったものは日本語で書かれた英語の参考書やTOEICの問題集ですね。いまは参考書にのっている内容はインターネットで検索して見ることもできるので持っていかなくてもいいかもしれませんが、TOEICの問題集はやはりネット上ではどうにもならなかったです。

解説も英語の問題集もあるのですが、初心者には曖昧なニュアンスの違いがわからず苦労しました。
その他参照:セブ島留学・旅行時の持ち物リスト

4,その語学学校の授業内容(カリキュラムや教師の質)はどうでしたか?

入学時にレベル分けテストがありその結果を元にレッスンで使う教科書やグループレッスン分けがされます。

カリキュラムはリスニング、スピーキング、リーディング、文法と基礎をそれぞれみっちり学ぶことができるカリキュラムが組まれています。また月に一回のレベルチェックテストがあり、自分の実力を客観的に知ることができます。

前回のテストとの比較グラフが出されるので、点数が上がってしかもレベルアップしたりしたときにはほんとに嬉しかったですね。定期的にテストがあることで勉強の習慣がつきますし、モチベーション維持にもとても役立ちました。 

講師たちはしっかりと研修を受けており、また各セクションにヘッドティーチャーがいるので定期的に指導、研修を行っているのでかなり質が高いです。英語の発音も綺麗なアメリカ英語でした。

5,最もためになった授業と、為にならなかった授業は何ですか?

文法のクラスです。いままで英会話のテキストを使ってなんとな~く喋って笑って~という楽しい英会話♫状態だった私の英語ですが、Fellaで文法をガッツリ勉強したおかげでリーディングやライティング力がめきめき上がりました。

為にならなかった授業はネイティブ講師とのグループレッスンです。他の学校には実力のあるいいネイティブ講師がいると思いますが、私がいた時のネイティブ講師は教える方法を知らないといいますか…とにかく教え下手な先生でした。

先生が一方的話して終了です。しかもネイティブレッスンは8人のグループレッスンなのでまったく話す機会がありませんでした。

5,その語学学校の宿泊施設の質は?

3人部屋、二人部屋、一人部屋 そして一人部屋だけどトイレ・シャワーは共同の寮があります。施設内は建物が新しいので綺麗ですし、机やベッドなどの家具もあるので問題なしです。

しかし、これはフィリピンでは仕方のないことなのですが一階にお部屋がある場合は、アリやトカゲ、ゴキブリなどの生物とご対面する機会がとても多いです。(ある程度いたらそれらをお友達として扱えるくらい強くなれますよ)

シャワーは壁に取り付けられている形のものだったのでシャワーヘッドをうごかせませんでした。なので、お下を洗う時には苦労しました。

Wifiはあるんですがかなり電波が弱く使えない日が多かったです。部屋の場所によっては電波をまったく拾えない部屋もあり自分の部屋で自由にネットができないというのはなかなかストレスでした。

お部屋の掃除は週に2回で、洗濯は自分でおこないました。学生の数に対して洗濯機の数が少なくいつも争奪戦でした(みんな洗濯したい時間帯は一緒なので)。なので私はめちゃめちゃ朝早く起きて洗濯したり、授業の合間をぬって洗濯室に駆け込んだりしました。

6,学校で出される食事内容はいかがでしたか?

基本は韓国料理でした。キムチ、韓国のり、キムチチゲ、なぞの和物(名前がわかりませんが韓国料理)など。

私は韓国留学経験があるので韓国料理に抵抗は全くなかったのですが、他の日本人学生さんたちは日本料理が食べたいよう~と嘆いている姿が見られました。

そんな仲間たちと日本料理屋にいって食べたカツ丼は美味しかったです。。。!現在は日本料理、フィリピン料理も提供しているそうなので食事に関するストレスはほぼないと思います。

7,その語学学校の最大のメリットとデメリットは?

質の高い講師のもとでしっかりと基礎力を身につけることができます。資格試験のコースにも特化しているので、はっきりとした目的がある学生さんにはもってこいです。

また校内の施設が充実しているので、ジムやプール、売店などで自由に運動、買い物ができストレスを発散できると思います。

デメリットはFellaがあるのはタランバンという郊外です。市街地からはタクシーで20分程度ですが渋滞が多い国ですし、日によってはまったくタクシーを捕まえることができない時もあります。

なので出かけるさいの交通の便が悪い(交通費がかかる)のが一番のデメリットです。また暑いんです。空港のあるラプラプ市などと比べて内陸部のタランバンはとにかく暑いです。

他校と比べると学費&宿泊費が割高です。しかし、その分の価値はあると思います。

8,その他何か、通われた語学学校でエピソードがあれば教えてください。

2ヶ月に一度のFellaデイにはサムギョプサルパーティーが開催されてタダでおいしい豚バラBBQをたくさん食べることができました。

またクリスマスやハロウィンには先生たちが構内をデコレーションして、先生たちも仮装している姿が見られます。

フィリピン人はイベントに命を掛けている情熱的な人たちなので、その姿を観察するのもとても面白かったです。わたしはあそこまで熱くなれない。

9,最後にフィリピン留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

フィリピン留学で学べるものは英語だけではありません。発展途上国ならではの苦労やこんなんがあります。

またクラスメイトやルームメイトが中国人だったり韓国人だったりすることが多いです。外国人に触れ合うことが少ない日本人にとってそのような「異文化」はかなりのストレスになります。

しかし、その「異文化」を受け入れることができれば、英語も上達しますし、自分の人間性も大きく成長させることができます。英語を話せるようになるには自分を表現できるようにならなくてはなりません。

まずは、人と話すこと、自分の意見を伝えることに恥じらいを持たずに積極的に学んで欲しいと思います。

▶ MOKAさんの次の記事:No2 – セブ島留学の持ち物準備!女性留学生の必需…アレってどうなってるの?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

アラサー セブ滞在約1年 

日本での看護師生活に疲れKpopアイドルにはまり1年間韓国留学を経験。
その流れでセブ島のラプラプ市内にあった韓国系語学学校(すでに廃校となりました)にて三ヶ月留学、同校にてさらに3ヶ月間日本人学生インターンスタッフとして韓国人校長、フィリピン人講師と勤務。その際にフィリピン人の事務員の女の子とルームシェアも経験(ダブルベッドに二人で寝てました♥)

その後、セブ市内の老舗の韓国系語学学校に学生インターンスタッフとして入学。日本人学生―韓国人スタッフ間の通訳や翻訳業務などをこなしながらもモリモリ勉強しかなりの実力をつける(注:自称)。
現在はセブで知り合った韓国人の旦那と日本で生活しています。そして(残念?ながら)看護師として働いております。セブ留学中に教えてもらっていたフィリピン人♀の先生と今も週4回スカイプでレッスン継続中。いつか彼女を日本に招待するのが夢。
Kpopアイドルの追っかけ(海外遠征も)に忙しい日々を過ごしております。

得意なセブアノ:Gwapa ko(私は可愛いです)、Ate!(お姉さん!)

MOKA氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。