フィリピンセブ島シャングリラビーチリゾート

フィリピン留学とは?

かつては留学といえば欧米留学が主流でしたが、ここ最近は多くの留学生が「フィリピンでの語学留学」にシフトしつつあります。何故フィリピン留学がそんなに人気が出てきているのか?

ここではフィリピン・セブ島留学の魅力をご紹介します。

フィリピン留学「4つ」の魅力

マンツーマンの量が多い!

フィリピン留学の魅力「マンツーマンの量」

まず最初にフィリピン留学の強み、それは何と言っても1日のマンツーマンの量です。

フィリピン留学では1日6時間以上のマンツーマンが普通。従来の欧米留学に比べてここが決定的に違います!

欧米留学でもグループ授業以外に、ホストファミリーや外国人の友達と二人で話す機会はあると思いますが、さすがに6時間毎日というのはないでしょう。。。

英会話力を鍛えるなら英語を話す量は大切ですよね。日本ではインプットをする機会には恵まれますが、中々アウトプットする機会はありません。

だからこそのフィリピン語学留学!

私達の多くが考える「このぐらい英会話が話せたらいいなぁ~」というレベルに達するまでの時間は、フィリピン留学が登場してから一気に縮まりました。

もちろん「それなりに話せるレベルの英会話力」を身につけるのは大変だと、僕も知っています。

それでも「英会話が話せるようになる」というのは、単身で欧米留学に飛び込める「一部の勇気のある方」や「高学歴のエリート」、「長期休暇が取れる方」だけが出来るものではなく、既に「そうではない、大多数の方の手の届く範囲まで来ている」と感じています。

留学費が安い!

フィリピン語学留学の魅力

留学費、宿泊費、食費、チケット代などトータルで見て、同じ期間留学しても欧米留学の2分の1から3分の1程度で押さえることが可能です。

特に生活費と交通費は、先進国と発展途上国では差が非常に大きく、フィリピン留学ならお金を節約することが出来ます。数年前に比べてフィリピンペソと日本円のレートが変わった今でも、欧米に比べたらまだまだ物価は安いです。

学校によっては3食出してくれる所もありますので、本当に安く収めようと思ったら往復航空券込みでも、トータル1ヶ月20万円~30万円も可能です。

逆に、「欧米留学で使うお金をフィリピン留学で使いきろう。」っと思ったら、相当良い条件でフィリピン留学が出来ますよ!

近くて時差が少ない!

フィリピン留学の魅力

留学先にもよりますが、フィリピンへは4時間~5時間程度で着きます。(セブ島の場合は4時間半)

時差も1時間程度のため、現地に着いてからの時差ボケに苦しむ事もありません。そのため気軽にリフレッシュも兼ねて、1週間だけの短期英語留学も可能なんですね。

英語が苦手な方でも英会話での交流が楽しめる!

英語が苦手な方でも英会話の交流を楽しめるフィリピン留学

これは僕が思うに、フィリピン留学の最大の強みです。

皆さんが英会話を学ぶ目的はなんでしょうか?

「ビジネスで使うから」という目的の方もいらっしゃるでしょうが、「英会話が出来るようになったら、外国人と楽しく交流が出来そうだから!」という思いで勉強されている方も多いはず。

フィリピン留学ならそれが体験出来ます。

留学中に「ほとんどの方が英語が伝わる楽しさを体験」する事ができるんですね!

No7 : FEAセブプレミアム校 バーベキューパーティーの様子|俺のセブ島留学

英語が苦手であっても、多くのマンツーマンを受けているうちに慣れてきて、英語で表現をすることに自信を持てるようになります。

自信が持てるようになれば日本に帰ってからも、高いモチベーションで英語勉強を継続することが出来るでしょう。TOEICやオンライン英会話、英検等へのモチベーションもガラリと変わりますよ。

欧米留学ではどうか?
欧米留学も同じように英語が伝われば楽しめると思いますが、伝わるまでのハードルはフィリピン留学と比べると高いのではないかと思います。

実際に英会話をしてみると分かるのですが、自分で思っている以上に英語を喋ることが出来なく、最初は自信を失います。

なので既に英会話に慣れている方は別として、英語初心者の方はまずフィリピン留学からスタートすることをオススメしたいです。フィリピン人の気質も相まって、英会話の自信がつくと思います。

フィリピン留学ならセブ島を選ぶべき10の理由

ところで、フィリピン留学といっても留学先のエリアはたくさんあります。
セブ島、イロイロ、バギオ、マニラ、バコロド、ドゥマゲッティ、クラーク(アンヘレス)、ダバオなどなど。

セブ島以外も良いエリアや学校は色々ありますが、その中でもセブ島はオススメです。

フィリピンセブ島留学

セブ島はこの辺。

なぜ!?

