フィリピンセブ島留学、リーグロカレッジ

まだまだフィリピン留学も徐々に知名度を上げてきている状態だと思っていたのもつかの間、日本人経営の語学学校も一気に増加しており、そんな中で学校同士の競争も激化していることでしょう。

そのためもあってか、各語学学校ごとの特徴も目立つようになってきましたよね。
そんな中気になる存在であるのが「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」。
セブ島にある語学学校のひとつなのですが、“キャリア留学”を中心に語学留学を展開しています。
一体どのような目的や留学スタイルなのでしょうか。

場所

「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」はセブ島でも日本企業などが多く存在し比較的安全だと言われているビジネスパーク内に設置されています。アヤラモール近くのケペルビルという所に学校があります。

宿舎と併設というわけではないのですが、学校から徒歩10~15分圏内にあるセブ島有数の高級コンドミニアムでの滞在となります。このコンドミニアムは去年建設されたばかりで、また警備もしっかりしているそうですからから安心して気持ちよく過ごすことができるでしょう。(ただし、どんなコンドミニアムなのかは公式サイトでは確認できませんでした。)

授業スタイル

さて語学力の向上のためフィリピン留学するのですから、やはりまずは「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」でのレッスンのことが気になるところでしょう。

「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」ではもちろんマンツーマンレッスンが開講されていますが、その大きな特徴のひとつとして1日8時間が基本とされている点が挙げられます。

詳しく1日の大まかなスケジュール例を見てみますと、午前中4コマ+午後4コマ、ただし午後にはグループレッスンが入ることもあるそうです。

このスケジュールを他校と比較してみますと、おおよそ1日4コマのマンツーマンレッスンを基本としているところが多いですから、「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」ではより集中型のレッスンを受けられる可能性が高そうですよね。

ちなみに「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」では発音に力を入れており、それを徹底させることでリスニング力とスピーキング力を向上させる、そのようなカリキュラムを採用しているとのこと。

次に「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」ではTOEICの特別コースも用意されているということが大きな特徴のひとつとして挙げられます。

“キャリア留学”というくらいですから当然TOEICのスコアアップは必要不可欠。自習時間の使い方までしっかり徹底した指導を受けることができるでしょう。

また「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」は日本人に向けて日本人が経営を行っています。

現状では大きな学校ではないので一人のようですが、今後増えていくかと思います。

より日本人のニーズに合わせた留学内容、また生活環境も整っているため快適に過ごせるのではないでしょうか。
ちなみに「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」はフィリピンの政府機関であるTESDAに登録されている語学学校のひとつです。

実はこのTESDAに登録されている学校は数多くある中からなんと5%程度なのだとか。つまりこの政府の機関に登録されていることで信頼度がぐんとアップすると言えます。

先ほども触れました通り、宿舎にも高級コンドミニアムを利用するなど、警備体制、安全面でも優れていると言えますので日本人にとってぴったりの留学先かもしれませんね。

そして最後に忘れてはならないのが“キャリア留学”の本質。
“キャリア留学”と呼ばれるくらいですから、他の一般的なフィリピン留学と比べてどう異なるのか気になるところではないでしょうか。

「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」の“キャリア留学”では実は渡航前から留学が始まっていると言っても過言ではありません。

と言いますのも、留学生ひとりひとりに対してプロのキャリアコンサルタントがカウンセリングを行うからです。
留学前にどんなことをしたいのか、どんな目的で英語を学ぶのか、何を習得したいのか、このような目標設定を明確に行うことでより充実した留学になると言います。

また実際に留学を終えて帰国した際には、就職や転職、また起業やインターンシップなどを支援してくれるサポートもあります。

準備せず留学し、また帰国後放置状態、それではいくら格安とは言え、単なる経験として終わらせてしまうのはもったいない気がしますよね。

その点この「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」の留学システムなら留学生活を実りあるものにして、さらにその後も成長し続けられる自分であれそうな気がしますね。

ちなみにフィリピン留学と言えば費用も気になるところですが、この「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」では1日5時間マンツーマン+3時間グループレッスンのスケジュール例で、2人部屋を利用して1カ月留学した場合、185,300円。

フィリピン留学の一般的な留学費相場は1カ月で20万円前後(日本人経営)ですから、おおむねその範囲内にあると言えます。ただ単に安いを理由に語学学校を選んで失敗したと感じる人も多いですから、総合的に判断して魅力的な「LeaGLO Cebu College(リーグロセブカレッジ)」も選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。

なお、1日6時間マンツーマン+2時間グループクラス、一人部屋でホテル型の相場は25万円前後です。

ご予算に合わせて決めてみてください。

http://leaglo.asia/

その他、おすすめの記事はこちら

フィリピンセブ島留学「有名語学学校一覧表」

語学学校は個室型が良いか?それともオープンスペース型が良いか?

韓国人経営と日本人経営の語学学校の違い

年々増え続けるフィリピン・セブ島への旅行者・語学留学生!2015年の治安状況と注意点 by松本

日本人比率はフィリピンセブ留学には全く関係がない理由 by本多

お金を節約すると損する!?2人~4人部屋より、1人部屋をオススメする理由

オーストラリア留学で改めて感じたフィリピン留学の良さ by本多

フィリピン留学VSオーストラリア留学その2 by本多

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。