フィリピンセブ島留学、語学学校クロスロード

皆さん初めまして!
私はフィリピンセブ島の語学学校「CROSS×ROAD(クロスロード)」を運営している代表の「岡本琢磨」と申します。

今回からこちらの「俺のセブ島留学」さんを通じて、「CROSS×ROADがどのような学校なのか?」を皆さんにお伝え出来ればと思います。

その前にまずは「CROSS×ROADがなぜ存在するのか?」、設立するまでの経緯をご紹介させてください。

CROSS×ROADを設立するまでの経緯

フィリピンセブ島留学、語学学校クロスロード

私は、日本では公認会計士として6年間程、国内でコンサルティングファームに勤務しておりました。

主な業務はIPO支援業務(東京証券取引所等への上場サポート)、会社の管理体制の構築支援、企業再生支援です。その中で最も長く在籍し、最も私の心の中に残っているのは企業再生部門での仕事でした。

業績が低迷している様々な会社の経営者の方とともに、現状を直視し、対策を練り、事業計画を策定し、その実行に取り組んだ時間は厳しいながらもやりがいと学びの多いものとなりました。

担当させていただいた会社の中には、過去の負債が大きすぎて再生を果たすことなく志半ばで事業から撤退するケースもありました。そういう状況に直面する都度、自分の力の無さを痛感し、自分を責めることも多かったです。

縮小を続ける業界の中で、何とか生き残りをかけて奮闘する社長や社員の方を見るにつけ、彼らの努力に深い尊敬の念を感じるとともに、厳しい日本の現状を認識する日々でした。

しかし、海外に目を向けるとこれから伸びていくマーケットがたくさんあります。

事業再生の現場で日々奮闘していた私は「いつか伸びていく海外のマーケットにクライアント企業をつれていける存在になりたい!」と次第に考えるようになりました。

世界一周の旅へ

フィリピンセブ島留学、語学学校クロスロード

そんな中で、学生時代から夢であった世界一周の旅に出る決意を!

「どうしてもこの日本の外の世界を自分の目で見てみたい。」「伸びゆく海外の市場を自分の肌で感じてみたい。」という想いを込めての出国でした。

旅に出たのは正解でした。これまでの自分の価値観は崩れ、新しい現実を知ることができたからです。

世界はこんなに広くて面白くて、そして時には残酷なものだということを自分の目で見て、自分の肌で感じることができたこの旅は、私たちのこれからの生き方を変える旅となりました。

同時にこれからの日本の若者に、もっと世界に出ていってほしいという想いも強く持ちました。

また旅をしている若者もただ旅をして日本に帰るのではなく『この旅で得たものを今後の人生に活かして欲しい、他の人に還元してほしい、その上で日本、世界に貢献してほしい』と考えるようになりました。

私自身、旅の中で今の閉塞感漂う日本を出て、自由に自分らしく己の道を進んでいる多くの日本人にも会い、彼らの生き方に共感を覚えました。

このような経験をする中で、私たちの中で「これから海外に出る若者が集まり、英語を学び、自分たちの夢や目標を語り合える場をつくれないか?」という想いが強くなっていきました。

そしてこれこそが私たち夫婦のCROSS×ROADを設立する理由となりました。

CrossRoads(クロスロード)語学学校|俺のセブ島留学

私たちが、この学校を設立したのは2012年12月。

CROSS×ROADを卒業して海外で活躍する日本人を一人でも増やすことができるように、ここフィリピン・セブで日々生徒さんと向き合いながら生活をしています。

CROSS×ROADはどんな学校なのか?

CROSS×ROADは一言で言えば、「旅人たちの英会話スクール」です。

1年に渡る世界一周の旅の中で感じた「これから海外に出ていく日本人の方をサポートしていきたい。」という想いを実現するために、フィリピン・セブで「これから長期の旅に出る旅人」「ワーキングホリデーに参加する人」「海外ボランティアや海外転職を希望する人」を対象にした全寮制の語学学校を設立しました。

フィリピンは英語が公用語でかつ物価が安いため、世界で一番コストパフォーマンスの良い留学ができる場所です。

その中でセブは国際的なリゾート地であるため治安も安定しており、ダイビングなどのアクティビティも充実した、安心して楽しんで英語の勉強に取り組むことができます。

CROSS×ROADでは、1日4時間から8時間のマンツーマン英会話の授業を提供するだけでなく、チェックテストやスピーチクラスの導入で生徒さんのモチベーションを高めるとともに、カウンセリングシート制度の採用で戦略的な英語学習をサポートしています。

CROSS×ROADはどこの学校よりも真面目に生徒さん一人一人と向き合っています。

フィリピンセブ島留学、語学学校クロスロード

「世界一周やワーキングホリデーを志す人が多く集まるという事で、英語の勉強がおろそかになってしまうのでは?」という声を聞く事もあります。しかし、CROSS×ROADはどこの学校よりも一人一人の生徒さんと向き合っていると思っています。

事前のスカイプセッション

特徴的なのは、4週間以上学校に滞在される生徒さんに対してSkypeによる事前セッションを行っています。

これはこちらに来る12週間前から2週間に1回行われ、英語の具体的な勉強方法のコーチングや勉強の進捗確認、チェックテストを行っています。

英語留学を成功させる一番の要因は実は留学前にあります。

当たり前ですが英語は聞いて話をしただけ伸びます。しかし、まったく話せない状態で留学したらどうなるでしょう?

答えは簡単です。ネイティブの講師の前に座っても沈黙が続きます。もちろん、先生は授業を盛り上げてくれます。

しかし、留学する前にかなりの英語力をつけてから来た場合とほとんど話せないで来た場合を比べた時、留学中の英語の話す量と質、聞く量と質は大きく異なることは想像出来ると思います。

フィリピンセブ島留学、語学学校クロスロード

是非、こちらのページでその有用性についてご確認ください。

http://crossxroad.com/online-session

また、世界一周の旅に出発したり、ワーキングホリデーへの参加、海外ボランティア、海外転職を志す方への情報提供やサポート、戦略の立案、実行支援もこの事前コーチングセッションを通して行っていきます。小規模でアットホームなCROSS×ROADだからこそ出来るサービスだと思います。

CROSS×ROADは世界一アットホームな学校です。

フィリピンセブ島留学、語学学校クロスロード
CROSS×ROADに参加してくれた皆さんには、同じ釜の飯を食べ、一緒に生活し、共に励まし合いながら英語の勉強や今後の夢を語り合っていただくことになります。

このような海外で活躍することを志す人たちが集い、高め合える「場」こそ、私たちが皆さんに提供できる最高のサービスだと思っています。

そしてここで知り合った仲間こそが生徒さんにとって本当に大切な財産になると信じています。

CROSS×ROAD(クロスロード)
代表 岡本琢磨

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

CROSS×ROADの代表

日本で公認会計士として働いていたが仕事を辞めて夫婦で夢の世界一周をする。旅後、これから世界に旅立つ人たちをサポートしたいという想いで英語学校を始める。

現在、夫婦&仲間たちとセブにて子育て&学校運営中。
また、これから海外で働きたい人の情報提供サイト「ビヨンドザボーダー」を立ち上げ、運営している

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。