フィリピンセブ島留学の魅力「近さ」

留学という言葉を聞くと、一般的に英語などの語学留学をイメージされる方がほとんどかもしれませんね。
しかし実際には様々な目的で海外留学されている日本人は非常に多く、中も今注目されているのは発展の著しいIT分野ではないでしょうか。

プログラミングなどIT分野の勉強はもちろん日本にいても可能です。
しかしIT業界の多くの日本人著名人の経歴からもわかるように、そのほとんどがアメリカの大学で学位を習得しています。

こうして海外に進出することで、ITのスキルを身につけつつ英語能力もアップさせると一段とネットワークや視野が広がると言われていますよ。

そこで今回はIT留学に関して、フィリピンセブ島、インド、アメリカ、フィジーという注目される国々を比較していきたいと思います。

インドIT留学

インドはフィリピンと同様英語留学に利用する日本人も増えてきていますよね。
そしてそれと並んで大注目されているのがIT留学。

これから先大きな発展が見込める新興国のインドでIT留学をしたという経験は、日本はもちろん世界でもインパクトを与えることができるでしょう。

そんなインドでのIT留学は一般的に1カ月~1年と、学べるスキルによって大きく異なってきます。それだけインドではプログラミング等の多様なスキルを学べる環境があるということでもあります。

またインドではフィリピンのように英語でのコミュニケーション能力のアップにも力をいれています。
学校によると思いますが、一般的にインド人の英語は発音にかなりの癖があると言われています。ちょっと注意が必要でしょう。逆に言えば、ここで理解能力を高めればどこの国へ行っても対応できるかもしれません(苦笑)

さらにインドでのIT留学の大きなメリットはマンツーマンが主流で、そうでなくても超少人数を採用しているということ。「こんなスキルを高めたい」こうした明確な目標があるとより効率的なレッスンになるのではないでしょうか。(授業は英語で行う学校が調べた所おおいので、英語力が全くない状態での留学は厳しいかと思います。)

留学費用は1カ月で15万円程度(スキルによってはこれ以上も。)。これは授業料のみの金額ですが、やはり欧米諸国へのIT留学とは比べものになりませんよね。

さてインドでの生活に関してですが、渡航先にもよりますが日本からの直行便がありますし、また時差もマイナス3.5時間ということで、そこまで負担にはならないでしょう。

物価も安く生活には困らないかもしれませんが、人口が多いこの国では悪質な犯罪も多発しています。気を引き締めて生活していきたいものですね。

アメリカIT留学

先ほどの日本の著名人もアメリカの大学で学位を取得しているという点に触れましたが、IT留学と言えばやはりこのアメリカは外せないでしょう。

アメリカの大学で学位等を修得しているということ自体、これから先日本のみならず世界で活躍するにあたり確実なブランドとなってくれるはずです。

ただしアメリカでのIT留学にはかなりの時間と費用がかかることも頭に入れておかなければなりません。

と言いますのも、一般的にまずは1年の英語留学で年間2~300万円ほど、それからさらに1年間IT専門の学校へ通うことで年間100万円ほど、このようにだいたい2年間400万円ほどの費用を想定しておかなければならないからなのです。

さらにアメリカはフィリピンやインドなどと異なり、マンツーマンレッスンを行うようなところはほとんどありません。

一般的に1クラスに20人ほどいる中で授業を受けるわけですから、やはり基礎からしっかり英語力を身につけておくという意味でもIT留学前の英語留学の必要性は高いのかもしれませんね。

アメリカへは都市によっては直行便もありますが、時差は大きく計画的な渡航が必要となります。またアメリカはよく知られた銃社会。犯罪の数も種類も日本とは比べものになりませんから、責任を持った行動が必要でしょう。

フィジーIT留学

フィジーという美しい島国へも最近英語留学で日本人が多く渡航しています。

そんなフィジーでのIT留学の特徴と言えば、フィリピンやインドのように英語の学習と組み合わせたカリキュラムになっていること、そして学校内では終日英語のみを使用言語としており、母国語の使用を禁止しているところが多いということでしょうか。

留学費用に関しては食費は含まれていないものの授業料と滞在費で1カ月15万円前後。やはり欧米諸国に比べて非常に安く留学できるのがメリットであるようですね。

またフィジーでのIT留学には他にはない大きな特徴が。
それは一般的な寮生活に加えてホームステイも可能だということです。非常に明るくフレンドリーなフィジー人家庭だからこそできることなのかもしれませんね。

フィジーは日本と比べると時差はプラス3時間。この程度ならあまり生活に支障はないかもしれないのですが、ただ渡航に関しては香港かソウルを経由してとなりますのでやや長旅となるようです。

ですが物価は安く、また治安もそれほど悪いとは言われていませんので、南国でゆったりした時間を過ごせるのもフィジーIT留学のメリットかもしれませんね。

フィリピンセブ島でのIT留学

最後にセブ島でのIT留学。

フィリピンセブ島と言えば今英語留学で大変注目されている存在。だからこそフィリピンセブ島でのIT留学となれば英語コミュニケーション能力のアップもおおいに期待できますよね。