学校数が多く自分に合った学校が見つかる

フィリピンセブ島語学学校、ファーストウェルネス(FEA)の詳細

例えばセブ市内、ホテル型の語学学校「FEA」

セブ島は日本資本、韓国資本、その他資本の学校合わせて50校以上あります。
日本人100%の学校、韓国人比率が高い学校、ホテルやコンドミニアムを借りている学校、TOEIC中心の学校、リゾート地に近い学校などなど。

各学校、日々競い合っていますので、良いサービスを提供してくれる学校がいっぱいあるんですね。最大収容人数、エリア、カリキュラム内容、価格、施設の質やサービスなど学校によって大きく異なります。

だからこそ、きっと自分に合った学校が見つかると思いますよ。

Fristenglishファーストイングリッシュ フィリピンセブ島語学学校

マクタン島ののどかな場所にある学校 「FirstEnglish」

Nexseed(ネクシード)エンジニア留学|俺のセブ島留学

英語と合わせてプログラミング言語を教えている学校 「NexSeed」

当サイトでもこちらで「有名語学学校一覧表」にしてご紹介しています。

訪れなきゃ損!世界的なリゾートと海

Crimson Hotel(クリムゾンホテル)|プール

マクタン島にある5スターリゾートの一つ、「Crimson Resort & SPA

セブ島のビーチリゾートは素晴らしいです。特に5スターのビーチリゾートはリゾート地として完成されており、毎年多数の観光客が訪れる非常に魅力的な場所となっています。

一度は訪れたい!世界的に有名なビーチリゾート

セブ島ビーチリゾートを日帰りで!18箇所のデイユースプランまとめ

またビーチリゾートだけでなく、セブ島はスキューバダイビングとしても有名ですね。ライセンスは2日~3日あれば取れますし、ライセンス料も日本で取るより安いです!

セブの海ってすごいっ! その3 ダイビングの魅力に関して

ウミガメや・・・

フィリピンセブ島ダイビング

ジンベイザメと一緒に泳ぐことも出来る(写真はこちらから

↓詳しくはこちら↓

フィリピンセブ島の海の魅力とは? by竹谷

また、フェリーで2時間の隣の島「ボホール島」には世界遺産の「チョコレートヒルズ」や世界最小のメガネザルとして有名な「ターシャ」、美しいビーチリゾートが多数あります。

チョコレートヒルズ|ボホール島

世界遺産のチョコレートヒルズ

世界最小のメガネザル「ターシャ」

世界最小のメガネザル「ターシャ」

ボホール島のビーチリゾート Panglao nature

ボホール島のビーチリゾート「Panglao Nature Beach Resort」、これで3つ星。

ボホール島の情報はこちら

それに合わせてセブ島は気温や天候も穏やか!

セブ島はマニラやバギオなどの北のエリアに比べて、気候も乾季と雨季があるものの年中暖かいので、Tシャツから長袖シャツぐらいの範囲内で服装は収まります。洋服を新たに買い直す必要もありませんよ。

天候も雨季でさえ、一時的に雨が土砂降りになるものの1時間~2時間で止む事が多いです。こういった点は台風が頻繁に来る北エリアとは大きく異なりますね。

半径8キロ以内に全てがあり、コンパクト!

フィリピン・セブ島の治安マップ|俺のセブ島留学

セブ島の半径8キロ

フィリピン・セブ島の治安マップ|俺のセブ島留学

東京23区の半径8キロ

セブ島は新宿からお台場ぐらいの距離に病院、モール、コンビニ、ビーチリゾート、夜景が見れる山岳地帯、ナイトクラブ、語学学校などが詰まっています。

1つの島に行くだけで様々な事が出来る、コンパクトで便利な島なんです。タクシー代も初乗り100円ぐらいなので安く、交通費を抑えつつ様々な場所に行けます。

治安が良く、学校側でもしっかり配慮

AyalaMall(アヤラモール)|庭

中流~上流クラスがメインで安全性が高い「アヤラモール」

フィリピンというと治安が悪いというイメージを持たれる方もいるかもしれませんが(他の場所は住んだことがないので分かりませんが)、セブ島はそんな事はありません。各語学学校その点は十分配慮しており、治安の良い場所に学校を作っているのはもちろん、ガードマンがいて部外者が気軽に入れないようになっていたり、最初のオリエンテーションなどで最新情報を教えてくれます。

セブ島全体としても治安は良いです。町中は日中、一人で十分歩けます(日差しが強いのでオススメしませんが)。

ただし、一部の場所は危険ですので行かないことを推奨しますし、ポケットの後ろにサイフを入れておいたり、かばんを開けたまま歩いていれば、モール内でも目をつけられる可能性はあります。なので、その点は海外であることを忘れてはいけません。

タクシーを使って「語学学校とモールやレストラン街の行き来」であれば、ほとんど犯罪に巻き込まれる事はないでしょう。

安全性や衛生についてはこちらで詳しくご紹介しています。

また、セブ島には多数の日本人経営の語学学校や定住している日本人が多く、自治体と各語学学校が連携してこの安全性や治安の確保をしようと日々努力しています。

「うまい店だらけ!」のセブ島のレストラン

「セブシティMarcoPoloPlazaのBlueBar(ブルーバー)」内装1

食事と雰囲気を同時に楽しめるレストラン Malco Polo Blu Bar&Restaurant

セブ島にはフィリピン料理だけでなく、和食、イタリアン、韓国料理、中華、タイ料理など、多数の良いレストランがあります。また、落ちついた雰囲気の良いレストランも多いので、若者~シニアの方までセブ島で「食」は楽しめると思います。

何より意外にも・・・・フィリピン料理は多くの日本人の口に合います!

