私がフィリピンにストーリーシェアを作った理由

こんにちは、皆さん!セブ島とバギオに計4校の学校を運営するストーリーシェアの松本(ミオ)と申します。フィリピンで日本人用英語学校を9年前最初にはじめた日本人です。

予備校業界で27歳まで働きイギリスへ3か月留学した後、日本で180度方向転換の俳優業にチャレンジ。32歳でアメリカ3か月、フィリピン半年留学し語学講師になり、その後語学学校を作りました。

9年間、広告宣伝エージェント一切使わず口コミだけでやってきたので、ストーリーシェアの事を知らない方も多いと思いますが、「俺のセブ島留学」の斉藤さんの役に立つ情報を皆さんに届けたいという熱い想いに賛同し、「どうすれば語学が上達するか?」をプロの語学講師として定期的に書く事にしましたのでよろしくお願いします!

第一回目は「私がなぜ語学学校を作ったか?」です。

伸びない英語力

『イギリス、アメリカ留学はもちろん、フィリピン留学でマンツーマン授業を受け、自己学習をしまくっても伸び悩んだ私 (努力しなかった訳じゃない)』

私はかつてイギリス、アメリカ留学をしていた時があるのですが、その頃はペラペラになった友人のアドバイス通り+自分の工夫をしました。

また、フィリピン留学時代ではフィリピン人講師だけでなくネイティブの講師達とマンツーマン授業を受けまくり!

自己学習もトイレと食事以外行い、日本人の1人もいない場所で、また日本の友人、家族とも全て日本語を遮断し英語だけ使用しました。

良いと言われる学習法を徹底的に行ったつもりだったのですが、何故か英語力は伸び悩み。

「自分は英語を話せるようにならないんじゃないか?」と何度も何度も不安になりました。

*私が実践した自己学習の内容はどの学校でも推奨される方法です。こちらは第2回目のブログで説明させて頂きます。

フィリピン人の優しさに触れ日本語を教え始める

当時、私はフィリピンでの留学の後半からマニラのスラムに住みながら学校に通っていました。

勉強を日々やっている中で、毎日通っていたスラムの食堂の夫婦が(自分たちもお金がないのに)身寄りのない4歳の女の子を引き取り、大学までいかせようと朝3時起きで働く姿を目の当たりにしました。

そこで何か自分も貢献したいと思い、日本語をそのスラムで教え始めたんですね。(魚をあげるんじゃなく、魚の捕りかたを覚えれば一生)

ベルリッツとの出会い

いざ日本語を教えはじめてみると、日本語を教えるのは思った以上に難しい。体系的なプロセスと効果的な教え方が必要だと思うようになってきました。

「ベルリッツは教え方が良い」と英語の上手な友人やベルリッツの元講師や現役講師から話を聞いたことを思い出し、マニラにあったベルリッツで面接を受け、無事合格し研修を受け、そこで大きな衝撃を受けました。

こんな教え方で英語を勉強していたら、今頃私はもっと英語が上達していただろうと。

イギリス、アメリカ、フィリピンで多くの講師と勉強してきましたが、誰もベルリッツのような教え方をしてくれなかった。「どうすれば英語がペラペラになる?」の質問には「自己学習(テレビや映画ずっとみるとか、ずっと英語で話すとか)する」でした。
当時はなんてレベルが低いんだ!そこまでの熱意がないのか?と怒りすら覚えました。

そして私は語学講師として毎日片道2時間かけてベルリッツで日本語を教えました。

生徒は日本語を全く知りません。日本人にとって英語は苦手と言いながら、なんだかんだ単語を知っています。しかし、日本語を学ぶ人はデスクが机という事も知らないし、ペーパーは紙、チェアーは椅子という単語すら知らないのです。

そんな人たちに共通言語を使わず日本語のみで教えるのです。しかも効果的に。。。

私は生徒が自己学習をしなくても「授業を取り続けさえいれば確実に伸びる」、そんな方法を必死で探し、ベルリッツ内で提供できるようになりました。ドヤ顔になってしまいますが、私はすぐにベルリッツで人気講師になりました。

ちなみにベルリッツは生徒の8割は口コミという触れ込みで当時宣伝していましたが、実際生徒に聞くと殆どが口コミでした。

授業料が業界⒈高いので、顧客は全て企業研修か富裕層の方達。

イギリスで留学していた時にお金持ちはお金持ちになる教育を受けているのを目の当たりにした事を思い出しました。安かろう悪かろうは貧乏のスパイラル、高くても質が良い方が確実に素早く成長できる=成功のスパイラル、語学も同じだなと思いました。

語学学校の現実

私はもっと腕をあげたいという事で自ら進んで他の講師達に授業(英語やフランス語)を見学させてもらい、とにかく学んだことを実践しどんどん経験を積んでいきました。

しかし残念ながら教授法を守らない講師もいて、「1年通って教科書のレベルだけ上がっていくけど、実際の英語力がついていない」という悩みが生徒達の間でありました。

つまり実行する先生が教授法を守らないと効果は当然でないという事です。(ここがストーリーシェアが講師の研修にこだわる原点です)

