フィリピンセブ島留学、語学学校クロスロード

皆様初めまして、セブ島の語学学校Cross×Roadのマネージャーをやっております、岡本未幸です。
今回は私の視点からCross×Roadに対する思いを書かせて頂ければと思います。

世界一周への出発、夢の始まり。

私がクロスロード代表で夫のタクと出会ったのは2001年。当時はお互い大学生でした。そして結婚したのが2008年。この間、タクが何度か「世界一周してみたいね」って言った気がします。

結婚式のときに、2人の夢「世界一周旅行」と書いた記憶もあります。

でも、私にとってこの夢は本当に『夢』でした。

自分が世界一周をするなんて想像できなかったし、旅の本を読んだりしても
「世の中にはすごい人がいるものだ。」と完全に他人事だったのです。

ただ、家の中に「地球を遊ぼう」とか「深夜特急」小説&DVDとかが日に日に増えて行くのは知っていました。

そのせいか、2010年9月頃だったか、「そろそろ世界一周したい」とタクが言い、私はすんなり「いいよ」と言えたのです。

要は旦那に洗脳された感じでしょうか・・・だから、なんで世界旅行に出たの?っていう質問には困ってしまうのです。
タクが世界旅行に行きたかったから。という答えしか持ってないので。

旅で学んだ大切なこと。

世界一周の夢、学校に対する想い。|CROSSXROAD

そんな感じで私は2011年4月、タクと共に旅に出ました。

それからたくさんの国を訪れ、旅の素晴らしさを体感しました。自分とはまったく違う価値観があることを知り、それに適応することも学びました。

お金の価値や使い方についても、日本にいるときよりずっと考えるようになりました。そして何より、自分がどうやって生きていきたいのか、ということが明確になってきたんです。

旅に出て、ただただ自分のためだけに行動してよい時間を得て初めて、私は仕事無しでは生きていけないということに気付いたのです。私にとって生きるということは働いて人に貢献し、稼いで食べていくことだと。。。

でも、働くなら楽しいこと、好きなことをしたい。

「何を子供みたいなことを、、」と多くの人はそう思うでしょう。理想と現実は違うのだと。でも、1歩海外に自分の足で出てみると、その理想と現実を同じものにできる可能性が世界には散らばっているのだと気付きました。

CROSS×ROADの設立、私が一番やりたいこと。

世界一周の夢、学校に対する想い。|CROSSXROAD

そして出した結論は、「旅人を総合的に支援できる英語学校をセブに作る」ということ。

具体的には

・旅において必要不可欠な英会話を習得できること。
・居心地の良いゲストハウスのように旅の情報交換の場となること。
・旅の始め方と終わり方=旅前の準備と旅後の進路の取り方についてコーチングができること。

もっと多くの日本人に海外には出て、世界のそして自分の可能性を知ってほしいのです。

たくさんある選択肢の中から自分の進むべき道を選んでほしい。そしてその結論として日本を選ぶ、セブを選ぶ。また、企業に就職する道を選ぶ、事業を始めることを選ぶ。

世界一周の夢、学校に対する想い。|CROSSXROAD

日本人は本当に恵まれています。パスポート一つでたくさんの国に行ける。なぜもっと広い世界を見に行かないのか?

今ならそう思うけれど、旅に出る前の私はそうではありませんでした。

世界旅行なんて夢物語、第一帰ってからどうやって生活できるというのか!

今考えるとそうやって旅に出るまでにかかった5年がもったいない。だから、もし旅に出ることに躊躇している人がいるならば、その不安を一緒に解消したい。

これが、今私が一番やりたいことです。

CROSS×ROAD(クロスロード)
マネージャー 岡本未幸

PS.もしこれから世界一周やワーキングホリデー、海外就職などで世界に飛び出していきたい方がいらっしゃれば是非、下記のHPからご連絡を下さい。私たちの経験を含めてお話をさせていただければと思います。

↓詳しくはこちらをクリック↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

CROSS×ROADの代表

日本で公認会計士として働いていたが仕事を辞めて夫婦で夢の世界一周をする。旅後、これから世界に旅立つ人たちをサポートしたいという想いで英語学校を始める。

現在、夫婦&仲間たちとセブにて子育て&学校運営中。
また、これから海外で働きたい人の情報提供サイト「ビヨンドザボーダー」を立ち上げ、運営している

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。