留学前は「きっとマズイ」「海外留学だからしょうがない」と思っていたフィリピン料理でしたが、現地についてから食べてみて非常に驚きました。

フィリピンセブ島留学の魅力

僕も現地のグルメなフィリピン人たちと一緒に、セブ島内のレストランをかなり駆け巡りましたので、よかったらご参考にしてください。

セブ島留学の魅力:実は美味しい!フィリピン料理と多様なジャンルのレストラン

ナイトライフも楽しめる!

セブ島おすすめのbarリスト

日本にはないカジノ、オシャレなバー、クラブなども。

セブ島にはオシャレなバーがいっぱいあります!勉強に疲れてリラックスしたいときはこちらへ。

セブ島留学中に訪れたいオススメのバー&クラブ

フィリピンセブ島留学中に訪れたいオススメのバーまとめ

また、フィリピン人は歌とダンスが大好きなので、ナイトクラブも多数あります。

フィリピンセブ島のクラブ「Ultra」

仲良くなれば先生たちと一緒に行くこともあるかもしれませんね。

SPA&マッサージを格安で受けれる!

セブ島マッサージ&スパリスト|俺のセブ島留学

セブ島には1時間500円~1000円ぐらいで受けられるSPAやマッサージが多く、かなりレベルの高いSPAでも2000円~3000円なので・・・

とにかく安い!

セブ島留学生が利用しやすい、おすすめマッサージ&SPAランキング

社会問題に直面し、発展途上国を知るきっかけに!

誰でもヒーロー(DAREDEMO HERO) フィリピンセブ島ボランティア

ネットや教科書だけでは分からない、リアルな発展途上国の現状

セブ島にはお金持ちが多数いる反面、明日生活する事もままならないストリートチルドレンも多数います。「なぜこういった貧富の差が生まれてしまうのか?」「どんな現実があるのか?」

セブ島留学ならこういう社会勉強をする良い機会があります。1日体験のスタディーツアーなども各ボランティア団体が開催していますので、ご興味のある方は是非ツアーに参加してみてください。

フィリピンセブ島留学「ボランティア」スタディーツアー

こちらはフィリピンセブ島のボランティア団体「DAREDEMO HERO」のスタディーツアーでの一枚

スタディーツアーに参加した時の様子はこちら

高い経済成長率!期待大の海外投資先としての魅力

フィリピンセブ島海外不動産投資コンドミニアム「Reef2」

セブ島への海外投資の現状は?

21世紀はアジアの時代。毎年高い経済成長率のため、アジアの中でも注目されているのがフィリピン。そして、セブ島はまさにその渦中にいます。

都市開発が進んでおり、コールセンターなどのBPOビジネスやコンドミニアムへの不動産投資は今後も伸びていくでしょう。マクタンビーチの更なる開発状況やSRP(サウスロードプロパティ)の現状は、投資家なら必ず見ておきたい場所の一つです。

セブ島への留学ならセブ島のポテンシャルを肌で感じる、良い機会になるはず。

セブ島の経済・投資情報はこちら

格安航空も参入して直行便が早くて安い!

フィリピンセブ島留学の魅力「格安航空券、セブパシフィック」

こんな感じで運が良ければ8月の繁忙期でさえ、往復1万円以内で直行便のチケットが取れます。(プロモ)

最近はフィリピンエアラインだけでなく、セブパシフィックという格安航空会社も日本から直行便で飛ぶようになりました。

お陰で今まで格安航空を使う場合はマニラ経由でしたが、今後はメイン都市である「東京、大阪、名古屋」からダイレクトにセブ島に行くことが出来ます。セブ島留学ならお金も時間もセーブ出来るんです。

しかも、たまにプロモをやっている時があり、何と往復合わせて1万円以下で済ます事も!沖縄に行くより安く済むんですね。

なお、プロモではなくてもチケットを早めに購入できるのであれば、直行便の往復を3万円~5万円以内で収める事は十分可能ですよ。

↓こちらで詳しくご紹介↓

セブパシフィックで留学費を抑える!格安航空券の予約から搭乗までの攻略

・・・というわけで、フィリピンセブ島留学のオススメな理由を今回はご紹介させて頂きました。
フィリピン留学を迷っている方にご参考になれば幸いです。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。