Fristenglishファーストイングリッシュ フィリピンセブ島語学学校

FirstEnglish Global Collageとは?

ファーストイングリッシュはフィリピンセブ島のマクタン島にある語学学校。僕が2014年の2月に1ヶ月ほど留学した語学学校でもあります。

場所はこちら

目印ポイントは違いますが、大体この辺にあります。

Crimson Hotel(クリムゾンホテル)|プール

5スターリゾートとして有名なCrimson Resort&SPAに非常に近いです。

空港からだと約15分といったところでしょうか。
ファーストイングリッシュが入っているのは、そのクリムゾンの近くの「ビスタマー」と呼ばれる区画エリア内にあります。ここにはガードマンがいるゲートがあり、一般の人は用事がないと入れない場所になっているため非常に安全です。

また、マクタンらしく緑が多いため空気が綺麗なこと、セブ市内のように騒がしくないのも特徴ですね。

FirstEnglish1周年記念パーティーの様子|俺のセブ島留学

移動する際はタクシーを呼ぶか、上記の写真のような自転車が学校の目の前に止まっていますので、それを利用してメイン道路まで行きましょう。

Fristenglishファーストイングリッシュ フィリピンセブ島語学学校

学校は授業施設と宿泊施設が同じ敷地内にある一体型の語学学校。コンパクトにまとまっていますので、10分間の授業の休憩時間に部屋で一息つくことも十分できます。

ファーストイングリシュの授業施設とカリキュラム

ファーストイングリッシュの特徴は3つ。

「オープンスペース型の授業施設」、「独自のカリキュラム」、「深夜まで自習ができる個別に割り当てられたブース」

オープンスペース型の授業施設

ファーストイングリッシュアカデミー(FirstEnglish Academy) 俺のセブ島留学

このように個室のブースにはなっておらず、オープンスペース型になっています。

これは元々ファーストイングリッシュのオーナーである「本多」さんが、学習塾を関西で展開していることに理由があります。

↓詳しくはこちらの本多さんの記事で↓

No5 なぜFirstEnglish Global Collegeでは教室がオープンスペースなのか?

オープンスペース型の最大のメリットは、生徒も先生もダラケないようになることです!

フィリピン留学はマンツーマンが中心のため、どうしても先生のモチベーションの影響を受けます。良い先生に当たればOKですが、そうでない場合も少なからずあるため、こういうオープンスペース型なら先生のモチベーションに左右されにくくなるんですね。

ひそひそ話や猥談的な事も避ける事が出来ます。

フィリピンセブ島留学 ファーストイングリッシュのビジネス英会話|俺のセブ島留学

グループクラスの場合は個室で行います。

FirstEnglish本多、初日の不安をウェルカムセットが解決!|俺のセブ島留学

こちらは食堂ですが、グループクラスやオリエンテーションなどでも使います。

独自のカリキュラム

なぜファーストイングリッシュでは初日のオリエンテーションを大事にするのか?

カリキュラムもよく練られています。

ベースとなるのは「発音」「瞬間翻訳」「イディオム」「VOAでのスピーキングやリスニング」「シチュエーション別フレーズ英会話」「復習」など。

学習塾経営のノウハウを活かして、どのようにすれば英語を出来るだけ早く習得できるようになるか・・・っと様々な工夫をしています。

No40 フィリピン留学、語学学校の講師の質はマネジメント次第でいくらでも変わる!

また、ファーストイングリッシュでは復習を非常に重要視しており、授業内にそれを組み込んでいます。

フィリピン語学留学中の復習をより効果的に!魔法のツール「コレクションジャーナル」

VOA(Voice of America)も恐らくファーストイングリッシュのみ。

安河内先生がセミナーをしてくれたフィリピン留学フェア|俺のセブ島留学

それ以外にも先生たちのモチベーションを高めるための工夫など、余念がありません。

No40 フィリピン留学、語学学校の講師の質はマネジメント次第でいくらでも変わる!

何よりこういったミーティングで、毎月改善を重ねているんですね。

深夜まで使えるブース

No40 フィリピン留学、語学学校の講師の質はマネジメント次第でいくらでも変わる!

こちらのブースは先生用ではなく、生徒用。そのため深夜まで自習をしたい生徒はここで、自分の机を使って予習、復習が出来ます。

ファーストイングリッシュの宿泊施設

続いて宿泊施設です。↓こちらでも書いていますが↓

ファーストイングリッシュの宿泊施設と共有スペースはどんな感じか?

ファーストイングリッシュアカデミー(FirstEnglishAcademy)セブ島留学 体験記

こちらが共有スペース&売店があります。

ファーストイングリッシュアカデミー(FirstEnglishAcademy)セブ島留学 体験記

部屋はシンプルですがドライヤーや冷蔵庫を含め、最低限のものはあります。

ファーストイングリッシュアカデミー(FirstEnglishAcademy)セブ島留学 体験記

部屋で勉強するための机も完備

ファーストイングリッシュのWiFi環境

疑問に思ったことを解消できるセブ島留学語学学校作り|俺のセブ島留学

WiFi環境はかなり良い方だと思います。僕が留学した当時、4M前後常にキープでした。その理由は光ファイバーを入れているから。

ファーストイングリッシュアカデミー(FirstEnglishAcademy)セブ島留学 体験記

留学生が一斉に休憩するタイミングでも、ちゃんとネットはつながります。

ファーストイングリッシュの食事

ファーストイングリッシュ

平日は3食付きです!食事内容は僕が留学した時もシンプルながら味は美味しかったですが、最近は更にグレードアップしたそうですよ。

No42 鍛えています!ファーストイングリッシュのキッチンスタッフを!

より美味しい食事を提供するために!ファーストイングリッシュの食事改善方法

こちらは朝食

というわけで、ファーストイングリッシュはセブ市内の語学学校のようにモールで食事、カフェで勉強などの華やかさはないものの、勉強環境としては非常に優れている学校の一つだと思います。


↓より詳しい情報はこちらで↓

その他 FirstEnglishに関するおすすめ記事

なぜFirstEnglish Global Collegeでは教室がオープンスペースなのか? by本多

ファーストイングリッシュの宿泊施設と共有スペースの様子

初日の様子をご紹介

ファーストイングリッシュに関する記事一覧はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。