フィリピンセブ島でのIT留学は一般的に1週間~6カ月くらい期間を目途にコースが開講されています。
フィリピンセブ島で学ぶメリットはやはりマンツーマンか少人数制のレッスンを受けられること、そして先ほどの英会話能力の向上も期待できること、そして留学にかかる費用が非常に安いという点ではないでしょうか。
1週間程度の留学でしたら、授業料、滞在費、食費を含めて約10万円から可能です。

セブ島で一番有名なのが、ネクシードのIT留学
ネクシードのフィリピンセブ島でのIT留学を例にとると、1日の3時間を英会話マンツーマン、もう3時間をプログラミング言語の勉強に当てています。プログラミング言語の授業は日本語で行うため、初心者でも問題なく授業を受けることができます。

またフィリピンセブ島の滞在はリゾート地であることから身近にいろんなものがそろっている上、物価が安いため生活しやすいかもしれません。

時差も日本より1時間遅れているだけ。最近ではセブ島への直行便もありますし、時差ぼけや旅の疲れによるストレスなどもなく毎日充実した日々が送れる可能性が高いですよね。

治安はよっぽど危険な場所に行かない限りは問題なしです。詳しくは当サイトの別記事で書いています。

フィリピン・セブ島留学は本当に安全なのか?セブ市内とマクタン半島の治安情報をお伝えします。

ネクシードが行っているセブ島IT留学の記事はこちら

NexSeed(ネクシード)のエンジニア留学|英語とプログラミングを同時習得できる唯一の語学留学

その他、こちらの方はアクトハウスというITと英語を学べる学校に留学した体験談があります。そちらも御覧ください。

『ワークシフト』を実現するために!私のフィリピン・セブ島留学

2015年の2月末から1か月間。
フィリピン留学は私も未来をいい方向に導いてくれました。

私は、2014年12月にバイクで事故を起こしました。幸いなことに入院することもなく、仕事も続けることが出来ました。

しかし、「これから先、万が一、病気になったり怪我をして、仕事が出来なくなったらどうしよう・・・どうやって生活をしていこう」という不安が高まり、このままではいけないなと思っていました。

そんな気持ちの時、フェイスブックの広告に大きく「WEB&英会話&ビジネス」の文字。さっそく会社に問い合わせし、スカイプ面談でいろいろ話をしていくうちに、行きたいという気持ちはさらに強まりました。

その時ちょうど、事故後の物損の損害賠償金が入った「グッドタイミング」でもありました。
成田から直行便で約5時間半、時差はたったの1時間。

生活する予定のシェアハウス内はwifiが完備され、訛りの少ないフィリピン人教師による「one to one English」での1対1の英会話授業。

あとの半分は、少人数でのWEBやマーケティング授業。充実した授業体制や立地、お金のこと。これらのことがセブ島留学をするきっかけになりました。

セブに無事到着。入国審査を済まし、いざ外へ。
2月末の日本の気温は、約5度。そしてセブ島に着いたら急に30度。

じめじめした湿気をまといながら、着ていた服を脱ぎ、集合場所に行きます。(到着時に感じた湿気は、帰るころには気にならなくなりました。)

「はじめまして。」
講師陣と受講生たちの初顔合わせです。

フェイスブックの友人申請は済ませてあったので、ある程度は知っていたものの、一体どんな方たちと1ヶ月一緒に生活するのかな?と少しドキドキしながら挨拶します。

そして、ドキドキしたままタクシーに乗り込み、みんなでシェアハウスに向かいます。

その日から、講師3人生徒6人の共同生活が始まりました。

1か月間留学した感じたこと、気になったことは、まずシェアハウスということの難しさです。男女が一緒に暮らすということで、気を使います。

プライバシーが守られにくいということや、共有部分の綺麗の基準の違いや使い方など、負担が偏っていきます。
反面、講師とも一緒だったので、24時間体制で分からないことをいつでも聞け、WEBやマーケティングの技術や知識は向上するスピードは速かったと思います。

またシェアしているからこそ、深く付き合えたのではないかと思います。休みのときには、みんなで講師の誕生日会を計画したり、島に行ったり、クラブや食事に行ったりなど、とことん遊びました。

1ヶ月間という短い間にも関わらず、一生の友達を作ることが出来ました。

次に学習についてです。
英会話は、もちろん上達しませんでした。(笑)

常に一緒にいるのが日本人なので、授業と食事に行ったり、買い物に行く以外は英語を使う必要がないからです。
次行くことがあれば半年間くらい通いたいなと思いました。
授業については、「英語」ではなく「英会話」を身に着けるような、楽しみながら、その人のレベルに合った授業を受けることが出来ます。

WEB業に関してです。
これからの自分の努力次第ではあると思いますが、今回の経験で道筋は出来たと思います。
また、ビジネスについての思考も鍛えられたので、現在の仕事に生かすことが出来ています。

そして最後に、今は準備段階ではありますが、来年あたりに「ワークシフト」が実現しそうです。自分の仕事をデザインすることは、生き方をもデザインする。

自分の生きたいように生きること、これが幸せにつながるんだろうなと感じています。

留学は、しっかりとした目的を持って行けば、必ずあなたの未来につながります。
いい経験をさせてもらいました。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。