ブリリアントセブイングリッシュアカデミー

こんにちは!

第1回目で自己紹介を終えることのできなかった河合です(笑)

震災から学んだ自分らしい生き方。Brilliant Cebuの校長になるまで・・・

それでは、つづきです。

北海道の友達に車を借りたところまで、お話しました。2012年9月、何にも縛られることなく予定も決めない、自由気ままな旅の始まりです。

小樽、旭川、旭山動物園、富良野、美瑛町(他にも色々)は友達家族と行ったので、とりあえず函館方面に行ってみようと思いました。2泊くらいで行こうかと思っていたのですが、せっかちな僕はあっという間に行きたい場所を回ってしまいました。

あんまりじっとしていられない性格なんです(笑)そういえば小学生のころはいつも通知表に、落ち着きがないと書かれていました。

1泊しただけで札幌に戻って来た僕に、友達夫婦は道東(北海道の東側)を勧めてくれました。

ここからの旅の経験が、僕の価値観を明確にしました。

ちなみに函館を入れて、1人で車で行ったのは以下の場所です。(*写真は記事の一番下に置いておきます。)

札幌 – 長万部 – 函館 – 洞爺湖 – 昭和新山 – 札幌 – 帯広 – 釧路湿原 – 根室 – 納沙布岬 – 野付半島 – 川湯温泉 – 摩周湖 – 羅臼 – 知床五湖 – カムイワッカの滝 – 網走 – 宗谷岬 – 稚内 – 音威子府 – 留萌 – 札幌

地名と観光地名が混ざっているのは気にしないでください。行った所を並べてみただけです。

北海道の外周を反時計回りに回りつつ、中に入ったりショートカットしたり。その日にどこに泊まるかは、行き当たりばったりだったので毎日夕方ごろまでにiphoneやipadでホテルなどを探して予約していました。

北海道を車で旅していると、携帯の電波が圏外になることが多く、電波を探して場所を移動しなければいけないことも・・・。

ガソリンスタンドもコンビニも1件通り過ぎると何時間も無いことがあります。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

でもシカはいる!

そんな日々の中で、

どこまでも続きそうな、ずっと真っすぐな道を車でとばしたり・・・
ものすごく広い青空を見たり・・・
壮大な自然を目の当たりにしたり・・・
貸切状態の温泉に入った後、手に届きそうな星空を眺めたり・・・
その土地土地の美味しい物を食べまくったり・・・

自分の思い描いたとおりの、自由な日々。

ただ、数日経ってくると何か物足りなさを感じました。

1人旅なので、考える時間はたくさんあります。

いったいこの物足りなさは何なのか?

旅を始めたのが4月の終わり。ヨットに1週間以上滞在したり、四国の友人宅に滞在したり、富士山に登ったり、母や祖母たちを温泉や京都に連れて行ったり。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

でも、この旅は「今までの旅と全く違う」ということに気づきました。

毎日1人ぼっちなんです。。。

今までの旅は、常に誰かと一緒でした。移動中は1人でも、行く先々で誰かと会っていました。

この時の北海道はローシーズンで天候もあまり良くなかったこともあり、ほとんど人に会いませんでした。知床五湖に行った時も、他に観光客がいなかったので独りで熊にビビりながら歩きました(笑)

綺麗な景色を見ても、美味しいものを食べても、それがあたりまえの日々で感動を共有できる仲間がいないと楽しさは半減するのです。

大切なのは、人とのかかわりや環境、そしてその上での新鮮な体験なんだと思うようになりました。

札幌の友人宅に戻って来た時に、この思いは確信に変わりました。

「おかえり~!」と温かく迎え入れられ、1人旅でしてきた経験をご飯を食べたりお酒を飲んだりしながら楽しく話しました。

札幌では本当に友達家族にお世話になりました。この夫婦のおかげで、貴重な体験ができたのです。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで
札幌の友人宅で子供達にもみくちゃにされる。

札幌から帰る日、友達の子供たちが寂しいのに無理して笑ってくれる姿を見て思わず抱きしめてしまいました。

たくさん凄い景色を見たことより、たくさん美味しいものを食べたことより、人の気持ちが心を打つということがわかったのです。

北海道旅行の後、僕は旅のスタイルを少し変えてみようと思いました。

旅をするというより、少しその場所に住んでみるというスタイルです。ネットやガイドブックで見た観光地をただ訪れるのではなく、なるべく長期滞在して人と関わる。

その方が人間としても成長できるし、新しい経験は脳をバージョンアップさせる気がします。

そして思いつきました。

今までは日本の中だけだったけど、同じことを海外でやったらもっと面白いだろうと。

英語が話せるようになって海外でも友達ができるようになったら、一気に世界が広がるんじゃないかと。

とはいえ、僕の海外経験といえば、会社勤めしていた時に稀にあった出張と年に1度の社員旅行くらいでした・・・。

今回は、ここまでです。

まだセブ島にたどり着いていませんね~(^_^;)

つづく

以下、北海道を車で回った時の写真です

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

函館 五稜郭タワー

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

海鮮丼。すっごく美味しいですが毎日だと飽きます。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

函館は素敵な建物が多い。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

大きなランプがたくさん。イカ釣り漁船。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

昭和新山

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

有珠山から見た洞爺湖。奥には蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

濃霧で何も見えなかった納沙布岬^^;

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

釧路湿原。日本の景色じゃない。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

独りぼっちで歩いた、知床五湖。山から霧が降りてくる。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

たぶん羅臼あたりでキツネと遭遇。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

網走刑務所でのベストショット。この中に僕はいません。

一人旅をして気づいた物足りない何か・・・Brilliant Cebuの校長になるまで

日本最北端、宗谷岬。

Brilliant Cebu
河合智之

▶ 続きはこちら:「もっと英語が話せるようになりたい」と感じたセブ島留学

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ブリリアントセブの代表
1978年生まれ、横浜市出身
学生時代にアメリカ・シアトルでの留学経験を経て世界最大のクルーズ会社Royal Caribbean International に入社。アメリカ、カリブ海を中心とした大型豪華客船クルーズで世界30ヶ国以上から集まる仲間と共にダイニングルーム、ウェイターとして従事。

帰国後、外国為替投資顧問会社、大手不動産会社の管理職を経て現在、
フィリピン、セブ島に於ける英語留学事業、A1インターナショナル株式会社(日本法人)、語学スクール運営、Brilliant Cebu English Academy Inc.(フィリピン法人)、Brilliant English Vietnam Inc.(ベトナム法人)のCEO、
2012年NPO留学協会、東海事務局長。

ブリリアントセブ・イングリッシュアカデミーの記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。