とにかく生徒を教える内に、もの覚えの早い生徒もいれば、学ぶのにとても時間がかかる生徒がいる現実も経験し、「どうすればもっと早く確実に語学が上達させる事ができるか?」を考え色々試すようになりました。

学習法と教授法の違い

ここで少し学習法と教授法の違いをご説明させてください。

学習法とは

学習法は自己学習(自習)の方法です。人に教える為の教授法とは違います。

ここで大切な事は2つ

1)自己学習は学校の授業と関係ない
2)私は自己学習も徹底的にしたが伸び悩んだ

自己学習が苦手な人、できない人はなおさら伸び悩みます。

それは当たり前の話で、例えば自己学習が100時間でも人によっては机に座る時間が100時間なだけで、違う事を考えたり眠くなったり理解できなかったりして無駄に時間を過ごしています。

これでは話せるようにならないだけでなく逆効果の可能性もあります。

人にはタイプと目的があります。自分のタイプを知る事は留学を成功させる上で重要なので、第3回目のブログでご説明致します。

教授法とは

教授法は人に教える方法です。

自分で自分の英語力を伸ばす方法とは違い、他人をより効果的に伸ばす方法です。つまり授業でどう生徒の英語力を伸ばすか?という一点に集中しています。

英語が話せる事と上手に教える事は違います。文法を説明する事と、話せるようにトレーニングする事も違います。

本当に良い教授法で語学を学ぶと、生徒が一切自己学習をしなくても、授業を取り続ければ必ずペラペラに近づく事ができます。(もちろんプラスαで自己学習をした方が伸びるのは早いですし、授業以外でも英語を使う方が伸びるのが早いのは当たり前なのでストーリーシェアでは完全英語漬け校舎があります。)

これは講師が
「他言語を学習したから苦労がわかる」とか
「ネイティブスピーカーだから」とか
では絶対にありません。

日本人だったら誰でも日本語を上手に教えられるとは限りませんよね?
自分の英語が上達したからって他人に英語を教えるのが上手とは限りませんよね?

教授法を知る事は語学の上達のプロセスを知る事になる(勉強方法がわかる)ので私のような遠回りをしなくてすみます。教授法も実はいくつかありますので、これは第4回目のブログでご説明致しますね。

オンラインで教え始めたら口コミで生徒が集まった

私はこの教授法はすぐに、多くの日本人が探して求めているものだと確信しました。

欧米留学をしている人達も多くの人が話せるようにならず、良い語学学校を探しています。
フィリピン留学でも初心者をマンツーマンで楽しませるだけか、拘束時間を10時間に延ばし、机に向かわせて勉強させる学校も多かった。

だからこの教授法を応用発展しオンラインで英語を教え始めました。

すると生徒が沢山のお友達を紹介してくれたので、先生を雇いオンラインスクールをはじめようとしました。
ところが、口コミでホームページもないのに留学に来たいという生徒が増えたので、急きょ留学用の学校にしたのです。

それがエデンマイルスというマニラに作った最初の学校です。

エデンマイルスという名前は身寄りのない4歳の女の子の名前でした。教授法に出会ったのも、学校を作る事になったのも彼女と出会ったからです。

ストーリーシェアという名前の由来

その後マニラ僻地にあったエデンマイルスを便利な都心に移動し、ストーリーシェアという新しい学校を作りました。2年後、知名度の高いセブ島、そして勉強するのに最高の環境バギオに拠点を移し拡大しました。

英語を学びアメリカ、世界でチャレンジしたかった私の人生は、今や他人の夢を応援する側となり、私の人生を大きく変えました。予備校で働いた経験や、俳優時代に学んだアメリカのアクティングメソッドは後の教授法、会社運営、コーチング、人材育成、全てに繋がっていました。

人の人生は時に思わぬ方向へ流れます。必ずしも自分が最初に望んだものが手に入るとは限りません。しかし、自分が誠意をもって全力を尽くしたことはドットとなり必ず後から線を結びはじめ形になってきます。そして他人(自分)を助ける事ができるようになります。

人生は人と人との繋がりで変わっていく。ストーリーシェアという名前は皆さんと自分が体験した事をシェアしたい、皆さんとも繋がっていきたいという想いでつけました。

最後に

現在はセブ島に2校、バギオという日本人があまり知らない都市に2校運営しています。

①なぜ日本人の知らないバギオに学校を作ったのか?
②なぜセブ島とバギオに各2校ずつ学校があるのか?
も第5回、第6回のブログで説明していきます。

またオンライン英会話スクールもセブにあり、現在バギオにもオフィスを作っています。

一生懸命勉強したけど、一生懸命留学したけど、一生懸命自己学習したけど、「英語を話せるようにならないんじゃないか?」という不安がある人、あった人のお役に立てれば幸いです。

英語学習でプロの語学講師として皆さんとネットでは出ていない、出てこない情報もシェアしていきたいと思います!!皆さんの感想やコメント、質問、体験も楽しみにしています。一緒に勉強していきましょう。

▶ 続きはこちら:No2『自己学習のやり方を人に聞く』際の3つの大切な注意点

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。